松田で深田

September 22 [Thu], 2016, 15:15
他業界の労働者と看護師を収入の面で比較してみると、平均年収という一点では明らかに看護師の方が多いです。それから、看護師という仕事は医療機関を中心に一定数以上の需要が常に見込まれるので、あまり景気などの社会的要因に、収入が影響を受けないという専門職らしい長所もあるのでした。ですが、良いことばかり期待できる訳でもなく、かなり長時間のサービス残業を、せざるを得ない場合が多かったりなど、看護師を取り巻く仕事環境は、あまり良いものとは言えないようです。出戻り就職という言い方があり、一度辞めた仕事場で再び働くことですが、こうする看護師は結構多いようです。そんな風に、職場復帰が可能かどうかについては、辞めた当時、どういった状況だったかで違いがあるようです。よくあるのは転居や結婚を理由に辞めたり、あるいはまた、出産、育児を理由とした辞職であった際は、元の職場に出戻ってくるのも簡単です。こういった事例は増加しています。家の事情などによって、夜勤が無理なので日勤業務だけのパート勤務を希望し、出戻り就職をする人も少なくありません。一般に、看護師の仕事のハードさについてはよく認識されています。病棟勤務に従事していると、重症の患者さんを担当することもあり、急に容態が変化してその処置に大わらわになったりしますし、食事の介助など、身動きの難しい患者さんのお手伝いもすべて看護師の仕事となっております。緊急オペが行われることを急に知らされる、なんてこともよくあることですし、スタッフの数が少ない夜間にナースコールの数が多く、対応にかかりきりになってしまったり等、目が回るほどてんやわんやと忙しいこともあったりします。看護師になろうと思っていました。でも、家の都合によって会社勤めをしていました。ですが、やはり看護師になりたいという夢を諦められなかったです。資格を持たないまま看護関係の仕事に転職するということも出来たのですが、やはり看護師の資格が欲しいと悩んでいたところ、医療施設で看護助手として勤めながら資格を取ることが出来る事を知りました。子供のころからの夢を叶えるために、頑張りたいと思います。病院で看護師として働くために資格取得は絶対条件ですが、その難易度はどのくらいだと思いますか?受験生全体の看護師国家試験合格率は毎年90%前後ですから、決して低くありません。試験内容自体が、専門学校や大学の講義を理解していれば十分に合格できるものですので、そこまで厳しい資格ということも無いようですね。看護師の仕事は、病棟勤務と外来勤務で大きな違いがありますが、子育て中であれば外来勤務を選ぶと良いでしょう。日勤だけですので、保育園や学童を利用して働くことが可能になります。それから病棟勤務と違って、外来勤務では、夜勤はないですし、多くの場合は土日と祝日はお休みになります。忙しさの度合いについては、病院によっても違いますが、混みやすい小児科や、人気のある医師のいる診療科だと待合室に患者があふれるようなことにもなって、看護師は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。外来勤務で働く上で、必要となるスキルがどういったものかはどんな病院か、診療科はどこかによって、変わってきます。世間から見ると、看護師は高収入だというイメージが強いです。現場においては、人の生死に関わるオペや変則的な勤務形態などハードな職業ですが、別の業種の給料と比較してみると安定的に待遇が良いのが見て取れます。景気や経済に影響されにくい職業だということもアドバンテージになっています。こうした安定性と給与の高さから見ると、魅力のある職業だと言えます。転職活動を行う時には、ご多分に漏れず看護師の場合も履歴書が必須となりますが、一つ注意しておかなければならないことがあるのです。注意すべきこと、それは特に履歴書の中の志望した動機について、どのように表記するかということになります。雇用条件であったり、労働環境であったりが良かったのが志望のきっかけだとは言わずに、成長に繋がるといったことや、身に着けた技術や知識が役立てられそうだからというような「この人はやる気があるんだな」と感じられるような内容がいいのではないでしょうか。看護師として、初めての病院で働きだそうとする際、どこに配属されるかは大変気になりますが、おおまかにこちらの要望を呑んでくれるようなところもある一方、人材を管理する人の胸三寸で決定されることもあり得ます。人員配置については、病院側の持つその人のデータから、そこが適任だと評価され、充分に考えられた配属であることが殆どです。もし、その配属先にどうしても納得がいかないのであれば、上司にそれを伝えて、相談してみることもできます。職場を移りたい、と考える看護師は意外なほど多いようです。慢性的に看護師の数が足りない、とする医療機関は多く、需要は高まる一方で、そのため求人の数はとても多いのです。勤務している今の職場で給料が相場より遥かに安かったり、休日出勤や夜勤の割合が異常に多いと感じる等々、転職に至る理由は、人それぞれ事情があるようです。