顔面パスポート。の件。

October 19 [Fri], 2012, 13:56
こんな惨めなこと、おれだって言いたくない。
だけどあえて言おう。
おれは、顔がデカイ。
おれは昔プロボクサーを目指していた。
だがおれには致命的な弱唐ェあった。
二つのグローブでは完全に顔をガードできない。
顔がデカすぎたのだ。
ガードをしているつもりが急所が丸出し。
そんな奴が努力だけでプロになれる程あまい世界ではなく、おれはプロボクサーの夢を断念した。
というのはまぁ超絶ウソだけど、顔がデカイってのはホント。
どれくらいデカイかわかりやすく言うと、顔デカイグランプリがあったなら、僅差で細木数子先生に負けるくらいのデカさだ。
負けるんかいと思ったあなた。
相手はあの数子先生ですよ先生相手に僅差だよサイヤ人相手に僅差まで持ち込める地球人がいましたかそれくらいデカイわけです。
で、そんな顔デカぼくちゃんは今日パスポートを取りに市役所にいきました。
対応してくれたのは淡々と必要なことだけを話す無愛想なおばさん。
パスポート用の写真の提出を求められたので手渡すと、おもむろに定規を取り出し、写真にあてがって、何やら難しい顔をしている。
一番小さいやつでも少し大きいですね。
撮りなおしです。
こんな失礼なことがあっていいのか700円も出して写真撮ったにもかかわらず、撮りなおしになることはまぁ1億歩くらい譲ってよしとしよう。
だが君、初対面の人間に向かって一番小さいやつでも大きいですねて。
それイコール顔めちゃくちゃデカイですねてことだからね。
でもおれはちゃんと証明写真撮影マシーンでパスポート用写真を選択した。
しかもおれはぬかりのない男だ。
事前に頭のてっぺんからアゴまでが34mm±2mmでないといけないことは調べていた。
そして自分の顔がデカイことを加味し、限界まで後ろに下がって撮影した。
なんなら後頭部は撮影マシーンの壁にくっついていた程だ。
そんなはずはと伝えると。
でもこれと定規をあてた状態の写真を差し出した。
40mmあった。
おれはぬかりはないが顔のデカイ男だった。
しれっとおれを傷つけたこのおばさんに、ちょっとだけ抵抗してみた。
おれでもパスポート用の撮影で限界まで下がって撮影したんですよおばさんでもこれではお受けできませんおれでも顔は小さくできません。
いや、できるか。
少し痩せますかおばさんそうですね。
いやいやいやいや。
聞きましたそうですね。
って。
そうですね。
って。
じゃ数子先生はどやってパスポートとったの奴の海外ロケ見たことあるぞ金かやっぱ金なんかニコリともしないこの無愛想なおばさんは、加えてこんなことを言い出した。
おばさん少し目が茶色いですね。
カラーコンタクトしてませんかおれは生まれつき少し瞳が茶色いのです。
おれ、これは元からです。
チャームポイントです。
おばさんそうですか。
少し確認させてください。
おれはい。
無愛想すぎてチャームポイントとか言ったのが恥ずかしくなった。
おばさんはまじまじとおれの目を見ている。
まてよ。
これはチャンスじゃないのか一環して無愛想なこいつを笑かしたなら、それはおれの勝ちってことじゃないのかおれは少しアゴを突き出し、鼻の穴をおっぴろげ、びみょーに変な顔をした。
この変顔のポイントは目だけはちょー真面目なとこである。
無愛想おばさんを笑かすべく、真面目な目で、目より下は不真面目で、おばさんにサイドビジネス挑んだ。
おばさんはい、わかりましたー。
確かに茶色いですね。
いいですよー。
おれはい。
恥ずかしすぎて頬の上で目玉焼き焼けるくらい顔が熱くなった。
タイムマシーンがあったなら、1分前に戻って自分においその顔やめろ怪我するぞと言いたい。
だっておれは今心が重傷だから。
トボトボと市役所を後にし、頭のてっぺんちょの髪の毛を少し押さえて写真を撮りなおした。
2回目は無事OKだった。
むしろ34mmー2mmギリギリだった。
これで下限をわって、また撮りなおせと言われたら、おれはこのおばさんを殴っていたかもしれない。
グーで。
それくらい文字どおりのお役所仕事していやがった。
決まりがあるのは仕方ない。
が、言い方よ。
伝え方、そして笑顔、これ超絶大事ね。
そんなことを思った平日の昼下がり。
しかし平日休むって最高有給バンザイ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:o91e3e48i7
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/o91e3e48i7/index1_0.rdf