すべての実践の背後に

December 15 [Sun], 2013, 12:38
アドバイスとは関係なく、八五パーセント、もしくはそれ以上の点を取っている。教師に教える能力があることの一つの一証明である。しかし、それでもほとんどの学校にとって、少し練習することが必要だと思っている。学校が十分な能力やクオリティ(上質)を目指して教えていないなら、たくさんの練習を勧めたい。SATやACTを受けるための練習、そしてテスト準備をしている会社に払われるお金を無視してはならない。準備は効果があるからだ。さもなければ、このような会社は営業していないと思う。最高の学校クオリティ・スクールについて書いてきたことは理想である。現実には、クオリティ・スクールを目指す学校によっては、厳密に提案したとおりにしない学校もあるだろう。クオリティ・スクールに関わっている人々は、創造的な考えの持ち主で、その実践者である。ある校の教師は、自分たちがしていることをわきまえており、アイデアに多くのものをつけ加え、頼っていたときよりも、はるか先まで行っている。しかし、彼らの、すべての実践の背後に、選択理論があるのです。
車が輝いていた時代



大雑把で否定的な結論

November 24 [Sun], 2013, 21:33
「普通と評価されたということは、自分には能力がないということだ」「良しと評価されたが、これは自分の出来が特に良かったということを興味するわけではない」心のフィルター:全体像を見るかわりに、一部の否定的な要素だけに過度に着目する。「こんなに低く評価されたということは[他では高い評価も受けている]、私の仕事がどうしようもなくひどかった、ということを意味する」読心術、他のより現実的な可能性を考慮せず、他者が考えている内容を自分がわかっていると思いこむ。「彼は、私がこのプロジェクトの重要なポイントを理解していないと思っているだろう」過度の一般化:現状をはるかに超えた、大雑把で否定的な結論を出す。「[あの会合で居心地が悪かったのだから]私には友だちができないのだ」個人化:他者の否定的なふるまいを、他のありそうな見方を考慮せずに自分のせいだと思いこむ。「私が何かへまをしたから、あの修理士の態度はぶっきらぼうだったのだ」「ねばならない」「べき」思考、自分や他人のふるまい方に、厳密で、固定的な理想を要求しないことを最悪視する。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:くにり
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oaikeitu/index1_0.rdf