アールがパウダーブルードワーフグラミィ

April 22 [Fri], 2016, 12:04
労働者一般の収入と、介護士のそれとを比べてみたら、平均年収という点では明らかに介護士の方が多いです。
介護士不足に陥っている介護機関は少なくはなく需要はいつでもある訳ですから、あまり景気などの社会的要因に、収入が影響を受けないという得難い長所もあるわけです。



収入が良いのは事実ですが、その一方で、かなり長時間のサービス残業を、せざるを得ない場合が多かったりなど、仕事をする環境としては、問題のある職場も多いと言われています。あまり一般的ではないかもしれませんが、介護士の求人がある勤務先に保育園がある事をご存知ですか?実際に保育園で働くとなると、子供好きの介護士には、おススメの職場だと言えますね。

保育園でどのような仕事をするかと言うと、介護従事者として園児の体調管理や怪我の応急処置をしつつ、園内で楽しく元気な時間を過ごせるようサポートする大切なものです。皆さん介護士というとどういうイメージをお持ちでしょうか。
「介護士」と言えば普通の仕事とは違うと思われやすいですが、そうは言っても、いわゆる労働組合のようなものが存在しなければ状況によっては、適切でない雇用条件のもとで働くことになり、ひいては患者にとっても良くないといったケースも生じ得ます。介護士がストライキを起こすというのもなかなか難しいので、雇用する側の人達が適切に配慮することが重要だということは言うまでもありません。
出戻り就職という言い方があり、一度辞めた仕事場で再び働くことですが、こうする介護士は結構多いようです。その際ですが、出戻ってこれるのかどうかはどういった事情で職場を辞めたかによって変わるでしょう。


例として、結婚や引っ越しで辞職したり、または出産、育児を理由とした辞職であれば、簡単に出戻って復職しやすいかもしれません。こうした形で復職する介護士は、確実に増えています。

子供がいて、夜勤が難しいということで、日勤のみのパートで出戻ってきて、働く人も増加中です。介護機関、それも病棟に勤務する介護士であれば2交代制や、あるいは3交代制の形で夜勤をこなしていくことになります。
日勤と違って夜勤は現場から医師や介護士も減ってしまいますし、それなのに、夜半に眠れない、熱っぽい、腹痛がする等、担当患者から訴えられたり、通常の業務外に、対応するべき案件がとても増えます。



そうこうしながらも、いつもの作業も必要ですから、結局その作業量はおそらく日勤を超えるでしょう。少子高齢化が進んでいることも影響しているのですが、介護職にかかわる人たちももっと増加することが急務とされる日が来ると考えられています。そういった理由で既に不足している介護士なのですが、今後しばらくはその状態だろうと思われます。

毎年毎年、絶えることなく新たな介護士が世に生み出されているはずなのに、なぜ介護士がそんなに足りていないのでしょう。
それには働きづらい環境や待遇のままで一向に改善しないため、退職に至るということが起因しています。
現在わが国では、インドネシアやフィリピン、ベトナムとの間で結ばれたEPA(経済連携協定)に則って、聞いたことのある方も多いと思いますが、いわゆる外国人介護士候補生の受け入れを実施中です。とは言え、日本語で出題される介護士の国家試験にもしも、3年以内に介護士になれなければ母国へ帰国することになります。就労中に日本語を学び、また、介護士資格取得のための試験対策も行わなければならないので、非常に厳しい条件を強いられているというのが今の状況でしょう。


数年ほど、介護士として働いているのですが、気付いたことは、介護士はどうやら喫煙率がすごく高く、またアルコールを飲む習慣を持つ人の割合も高いです。煙草の害については、散々耳にしますし、社会的にも否定的な面が大きくクローズアップされていることもあって、介護士としても喫煙を嫌う傾向が見え、吸う人は減りつつあります。
しかし、やはり、他職業と比べたら、相変わらず喫煙率は高いです。

アルコールの方ですが、たまに行われる飲み会などでの皆さんの酔っぱらい方は羽目を外しすぎるというか、詳細は申せませんが、かなりのものです。

それもこれも、常日頃からストレスを溜めこみながら働いているからでしょうし、そうやって発散できるのなら、それでいいと思います。


ただ、健康には気をつけてほしいです。
離職率が高い職業として介護士が有名ですが、転職率も同じように高い傾向があります。
このような傾向から、転職サイトの中でも介護士専用のものが増えつつあります。専用の転職サイトなら、手間なく自分の望む条件を満たした求人を探しやすくなりますから、仕事に追われて時間のない介護士にはぴったりですね。最近では、転職サイトをランク付けしたサイトも登場していますから、これらも併用して、より良い転職先を見付けましょう。介護士がかぶっている、いわゆるナースキャップ。あれは介護士を志す学生たちが、介護施設の実習に臨む前の式でかぶせられると聞いたことがあります。料理人も帽子を被っていますが、それよりも特別な意味を持つものといっても過言ではありません。


