【 更新情報 】

スポンサード リンク

O脚矯正サンダルの実力

O脚矯正やO脚改善、さらには猫背の矯正にも役立つO脚矯正サンダルがあります。
O脚は、そのほとんどが歩く姿勢を矯正すれば、ケアすることができます。
O脚矯正サンダルは、さまざまな工夫がなされています。O脚は、足の重心が外側に傾いている状態です。そこで、O脚矯正サンダルのソールは、6°に傾斜がつけられていて、重心が内側にかけられるので、O脚矯正サンダルを履くたびに、O脚の足がまっすぐに矯正され、改善されていきます。
そして、O脚矯正サンダルは、つま先よりもかかとが低いため、かかとに重心がかかり、つま先とかかとが反り上がって、かかとからつま先への体重移動が滑らかになるので、背筋の伸びた美しい姿勢になります。

日常生活の中で、O脚矯正サンダルを履くことによる歩行により、矯正が自然になされます。正しい姿勢で歩くことは、足全体の筋肉を使うので、引き締まった美脚への効果も期待できます。さらに、O脚矯正サンダルの特殊形状ソールの凹凸が足裏をやさしく刺激するため、血行がよくなり、むくみや冷え性の予防やケアにも役立ちます。

O脚と子供の成長

o脚は、日本人に多いようです。よく女性のO脚の人を見掛けますが、o脚は、外見上の問題でだけでなく、歳をとったときに、ひざの関節症になりやすいので、できれば子供のうちに治療したほうがいいそうです。

O脚は、あしを揃えて立ったときに、膝の間がひらく状態をいいます。また、X脚は、あしを揃えて立ったときに、足首の間がひらく状態をいいます。
一般に、赤ちゃんは、生まれた直後は、あしの形はO脚です。そして、個人差はありますが、5歳ぐらいになれば、O脚の曲がりとれて、成人の足の形になります。特に、こどもの場合、足の形は、年齢ととも変わるため、足のひらきの大きさは、正常な範囲のことが多いです。
このような変化は、膝の関節そのものが変わるのではなく、関節のすこし下のすねの骨が変化することでおこるそうです。
大部分の子供は、年齢的な生理的変形のため、成長とともに自然に治ります。2歳ぐらいを過ぎれば、生理的なO脚は、自然に矯正されます。
ただ、一部の子供に、関節そのものや成長軟骨の病気で曲がることもありますが、レントゲンで見ないとわからないので、気になる場合は、整形外科を受診したほうがよいそうです。

o脚によるヒールのかかとの擦り減り

o脚の人が、ヒールの高い靴を履くと、いつも、ヒールのかかとの部分が斜めに擦れてしまうことがあります。両足とも、外側だけが減ってきて、キレイに斜めに擦れてしまい、すぐに修理や買いかえないといけなくなります。スニーカーでも同じ現象が起こります。

さらに、すり減った靴を履いていると、o脚を悪化させてしまうこともあるようです。
靴がすり減るもの困りますが、やはり根本のo脚の改善をしないといけません。
例えば、普段の生活でできることは、歩くときに、体の重心を意識して、正しい位置にすることが大切です。歩くときは、腿の内側の筋肉の内転筋を意識して、足の裏では、外側に重心がいかないように気をつける。内転筋は、とても重要な筋肉で、正しい姿勢を保つのに欠かせない筋肉です。このように、内転筋を鍛えることにより、美脚にもつながります。
初めは、膝や腿にクッションを挟んで、両側からギューと押すと簡単にできますし、効果的です。
また、家庭などの室内では、o脚矯正スリッパというスリッパが人気です。これを履き続けることにより、無意識に、自然と内側に重心がかかるようになります。
ロフトなどに行くと、いろいろなタイプの中敷きもあります。

O脚を改善する運動

O脚になる人は、内転筋というインナーマッスルの衰えが原因の一つのようです。
最近流行りのピラティスのレッグアダクターというエクササイズは、内転筋を鍛えるよい運動です。
しかし、o脚の人が、突然激しいスポーツをすると、怪我をしやすいですから、簡単なストレッチから始めるといいです。
たとえば、o脚の人のための応急処置として効果があるのは、後ろ向きにゆっくり歩くことだそうです。後ろ向きに歩くことで、両足の膝頭がついて足の開きが小さくなります。歩く時に、太ももの後ろや内側の筋肉が動いているのが分かります。

また、お相撲さんが、練習で開脚をしている姿をテレビ番組などで見たことあると思いますが、これは、「またわり」という開脚運動をしています。さらに、裸足で足裏を鍛えているため、これらの運動により、o脚が治ってしまいます。

最近、バレエ教室に通っている友人に聞いたのですが、両方のかかとをつけて、つま先を広げていく。できれば180℃ぐらい開いて、ひざを伸ばしていき、足を伸ばして立つ姿勢がいいそうです。バレエのひとつのポーズです。そういえば、バレエをやってる人に、O脚の人はいませんね。

o脚を矯正してくれるスリッパ

日常生活で、O脚が気になっていました。洋服やブーツなどは、O脚を隠すことができるものを無意識に選んでいます。本当に着たいと思う服が着れないです。特に、短いスカートやショートパンツは、・・・ほとんど諦めていました。
そういう気持ちは、O脚の人にしかわからない悩みです。
また、o脚を放置していると、o脚のために足を太くしてしまうという話を聞きました。o脚は、ひどくなかったのですが、足が太いのもコンプレックスでした。

そこで、o脚を治す方法を探していたところ、ある雑誌に、「o脚矯正スリッパ」についての広告を見て、O脚矯正スリッパというのがあるのを知りました。o脚矯正スリッパは、中敷じたいが内側に傾いているものです。内側に傾いたソールに足を乗せているとo脚が治っていくというスリッパです。
履くだけで自然に、足の内側の筋肉が鍛えられ、履き続けることにより、o脚が治るというスリッパです。
o脚矯正スリッパは、足首や膝に負担を掛けません。o脚矯正スリッパは、簡単に美しい歩行姿勢を保ちます。
癖になってしまっているo脚を日常生活で履いているだけで、矯正してくれます。