現在の職場よりもよい待遇を期待するなどの理由で転職を考えているのであれば、単に給料や労働条件だけを見ないで、そこでどういった噂がたっているか、評判はどうなのか、なども確認できると良いです。社会に出たばかりの新卒看護師や、他の病院から転職してきた看護師の場合、病院によりますが、残業代が出ないという職場があるといいます。賃金を支払わずにサービス残業をさせるという行為は、経験のない新人だから、という未支払い理由は通用せずはっきりと労基法に違反しているのです。残業も完全に仕事のうちですから、せっかく働いたのならその時間分、報酬を得なくてはなりません。看護師といえば、仕事のハードさがよく知られていますが、だからといって看護師の寿命が他と比べて格段に短い、などということはありません。けれども、夜勤のある交代制で勤務しますから、うまく睡眠をとれずに寝不足になったり、疲れから具合を悪くしたり、しこたまストレスを溜めこんだりしてしまいます。さて、看護師として長く働き続けると、自然にそれなりの知識もついてきますから、他人の状態がどうか、ということのみならず、自分の心身の健康についても今の状態を把握しやすくなるようです。殆どの看護師に共通する悩みといえば、休日や出勤日が不規則な事だと思います。休日や休みの時間に簡単に友人と会えなかったり、予定を合わせる事が困難になるというケースが多いようです。他にも、看護師が不足している職場においては、労働時間が長く、休みが少ないという問題もあります。こうした勤務形態を離れて、規則正しい休みを取りたいのであれば、たとえば、日勤のみの勤務が可能な病院の求人を探してみるなど、これを期に転職を検討してみてはいかがでしょうか。働き方の違いで、看護師であっても収入に差が出ます。正社員として勤務していると、給料は月給制ですが、パートとして働いている場合はだいたい時給になっています。具体的な金額としては夜勤なし、日勤のみだと1300円から1800円といったところが相場のようです。パートとしてはかなり高額だと思える人もいるでしょうけれど、仮にも専門職として、時には人命にも関わり、かなりの激務をこなしていることを思うと、かなり控えめなお値段ではないのか、と言いたくなります。最近では男性も増えていますが、女性が看護師として働いた場合、他職種と比較して高いお給料をもらえます。その結果かどうかは不明ですが、ファッションに抜かりのない人が多数いるように感じます。なのですが、多忙を極める仕事です。ほとんど休めない様な病院もあって、金銭的に浪費する時間的余裕もなくて、貯金が増える一方だと聞くことがあります。給料、そして休日の調和のとれた職場に勤めるのがベストな形だと思います。治療の補助や患者の各種ケアなど、看護師の業務は多岐に渡り、職場においての有用性、必要性は高く、大きなやりがいを得られる仕事の一つです。病棟のある病院では当然、24時間体制ですから、24時間切れ目なく看護師もいる必要があります。そのため、日勤業務と夜勤業務に分けられてシフトを組んで交代でこなしていきます。こういった勤務形態ですから、上手に生活のメリハリをつけないと充分な睡眠すらとれず、疲れやすくなる等、良くない影響が出てくるでしょう。資格の面からみると看護師の資格というものの最大の利点は、なんといってもたとえブランクがあったとしても、再度職に就くことが可能だということでしょう。どうしてかというと、看護師の仕事が専門職だということ、人が足りていないことが深く関与しています。どこでどのように働くかにさほどこだわっていない人の場合は上手くいけば五十代でも復帰できます。普通のサラリーマンやOLと違い、看護師の仕事時間は交代制で夜勤があります。規定通りの休みをとることはもちろんできるのですが、身体的に辛いということもあって、結婚、出産を理由に退職に至る人はかなり多い、というのが問題となっています。結婚はともかく、出産を経て子育てスタート、となった時、いつでも託児を引き受けてくれる場所がないとそもそも夜勤などはできないものです。しかし最近になって、子育てが済んだということで復職を希望する人の例が少しずつ増え始めています。看護師の資格というものは日本の法律ではどういった資格かというと、医師の診療を補助するものとされています。基本原則として、医療行為を行うということは認められていないのが現状ですが医師の指導の下であれば認められている医療行為もいくつか存在します。しかしながら、患者の状態が悪くなり、緊急の場合や、差し迫った状態になったときは、経験を積んでいる看護師に限り、医療行為も少しぐらいは行っていいのではないかと思っています。看護師をやるからにはほぼ夜勤の必要が出てくるわけで子育てをしながら働く看護師にしてみるとかなりの悩みどころとなっている場合が多いです。未就学児であれば、費用はかかりますが、24時間保育が可能な保育所を頼ったり、託児室を完備している病院に勤務する場合はそちらに預けるなどの方法もありますが、子供が小学校に上がると預け先がなかなか見つからないというのが現実です。