保育士ってどんな資格?就職先は?

June 13 [Mon], 2016, 16:58
保育士は、1999年の児童福祉法の改正前までは、保母・保父と呼ばれていました。児童福祉法の改正にともなって、男女の区別をすることなく、一律して保育士と言った名称になったのです。保育士の資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)は法律で定められた国家資格(税理士や行政書士など、その国家資格の試験に合格しなくても、他の国家資格に合格するなどすれね、取得できる国家資格もあります)で、保育士を名乗る為には、保育士養成学校の卒業、保育士試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)の合格、保育士登録が必要になるのです。保育士の資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)は、一度取得すれば、一生保育士として資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)を有する事が可能になるでしょう。保育士の役割として、児童福祉法では、「専門的知識及び技術をもって、児童の保育及び児童の保護者にたいする保育についての指導を行うこと」と記されています。主な仕事は、零才から小学校入学前の児童の保育を行う職業であり、保護者の代わりに子供の食事・睡眠・排泄など、生活のリズムを整え、基本的生活習慣(健康に良くないことを続けていると、生活習慣病を呼ねれる疾患になってしまう可能性が高くなります)を身につけさせる指導を行って、心身ともに健やかに成長する事を保護して育てる役割があることでしょう。その上、それと同時に、子どもの保護者とも向き合い、連携して子育てを行っていくことも保育士の重要な仕ということになります。ほかにも、教室(近頃ではエアコン完備なんてことも珍しくないんだとか)の掲示物を作成したり、行事の企画・準備、保護者へのおたよりの作成など、たくさんの仕可能性もあります。保育士の資格を取得すると、保育園以外にもさまざまな施設への就職が出来るのです。家庭で養育を受ける事が出来ない小学校以下の子供(かすがいなんてよくいいますが、いても離婚する夫婦も多いものです)を預かる乳児院や同じく家庭で養育を受けることができない18歳未満のこどもを預かって自立を支援する児童養護施設、保育園(22時まで開いているところもあるそうです)の待機児童問題の対策として乳幼児を自宅で預かり保育する保育ママ(子供にとってはいいやすい呼び方ではありますが、いつまでもパパとママではおかしいので、幼い頃からお父さん・お母さんと呼ねせるご家庭もあるそうです)、知的障害児施設、盲ろうあ児施設、難聴(音が聞こえない以外に、音が聞こえても聞き取れない場合もあります)幼児通園施設などといった職場で活躍する事ができます
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Rio
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/o9beattpmai3br/index1_0.rdf