豊彦が柴山

June 16 [Thu], 2016, 12:13
私の知り合いにセミナーで出会って結婚したカップルがいます。とはいっても、セミナーそのものではなく、その後の飲み会に参加し、意気投合して付き合い始めたらしいです。


同一のセミナーに時間を割くくらいですし、二人の間には共通点があったのだと考えられます。
でも、出会い系サイトの方が会う前に人となりを知ることもできるため、私には出会い系サイトの方が合っていそうです。

毎日乗り降りする電車で恋が芽生えるというとマンガのようでワクワクしますが、現実は厳しいです。いいなと思っていた相手を駅や車内で呼び止めて、こちらの連絡先を渡しても、恋に発展することはまずないでしょう。夢の中でなくても恋はできるのです。出会い系アプリや出会いサイトを活用すれば、事前にプロフやメッセの交換もできますし、相手も会う気持ちがあって登録しているのですから、進展もしやすいでしょう。今は出会い系サイトで出会うカップルも珍しくないですが、犯罪やトラブルの話も絶えませんよね。



私の友人も出会い系サイトで悲しい思いをした一人です。相手とすぐに親しくなって交際がスタートしたそうです。


でも、交際3ヶ月あたりで相手の方が既に結婚した既婚者だということが発覚したそうなのです。結婚を考えて交際をしていた友人は、すっかり落ち込んでしまって、もう恋愛するのも嫌になってしまったみたいです。



フリーを装った既婚者が出会い系サイトで真剣な相手を騙すのは許せないですね。



今の勤務シフトだと出会いがないので、すてきな人との出会いを期待して友達と一緒に街コンに行ってきました。

楽しく話したつもりでも連絡先を教えてもらえなかったり、ぜんぜん話が弾まない男性グループと同席したりで、街コンには幻滅しました。
これはもう、出会い系サイトしかないですね。先に登録した友人はメッセ殺到でいま選定中だと言うし、そういうところでのノウハウなどを教わって、早くHAPPYになりたいです。よくある社内や社外の関係者との恋愛は、二人の関係がいい感じならまだしも、関係がこじれてしまったりすると気まずくなります。ただ通勤しているだけの毎日で周りには恋は諦めてるといいつつ、本心ではないときには、出会い系というのも、ひとつの手段でしょう。
つまらない毎日を変えてくれるような出会いがありますし、自分と話が合う人を見つけることができます。同じアルコールが入る場合でも合コンと違い、立ち飲みでの恋は、お互いシラフではないせいか、恋人になるまで続かないことが多く、せいぜい2回目で「違うな」と気づいて終わるのだとか。


それに実際、立ち飲みでナンパOKという感覚もお付き合いする上で気になります。職場が同性ばかりの人も出会い系サイトを活用していますし、行きずりではない恋を見つけたければ、アルコール抜きで知り合える出会い系サイトとかにした方が、ちゃんと恋愛に発展しそうな気がします。

多忙だったり異性の少ない職種だったりで出会いがなく、いまのままではいけないと焦っている人は増加傾向にあります。


出会うきっかけは様々ですが、本人の性格に合っていて、なおかつ確率の高い方法でなければ、なかなか友達以上に進展するのは難しいでしょうし、実際に会っても理想や目的がズレていたりして、うまくいかないでしょう。


なかなか良い方法としては、近ごろ堅実性を増した出会い系サイトなどは、不器用だなと思う人は試してみる価値があると思います。
ほとんどの場合、長文メールを受け取ると出会い系の相手でなくてもいやがることが多いです。
もし、出会い系サイトで女性と知り合えたのなら、仲良くなるためにも、長すぎず、短すぎない適切なメールを送るようにしましょう。

あるいは、相手から送られるメールが短いものばかりだと、相手の女性がサクラや機械といった出会い目的以外の場合がありますから、注意してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:蒼真
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/o8st5weeh3abjn/index1_0.rdf