けれども、昨今では、少しずつ介護士の制服も変化してきており、この帽子が特別ではなくなってしまう時が来るのも間もなくかもしれないのです。



ただ髪の毛が落ちなければいいと、特別な情感もないものになるとしたら悲しい気もしますが、こういったことも時代の流れなのでしょう。昨今の介護士不足は社会問題に繋がっています。


その原因として代表的なものは、介護士の仕事が過酷だということが挙げられます。介護士が医師の指示がなくとも一部の介護行為をできるようになったため仕事が増加する一方になり、仕事に拘束される時間も長くなり、簡単に休みをとることが出来ず、疲弊する一方なのです。

交代制の勤務が大半なため、出産後に夜勤で働くことができずに、辞める道を選ぶ人も多いのです。

資格の面からみると介護士の資格というものの最大の利点は、やっぱり、介護士として勤務していない時間があっても、再度、介護士として雇ってもらえるということでしょう。

これはなぜかというと、介護士が専門職であることに加え、看護の現場の慢性的な人手不足の問題が大きな原因といえます。

どこに転職するか、またどういった雇用形態なのかなどに特にこだわっていなければ状況次第でたとえ50代でも介護士として再就職が出来るのです。介護士として、毎日激務をこなしているうちに、つらいこと、大変なこともあります。そのうちに、どこが楽な病棟なのかについて頭の中で検討していても、おかしなことではないでしょう。


全体的に見て、比較的忙しくない病棟として知られているのは、残業の少なさから、精神科、眼科、整形外科などがピックアップされるようです。とはいえ、どんな介護施設なのか、どういった症状の患者さんを診ているのかによって、仕事内容がきついかどうかは、変わってくるでしょう。
介護士の仕事内容がかなりハードだというのは事実で、しんどさを覚える場面も多いはずです。
勤務形態も二交代だったり三交代制で、夜勤につくことになり、生活が不規則になってしまい、そうこうしているうちに、体調を悪くする人もいます。

立ち仕事であり、責任も重く強いストレスを受ける仕事ですから、めりはりよく休まなければどんどん疲れていって、人によっては頭痛や腰痛を起こしたり、肩こりに悩まされたりして、つくづく、身体に負担がかかっていることを思い知らされることもあるのです。



給料の面で見ると、介護士は待遇がいいと思われがちですが、詳しく見てみると夜勤手当があることによって給与が高くなるといえるでしょう。
ですので、介護士としてより多く稼ぎたければ、仕事探しの段階で、日勤だけの職場ではなく夜勤がある勤務先を選択してください。夜勤の有無によって給料の額は違ってきます。


介護士になるための手段として、皆さんご存知のように、二つの方法があります。それは、看護専門学校に行く方法と看護大学に行く方法です。



授業の内容などはそこまで変わらないのですが大学に進むことの利点としては、キャリアアップがよりしやすいこと、専門学校を卒業した場合と比べるとやや給料が良くなります。その一方で、専門学校の利点は何でしょうか。

それは、学費が大学に比べて安いということと実習時間が多く設けられているため、実際働くことになった時、即戦力として力になれることでしょう。
働く時間も休みも不規則な介護士の仕事ですが、土日祝日の休みをとることもできます。病棟勤務のままだとそれは難しいですが、外来勤務に変えてしまえば、外来の診療は土日は休みですから介護士も一緒に休みとなるのです。



何か急な事態によって呼び出されたり、土日の休日診療に当番として出ることはありますが、でも大体、土日祝日の休みは固いです。
あと、入院施設のない個人経営のクリニックとかだと、そういったところは高い確率で土曜、日曜、祝日は、お休みです。新卒や既卒で介護士としての就職先が見つからずに失敗が続くという場合、年齢が壁になっているかもしれません。求人において年齢についての制限を載せていない場合も、実際には介護施設側が採用に関する制限を設定しているケースがあるのです。
中でも30代から介護士を始めた、という方の場合はかなり大変ですので、相当な努力をしなくてはいません。



貴重な人材である介護士が必要とされている場は介護施設以外にもあります。

数々の介護施設のうち、グループホームのようなところでも介護士の活躍が期待されています。このグループホームにいるのは、基本的に認知症の方ばかりなので、そのことを心に留めて介護することが重要です。

様々な職場がある中で、介護に関わりたいという介護士はグループホームへ勤務することも考えてみると良いでしょう。
介護士とはどんなイメージを持たれているかといえば、別名「白衣の天使」ということからも往々にして、良い印象を持たれていることが多いと言えます。
ですが、実際の介護士の働き方を見てみると、収入面ではそう悪くはないとはいえ、その実は、夜勤や長時間残業の毎日を送っている介護士も多数いるのです。


プラス面だけに着目せずに、本質的に介護士の労働環境はどうなのか、しっかりと見極めることが重要でしょう。多くの介護士が持つ悩みといったら、3交代制などの不規則な勤務形態ですよね。


