自分を信じて

May 29 [Fri], 2015, 17:19
私は今、志望校に合格できた喜びで一杯です。中学受験を通して、『ここぞという時に自分の力を出し切ることの大切さとその難しさ』を強く感じました。  お正月明けすぐの土佐塾中の受験の時のこと。私は、朝からとても緊張していました。一時間目の国語の試験中に頭が痛くなりました。ちょうど一ヶ月前、頭が痛くなり、その後嘔吐、発熱してしまった時のことを思い出してしまい、試験中とても不安になりました。幸い、頭痛はしばらくしておさまりましたが不安な気持ちのまま算数の試験になりました。得意な算数では力が出し切れず、その後の理科・社会でも納得できる出来ではなかったことがとても悔しくてたまりませんでした。家に帰ってからも、その悔しい思いは消えませんでした。

土佐塾中には、合格できましたが、入試本番で自分の力を出し切れなかったことばかり悔まれて、「もうこのような思いはしたくない」「残りの3校の受験では、絶対に自分の力を出し切れるようにしよう」と心に決めました。そして、統一日までの一週間は自分の中にある不安をすべて消してしまおうと、過去問と直しノートを徹底的にしました。  統一日前日の夜、担任の長谷川先生から電話があり、私が緊張していることを先生に伝えると「普段通りの力を出せば大丈夫!!」と言ってくれました。  入試初日の朝、金蘭千里中に向かう道の途中、私は下を向いて歩かず、しっかり前を見て歩きました。それは、「試験会場に行く時は下を向いて歩かずしっかり顔を上げて前を見て歩け」と前日に塩沢先生に言われたからです。顔を上げてしっかり前を見て歩いていると、不安な気持ちが消えて「よしやるぞ」と前向きな気持ちに変わっていくのがわかりました

一時間目の国語は難しくて空白ができてしまいましたが、その後の算数・社会・理科は落ちついて自分の力を出し切ることができたと感じました。「いい格好することはないんだ。普段通り、精一杯がんばろう」と二日目、四日目の入試にも臨みました。  四日目の清風南海中では、算数が過去問に比べてかなり難しかったのですが、「自分が難しいと思う問題は他の人も難しいはずだ」と信じて冷静に問題を解きました。  スポーツ選手で本番に自己ベストを出したり、世界新記録を出す人がいます。その反対に、練習ではできていたことが試合本番には緊張してしまい、できなくなる人もいます。緊張にうち勝つには、日頃の努力しかありません。普段の授業での復テや確テも精一杯取り組み「これだけのことをしてきたから、大丈夫なんだ」という強い気持ちこそが緊張に勝つことができると思います。  春からの新しい生活に希望一杯の私は、とても幸せです。それは、いつも私を見守り、応援して下さった先生方、そして家族のおかげです。ありがとうございました。
P R
2015年05月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Yapme!一覧
読者になる
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:馬渕教室でお勉強掲示板
読者になる
動画関連
馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室

ツイッター関連
馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室

ホームページ関連
馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室

ブログ
馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室馬渕教室