おお、もう十日切ったか今年

December 28 [Wed], 2011, 19:51
今日は年末のゲームコミックその他の発売ラッシュッすね。
本屋に行って新刊がずらり並んでいる風景を見るだけでとても幸せ。
もうすぐクリスマスに大晦日ね。
クリスマスに出勤しないといけないのがちょいと鬱。
だって酒飲んだ浮かれポンチの若い兄ちゃん姉ちゃん達の相手しないといけねえんですよ。
めんどい。
さっさとラブホに行ってよろしくやっといてくれ。
そういえば今年のしっと団は、クリスマス前の緒戦で大勝利を勝ち取りましたね。
なんのことってクリスマス直前に金正日総書記を暗殺して、韓国軍米軍自衛隊の若い兄ちゃん達からクリスマス休暇を奪い取ったことに決まっているじゃないですか。
恋人との逢瀬を予定していたであろう多くの兵隊達からその機会を奪う、そのためだけに金総書記を暗殺するなんて。
今年のしっと団はひと味違いますぜ。
いや、冗談抜きに迷惑な時に死んでくれましたね。
休暇おじゃんの兵隊さん達不憫ですわ。
ちなみに一番不憫なのは、世界一のブラック国家を相続させられた金正恩じゃないかと思ったり。
んでまあ、今日はさっそく本買ってきたのですよ。
以下感想。
講談社大砲とスタンプ速水螺旋人著発売したら絶対買おうと思っていた本ですよ。
それくらい面白いです。
唯一無二のミリタリー法螺マンガと銘打たれた通り、戦争を行っている架空の世界にある大公国という国の、海空軍に次ぐ兵站軍という軍が部隊のコミックです。
この兵站軍、仕事は輸送や補給などのいわゆる兵站、いわば事務仕事をメインに担当する軍なわけです。
もうそれだけで普通の戦記物とは一線を画してますわな。
この兵站軍の将校として前線の拠点都市アゲゾコに配された主人公、融通の利かない熱血役人眼鏡っ娘マルチナ少尉は、次々にトラブルに巻き込まれていきます。
それを役所仕事の抜け穴と裏技を使い解決していくというのが筋立てです。
先がなかなか読めない展開で引込まれますぞー。
個人的に特に魅力的に思ったのこいかつサイトで掴む二人の幸せが、酒場のシーン。
たったひとコマの絵なのですが、酒場のシーンで出てくるすべての人物の表情がきちんとかき分けられているのですよ。
テーブルクロス抜きを試そうとしている人、女給の尻を触って鼻の下を伸ばしている男、深刻な顔を付き合わせて密議をしている偉そうな人達、辛気くさそうな顔して酒を飲んでいる人等々。
酒場の混沌とした雰囲気が出ていてまるで動き出しそうな臨場感があるのです。
たったひとコマでこれだけ描けるのはスゴかですよ。
このコマに限らず、速水螺旋人さんの描く人物は、本当に人間くさくて魅力的です。
それからギミックのひとひとも売り所です。
かならず1ページは作中世界の兵器なんかが紹介されるのですが、これがまた奇想とゴテゴテの魅力に満ちとるのですよ。
第1話に出てきた平和号なんか、あの妙に小さな艦橋とか、中心線から外した砲塔配置とか、不格好に搭載されているでかいミサイル発射管とか、妙ちくりんそのもの。
それでいながら航行している様子は結構格好良いんですよ。
それ以外の兵器も遊び心に満ちていて、見るだけでも楽しいですよ。
あとキャラのお薦めは、語尾がカタカナになる娘さんことアーネチカ兵長。
ゆるくてさらりとしていて、派手な色っぽさはないけど魅力的な女性です。
自分はC水橋かおりで脳内再生しとりました。
自由人な感じが妙にミズハスと相性合いそうなんですよこのキャラ。
アニメとか贅沢言わない、紙芝居でいいから声を聞いてみたい。
異色の軍事物ですが、かなりお薦めなマンガであります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:o91so44urj
読者になる
2011年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/o91so44urj/index1_0.rdf