チョウゲンボウのアオスジアゲハ

June 21 [Wed], 2017, 10:11
年齢と共に次第に身体がたるんできました。
痩せるためには運動と食事の管理がベストだとは思いつついっこうに時間が設けられずに実施できませんでしたが、暫くぶりに体重計にのってみてはっとしたんです。とりあえず、自然に運動をするために、毎日の移動手段を歩きにすることから始めてみました。

この方法で少しでも痩せると嬉しいです。
ダイエットは過去に何度かしてきました。
現在も時々やっているダイエット法は小さな断食です。

その日の予定がない日に水以外は何も摂取しないようにします。次の日の朝は重湯やおかゆのような胃に負担の少ない食べ物を食べて、後は普通に暮らすのです。



お腹のリセットにもなって身体にも良いそうですよ。
ダイエットをしているという人は運動をして減量をしていくのは多分、普通のことだと思いますが、時間や目標を決めて取り組んでいるのでしょうか?なるだけ毎日朝、夜なら夜と決まっている時間に運動をしているほうが痩せやすい体になることが出来るでしょう。


勤め先の上司・同僚・後輩との関係の精神的な負担で、ここ数か月、私は一体どうしたのでしょう、というくらいに、食べてしまっています。ほっぺや顎や二の腕やウエストにもお肉がついてぷよぷよで、どうにかして痩せたいと考えているのですが、どうにもこうにも、運動する暇がありません。
こんな時に、簡単に痩せられる薬が、あったならいいのになって思います。大変な思いをしないでスリムになる薬があるのだったら、1万でも2万でも出す決心はついていますね。それくらいせっぱつまった思いです。

ダイエットを決定したその瞬間が、最もやる気に満ち溢れているといえるでしょう。ダイエットを達成させる為には、その痩せるぞという感情をずっと存続させることが、重要だと思います。


最初に必死にやり過ぎると、すぐに、気持ちが折れやすくなってしまうので、ゆるく開始しましょう。
前に、炭水化物を少なくするやり方で減量を目指したことがあります。たくさん噛むことで、充分に心を満たそうとしたけれど、厳しかったです。
生粋の日本人ですから、たまには、ガツンと白いごはんを食いたくなります。

ですので、現在は、夜は炭水化物の飲食を控えるけれど、朝と昼は普段通りに食べることにしています。基礎代謝を計ることは大切だと考えられています。なぜなら、自分自身の代謝量がわからずに、自分がどのくらいカロリーをとるべきなのか理解することはすることはできないからです。


例えば、若い頃のように無謀なダイエットをするのが体に無理ができなくなった分、常日頃から静かに数値と向き合っていきたいと思う日々です。空いた時間に食べ物をおなかに入れてしまうことが多くてどうすれば治るのだろうと思っている方は是非スムージーの置き換えダイエットをしてみましょう。

スムージーを作るのに必要なのは自分の好きな食材を混ぜ合わせるためにミキサーを使用することもできますし、ネットやお店でスムージーを買うこともできるでしょう。おやつや主食に置き換えて飲むことで、痩せる効果が上がるんです。


スムージーを噛んで飲むともっと効果が出ますよ。

ダイエットなどのために基礎代謝をあげるには有酸素運動が効果的といわれています。一番簡単にできて効果があげやすいのはウォーキングなのです。といってももちろん、ダラダラ歩くだけではなかなか基礎代謝を上げることはできないでしょう。たとえば、下腹部に力を入れながら、顎をひいて、そして前をしっかり見据えてなど、筋肉を使いながら歩くことを意識しながらつづけることで、効果的なウォーキングができます。



基礎代謝をよくするということはダイエットにも効果があるのです。
普段あまり汗をかかないタイプの方は、体内に不要な汚れが溜まりやすくなってしまいます。老廃物が蓄積されていくと基礎代謝が下がってしまい、汗をかかない人ほど太りやすくなってしまうのです。



基礎代謝を上げて、汗をかきやすい体に、していくことが大切です。本格的な複式呼吸を習得すれば、基礎代謝アップが期待できると聞きます。


しょうが湯の飲用やストレッチの実行、お風呂で上半身だけゆっくりとつかったり、代謝を上げるのも努力がいると思っていた矢先だったので、まずは呼吸法を習得して、どんな時でも気軽に代謝を上げられるようになりたいと頑張っています。必ず経験するのが体重が思うように減らない時期です。
こんな場合にはどうしたらいいのかと言うと、そのままダイエットを諦めてしまう人もいますが、無理のない範囲で継続するのが重要です。


もし、身体を動かしていないのなら、食事だけはカロリーをチェックしたり、食事に注意しないのなら、運動だけでも持続しましょう。
ダイエットしている時の間食は何があってもNGです。間食で食べたものが、例えスナック菓子などではないとしても、食べただけ、太っていくという現実を忘れないでください。



過度の我慢もいけませんが、朝食、昼食、夕食の三食をきちんと食べて、あとは食欲を抑制できるように体質改善をはかりたいものです目的を持って歩くことによって痩せることの注意点は、歩く事を必ず40分以上する事です。



歩く事のような有酸素運動で、燃え始める脂肪は、始めてから約30分たってからです。ウォーキングを10分や20分程度したくらいでは、脂肪を燃やすことはできず、ダイエットをする効果はかなり薄くなってしまうので、注意する事が大切です。


女性の視点では、結婚は一生に一度きりのはずのことなので、婚約してから、人並みにダイエットに精を出しました。

その後、エステにも向かいました。

色々お金を要したので2日間しか通えなかったけれど、普通できないことをして微かに綺麗になれた気がしました。
痩せるためにはある一定の期間が必要ではないと思います。



とても厳しく体重を制限することは健康に良くないので、長期的な計画を立てたダイエット法を選択し、それを試し続けて、少しずつ体重を減らしていくのがいいでしょう。

体重が少なくなったからとやめてしまうと、リバウンド現象が起きてしまいますので、少なくとも3ケ月は続けましょう。

出産をしてから、増えた体重とぶよぶよのおなかを元に戻すために、ダイエットとプラスして人生初の筋トレをしました。

母乳のみで育児をしていたので、思うようにダイエットは進まなかったのですが、筋トレはたくさん熱心にしました。おかげさまで、6カ月ぐらいで、だいたい元の体型に戻す願いがかないました。


最近、ぽっちゃりになったので、細くなろうと調べていたら、いいやせ方を見つけました。

それは、酸素を多く体にいれる運動です。


ご存知だと思いますが、有酸素運動の結果は素晴らしくて食べ物を我慢するよりずっと体重が減ります。

私も数週間前からウォーキングでダイエットに挑戦していますが、日に日に痩せてきて嬉しいです。走ることはことのほかききめがあるんだなと感じた出来事でした。ダイエットの最中であれば特についつい甘いものを食べたくなりがちですが、その時はぐっと食べたい気持ちを我慢することが大切です。食べてしまったら、すぐに体重に反映されてしまうからです。もしどうしても食べたくなってしまったらカロリーが低いダイエット用のケーキを作りましょう。

ダイエットをやってると自分に厳しい食事の制約をかけてしまう人もいますが、断食などの減量は、辞めたほうが良いです。いくら、食事制限を行っていても空腹になってしまったら無理をせずに食すようにしましょう。とにかく、低カロリーのものを頂くようにすれば急に体重が増えたりすることもありません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウト
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oayda1hspihnod/index1_0.rdf