祖母の死 

2007年04月25日(水) 1時44分
先日、私の祖母が亡くなった・・・

死んで、もう3週間。

一番辛かったのは、死ぬ直前だった。

亡くなる2時間前、朝5時。

病院から家に電話がかかって来た。

「今から病院に来て下さい。」 と・・・

入退院を繰り返していた祖母はほとんど病院暮らし。

「早く家に帰りたい」と毎日のように私と母に話していた。

入院している場所は私の家から近く、

毎日は行けなかったが、週4は洗濯物取りに行ったり、

飲み物を買いに行ったりしていた。

祖母の目が開かなくなったのは、死ぬ3日前。

その日病院から電話があり、母と二人で病院に行った。

今まで祖母は元気だったので、

特に気にせず先生の話を聞いていた。

先生はレントゲン写真を私たちの前にはり、

祖母が今どういう状態かを説明してくれた。

私も母も手術かなにかと思い、話しを聞いていた。

その直後に言われたこと「あと2、3日でしょう・・・」。

私は人が死ぬことがわからなかった。

まさかおばあちゃんが死ぬなんてその時は考えることさえできなかった。

話が終わり、祖母の病室にいってみると、

ずっと元気だった祖母が

大きな呼吸器を口にあて、

身体全体で呼吸をしている。

私は涙が止まらなかった。

「おばあちゃん、来たよ」

「お母さんもおるで」

目が開かない、口も動かない。

「聞こえてる?」

私は涙をこらえ必死に話かけた。

「おばあちゃんわかる?」

「苦しいね・・」

でも、祖母の目は閉じたまま。

私は祖母の手を握り

「手温かいね」

「わかる?」など・・・

せめて目だけでも開いてと・・・

何度も願った。

その時少しだけ手を握り返してくれた。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:obaatyan
読者になる
2007年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる