新たに183人提訴=建設石綿被害訴訟−東京、横浜地裁(時事通信)

April 30 [Fri], 2010, 2:33
 アスベスト(石綿)の危険性を認識しながら被害防止を怠ったとして、肺がんなどを患った首都圏の建設労働者らが国と建材メーカーに損害賠償を求めた集団訴訟で23日、新たに患者と遺族の計183人が東京、横浜両地裁に提訴した。
 2008年の1次提訴と合わせた患者数は388人で、うち199人が肺がん、中皮腫などで死亡している。患者1人当たりの請求額は3850万円で、総額は約149億円となった。 

【関連ニュース】
学校の石綿、公務災害認定へ=死亡教諭に逆転裁決、全国初
工場跡地洗浄めぐり3000万=筑波大教授かたる
マスク備蓄プロジェクト始動=石綿被害防止でNPOなど連携
工場周辺住民で初の石綿肺=国などに救済金請求
修理用部品にアスベスト=ヤマハ発動機と日野が回収へ

名古屋市の違法行為認定=税減免措置で最高裁(時事通信)
<上高地>北アルプスの観光シーズン幕開け 河童橋で開山祭(毎日新聞)
火入れ オホーツクに春 北海道小清水(毎日新聞)
「県外」要求大会 沖縄知事出席へ(産経新聞)
舛添氏 離党届を提出 矢野氏も(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/o9vs1uur/archive/13
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。