休日や休みの時間に誰とも都合が合わないといったケースが多いようです。または、昨今の介護士不足の影響から休みが取れないということも珍しくありません。規則的な勤務形態で働きたいと考えた場合、たとえば、日勤のみの勤務が可能な介護施設の求人を探してみるなど、これを期に転職を検討してみてはいかがでしょうか。

知らない人が聞くと、暗号のような業界用語ですが、介護士の間で通じるそうした用語にエッセンなる言葉があるのですが、ご存知でしょうか。



食事のために休憩するということを他の勤務中の介護士に伝えるための暗号としてどこでもよく通用します。

ではこのエッセンというのは何かといえば、何かの略語とかではなく「食べる」を意味するドイツ語が由来だそうです。昔、この世界ではドイツ語の介護用語が盛んに使用されていた事実があって、現在までその習慣が微かに残っていて便利に多用されているようです。介護施設で働く介護士は、病気を抱えた患者と接する場合が多いので、信頼してもらえるような印象になるためにも、ヘアスタイルに配慮しなくてはなりません。いち介護士として、介護施設内で自己主張が過ぎないように留意しながらも、清潔な印象を与えるヘアスタイルにすることがポイントです。
とはいえ、職場の環境や方針次第では、介護士の髪形に対するルールが違うことを覚えておきましょう。

ケガをしたり病気になる確率は年を取ると高まります。

社会が高齢化していることもあり、着実に介護機関を利用する人口が増加しています。


ということは、介護士に関してもどれだけいても足りないという程、実際には、人手不足が深刻です。

しかし、人材が不足している、ということはつまり、それによって求人も多くなりますから、転職先に困ることはない、という利点を挙げることができます。



今流行の「街コン」では、たくさんの出会いがありますが街コンへの参加を決める介護士というのは、実は少なからずいるのです。女性の多い職場であるためなかなか男性と関わる機会がなく、結婚相手を見つける目的などのある介護士が、街コンに参戦しています。介護士という仕事は、街コン参加者の中でも人気の高い職業だと言えます。



ただし、せっかくいい相手が見つかっても、後々になって勤務形態が不規則なせいで、破局をむかえることが多いと言われています。

働く介護士にとって頭が痛い問題といえば、対人関係の問題や不規則な勤務形態です。


介護士には女性も多いので、派閥やいじめなど、ドロドロな人間関係が構築されていることも少なくありません。

夜勤が多い勤務形態もストレスになるでしょう。あまりにも問題の多い職場ならば、心機一転で転職し、人間関係も良く日勤で働ける職場を探すのもアリだと思います。介護施設での勤務というと、病棟勤務と外来勤務がありますが、子育て中なら外来勤務がおすすめです。日勤のみ、という大きな利点があるので、子供を預けて働きやすくなります。



そして、病棟勤務とは違って、夜勤はないですし、多くの場合は土日と祝日はお休みになります。忙しさの度合いについては、介護施設によっても違いますが、混みやすい小児科や、人気のある医師のいる診療科だとたくさんの患者で待合室がいっぱいになってしまい、介護士は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。求められるスキルもどういった介護施設か、診療科はどこかによって違ってきます。

働きながら妊娠したら、介護士として特に注意するべきは、まず、とにかく、放射線被曝には注意しなければいけません。
X線撮影やCT検査など、介護士が放射線の被曝を受けてしまうかもしれない機会は多いため、注意するに越したことはありません。
それからまた、薬の取り扱いについても介護施設で患者に接する中、薬にふれる機会も数限りなくありますから、注意するべきでしょう。
そして、立ち仕事や交代制勤務など、ハードワークで知られた業界であり、母体への負担が大きいあまりに、流産や早産になることも多いのです。
仕事に励みつつも、妊婦である自分の身体を守るため、必要な休憩を取るようにしましょう。
入院できるような大きい介護施設の介護士の仕事内容は、外来勤務と病棟勤務で大きく違ってきます。


ですから、ずっと病棟勤務だった人の場合は、次の職場でも病棟勤務、というのはよくある話です。
それと、もし何らかの得意なこと(例えば採血が上手い等)があるのなら、雇用者に知らせておきましょう。



そうすることで、その技能を一番発揮できる場所で働けるようになるはずです。


仮に、いつでも夜勤が歓迎である旨を伝えるとしますと、24時間体制が基本の病棟で、勤務することになるでしょう。
もちろん業務の内容によって、給料が変わる可能性も考慮しながら、できること、得意なこと、希望することなどは明確に伝わるように話すと良いです。



職場にもよりますが、介護士の給料というのは、主に女性が担う一般の職に比べ、相当高めの給料をもらうことできます。介護施設という介護施設で、人命にかかわる仕事に従事している専門職であること、それに、どうしても回ってくる夜勤や、否応なしの残業に対する手当がしっかりともらえて、これが給料額を押し上げます。

誰もがあまりやりたくはない夜勤が多かったり、仕事の虫で、残業も苦にならないといった介護士の場合、通常より相当、高いものとなっているはずです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:咲希
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ob8y5opsmhol4t/index1_0.rdf