ですから、看護師の中でもパートの勤務に変えていくという方も多くいるということです。私が看護師になった理由は中学での職業体験でのことでした。体験先の介護施設の看護師の方に衝撃を受けたからです。将来は、こんな風に働きたいと思ったことをきっかけに高校卒業後、看護学校を経て今は看護師です。辛くなってしまうようなことだってあるのですが、毎日が充実しています。普通、注射や採血は看護師が行うものです。注射されるのが好き、なんていうタイプは少ないと思いますが、もし注射されるのならば、痛みが少ないようにお願いしたいですよね。とは言っても、注射の技術は看護師の腕に左右されますから、上手な人もいれば、残念ながら、何度も刺し直されたり痛くされてしまう事もあると思います。この辺りは運としか言いようがありませんね。一般的に、看護師の中には愛煙家がそれほど多くないという印象を受けますよね。実際にはそのイメージ通りに看護師の喫煙率は平均を下回っているそうです。医療施設で病気の患者と接触のある職業ですから、煙草を吸って臭いが身体に残らないように注意している人が多いと分かるのではないでしょうか。一般的な認識では看護師は給料が安定している仕事だと位置づけられていますからローンの際も、どちらかと言うと審査にも通りやすいことが多いです。例外として、非常勤で勤務している看護師の方など、不安定な雇用状態の場合にはそうとは言えないことも多いです。簡単にローンを組めるのは派遣などではなく、正社員として勤めている安定した勤務形態で働いている看護師について言えることなので、看護師であっても勤務形態が非常勤となると、ローンを組む際にスムーズにはいかないことがあります。現実は、看護師が出てくるドラマとは程遠いです。ハードな通常業務だけでなく、実は決まった労働時間以外にもしなければならない仕事が多くあるため、残業を強いられることがままあります。ですが、いかに多忙で、疲労困憊でも、常に患者さんやご家族の前では笑顔を忘れません。つい先ほどまで愚痴をこぼしていたとしてもぱっと笑顔を作れるのですから考えようによっては看護師は女優みたいなものだと思います。以前は看護師は女性がする仕事というのが一般的な認識だったものですが、昨今は男性看護師の割合も増加しています。看護職においては、患者の移動の際やお風呂に入れる際など、実は力仕事も必要なので、男性看護師がより力を発揮できるということもままあります。給料の点からみると女性と変わらないのですが、産休や育休のため、やむを得ず職を離れなければならないということがないのでそれだけキャリアアップの機会に恵まれるとも言えます。休みが不規則なイメージのある看護師ですが、職場次第で土日祝日の休みをとることもできます。簡単なのは、病棟勤務から外来勤務に移ることで、そうすると、土日を休みにできるでしょう。まったく予想外の呼び出しによる出勤や、休日診療の当番が回ってくることもありますが、でも大体、土日祝日の休みは固いです。あと、入院施設のない個人経営のクリニックとかだと、そういうところでは大体はちゃんと土日休みになっているはずです。大方の場合、看護師の仕事と言えば過酷な仕事だと考えられ、「勤務時間が労働基準内の8時間でOK」なんていう事は個人医院またはクリニックのように、夜勤帯の勤務のないような勤務先を除いては、まれだと思います。病院勤務で、二交代制だった場合、途中で休憩を挟みはしますが、トータルで16時間勤務になってしまうこともあります。こういった長時間勤務の実態も看護師がハードだと思われやすい理由になっていると思います。勤務時間について、看護師というお仕事には、少し厳しいようなイメージがあるかもしれませんが、案外、ある程度自由にできる面も無い訳ではありません。それもこれも、シフトがどうなっているかによりますが、有給休暇を時間単位で取る時間休をとることができます。なので、育児中であってもそれ程無茶をすることなく、働き続けることが可能、と考えられているようです。例えば子供の急病など、退勤を含め臨機応変な対応が必要になることが多い割に、そんな中でも、なんとか帳尻を合わせて働いていけるのは、時間調整しやすい働き方による、というのが大きいようです。なお他業種同様、8時間勤務が基本です。もし看護師として働きつつ自分の妊娠に気づいたら、注意すべきことがいくつかあり、まずは極力、放射線を浴びないようにすることです。放射線治療やCT、エックス線撮影をはじめ、病院内で働く限り、危険はいろいろありますので、油断は禁物です。薬品についても身近に様々な薬品が、大量に存在する環境なのですから、放射線被曝と同じくらい、注意が必要です。勤務中のほとんどの時間を、立ち仕事で過ごしたり、夜勤があったりとハードなせいもあって、残念な流産や、早産の危険がとても高いです。ぜひ妊婦としての自覚を持って、適度に休憩してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リオ
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oaelskhautwimc/index1_0.rdf