檜山と富山

June 12 [Sun], 2016, 10:03
看護職の人がジョブチェンジする時に困ってしまうのが志望理由です。







どうしてこの仕事場がよいのかを好印象となるように示すのはたやすくはありません。高い給与や、休日が確保されるといったことも大切なことですが待遇面の特長に焦点を当てるのに比べ、看護職の能力をさらに深めたい等、前向きな理由付けの方が好まれ、パスしやすくなるでしょう。いつ看護スタッフが別の仕事先に動けばよいのかですが、賞与金を受け取ってから辞職するというのが多数派なので、年間でいうと1、6月頃に絞るのが得策です。







看護職は慢性的に人が足りず仕事はいくらでもあるとはいえ、待遇の良い勤務先に巡り合えるように、新しい職場で働くまでに3ヶ月は間合いを取って、焦らず比較検討するとよいでしょう。



急ぎ仕事を変えたいという事情がないようでしたら、募集案件が多数紹介される頃まで待機すると無駄がないでしょう。



転職をするのが看護師の場合であっても、違う職種へ転職しようと思う人も少なからずいるでしょう。そうは言っても、頑張って看護師資格を得たのですから、その資格を活かすことのできる仕事を探したほうが良いでしょう。

全然異なった職種だとしても、看護師の資格が良い方向に働く職場は多くあります。



苦労して取得した資格ですから、有効に使わないのは損をしますね。





看護職の人がジョブチェンジする動機としては、キャリア開発としておくのが賢明です。



元いた勤め先の雰囲気が合わなかったとか、待遇が良くなかったといった、マイナス要素をあげてしまうと、不本意な評価をされかねません。この場合は、仕事を変えたい本当の訳を律儀に知らせなくても問題はないため、積極的な姿勢で求職していることを答えられるようにしておいてください。

他の職業と同様に、看護師の場合も何回も転職をしているとマイナス評価となるのかというと、絶対そうであるとは言えません。自己PRのやり方次第では、経験が多くあり、意欲的であるというイメージを与えられるかもしれません。とは言っても、勤務の年数がほんの少しであると、採用後、すぐやめると思ってしまう場合も少なくないでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユイ
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/o91oy55m9abtno/index1_0.rdf