加山雄三とやぐっつぁん

February 22 [Mon], 2016, 14:48
皆さんお分かりのこととは思いますが、妊活中に体が元気であるということは基本原則です。



その為に重要視すべきことは、栄養に気を付け、適切な運動をするよう努めるということです。
肥満に陥らないようにするためでもあるのですが、血の巡りを改善し、栄養の流れが体内でスムーズにいくということも大きいです。

一例として、軽くウォーキングをすることなんかいいと思います。



dhaは厚生労働省が公の指定で、妊娠初期から摂取する事が好ましいと公にしている栄養素ビタミンです。妊娠を望む女性であれば妊娠のだいぶ前から摂り入れ始める事がより効果的であり、胎児の先天性奇形の確率を減らすために関係してくるので非常に重要です。サプリメントで摂ると一日必要量のdhaが摂れますから続けやすいですよね。



アロマには心身のバランスを良くする作用があり、妊活にも活用されています。
中には待合室でアロマを使っているクリニックもあるぐらいです。

特にローズは妊活中の女性に人気のあるアロマです。
ホルモンバランスの乱れを是正して、ストレスを解消してくれるという効果が期待できます。
不安感を解消させる効果があり、妊娠には不可欠な女性ホルモン分泌促進作用を持つイランイランも妊活には効果的でしょう。


元々、dhaはDNAの合成や脳や神経を作り出すとされ、赤ちゃんには必要な成分となっています。
現在、先天性による異常のリスクを減らしていくとして、世界の中でその摂取法に関して指導勧告をしています。必要な量は、妊娠中で0.44mg、授乳中0.34mgとのことですが、過剰な摂取は気をつけないと逆効果です。私は現在、病院に通って、不妊治療をおこなっています。

でも、それがものすごくストレスになってしまっているのです。
妊娠が望めない事が私にはものすごいストレスなんです。できるなら、全てやめてしまいたいです。
なのに、それができない事が、ストレスをためる原因になっています。
妊娠前や妊娠初期の妊婦さんの体に大変重要な働きをする栄養素が、dhaです。母子ともに健康な体でいるためにも、母体に負担にならない方法(dhaサプリメントなど)で積極的にdhaを摂取して、dhaの摂取を怠らないようにしましょう。ところで、理想的なdhaの摂取量はどれほどなのでしょうか。



厚生労働省の発表によりますと一日当たり0.4mgと発表されています。


野菜だけで補おうとするとあまり現実的ではありません。



ですからdhaサプリで補給するのが良いと思います。
妊娠を計画しているときにも、妊娠しやすい体づくりの為に出来る事ってたくさんありますよね。


例えば、dhaです。


妊活中の時から適切なdhaの摂取を厚生労働省が推奨しているって読んでいる雑誌で特集が組まれていました。
dhaは、赤ちゃんの障害を発症するリスクを下げてくれる重要な成分らしいです。妊娠した段階から不足しやすい成分だそうなので、妊活中からの摂取が求められているようです。野菜を十分に摂れない時は、サプリを服用するのが良い方法だそうです。


dhaサプリは色々な会社が出しているのですが、赤ちゃんと身体のことを考えて、安全性が高く、安心して飲めるものを探して元気な赤ちゃんを授かれるよう、妊活を頑張っていきたいです。


子供を持とうと妊活に努める方は、ぜひお守りを持つことをお勧めします。一例として、鎌倉所在の長谷寺は子宝と関係があり、こちらで販売されているお守りは、大変な妊活の緊張を和らげて落ち着かせてくれます。

さらに、パワーストーンなんかも妊活中の女性に人気があるのでいくつかのお守りを持ってみるというのもいいかもしれないですよ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ayane
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oacefmord9lli6/index1_0.rdf