Powellでミドリフグ

February 23 [Tue], 2016, 22:47
インプラント手術の未経験者にとって術中の痛みが怖いと思います。麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で大して痛くないのが普通です。麻酔が効いたことを確認した上で本格的に手術を始めるためです。手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みが出てくるケースもありますが、頓服の痛み止めが処方されるため耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。インプラント治療が適用されるケースとして、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという場合があります。ブリッジ治療で義歯を入れるとすればブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので該当する歯の分だけ治療することになります。他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという希望がある方にはやはりインプラント適用が一番でしょう。どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも全て歯科医の腕に任されているので差は大きいと断言できます。インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと考えて欲しいのです。歯科医選びに全力を尽くすことが治療全体の大きな部分を占めます。治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院して手術することはまれです。出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、安全を期すため、入院を求められることもあります。あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。これらのケース、その他の困難なケースであれば治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。入れ歯などの方法と比べると、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の洗練されたセンスとスキルが物を言うといわれています。それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ということであり、その分高額になっているのです。全てのインプラント治療にとって大事なのが自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるためたくさんの症例を治療してきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。また、それに加えて、費用面での疑問に応えてくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが歯科医を決めるためには重要なことです。歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーの発症例も少なくなっています。インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的な治療がスタートするので安心して治療を受けることができます。そして、治療終了後のメンテナンスを欠かさず継続することでより快適に、長期間使えるようになるのです。インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、ケアはそこで終わりではありません。治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、どうしても自分次第のところがあります。歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。入れ歯では噛んだ感じがしない方や、または単純に入れ歯は嫌という方にはインプラントは最適です。インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を重視する方には最適です。忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保するのがとても大事です。美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもリスクを背負っています。最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで絶対治療できないとは言えません。きちんと歯科医に相談することが大事です。歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部を支えとして残すことができれば上から冠のような形のクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。これに対し、抜歯した後は、もし、入れ歯を採用しない場合、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。最近よく耳にするインプラントは、何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工の歯を作ることだと考えてください。歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので当然、その度に費用を支払います。特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診を受けるように言われます。定期検診を受ける費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず約三千円とみれば良いでしょう。普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の費用を支払うことになります。全てのインプラント患者にとって、治療費が気になるのは当然です。現実には、治療費といっても歯科医院それぞれで幅があるのが普通です。この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に設定できるのです。大まかな相場はありますので、心配しないでください。インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが相場です。インプラント埋入手術の直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。人工歯根を埋め込んだことで、その周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが自然な流れです。実は他の問題が隠れていたということもありますから、違和感がおさまらないときは速やかに歯科医の診断を受けることが治療を成功させるために必要です。一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、トータルで30万円から40万円と考えてください。地域によってかなり料金は異なります。また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も料金はずいぶん違ってきます。費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。できればいくつかの歯科医院を比べ、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。ここで重視すべきなのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。多くの歯科医院では現金一括払いだけでなくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。様々な事情から、他の治療が受けられない方に適用されます。クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由で必然的にインプラント治療になるというのが、多くの患者さんの実態です。インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。様々なインプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという説があったのではないでしょうか。でも、気にしなくて良いです。磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。インプラントには主にチタンが使われており、金属ですが、磁気には反応しません。そのため、MRI検査は問題なくできます。最近よく聞くようになったインプラント。差し歯とはどう違うのか見てみましょう。読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。そのため、歯そのものを抜いてしまうと、差し歯は利用しようがないということです。さて、そこでインプラントですが、これは歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても利用できるのがインプラントの強みです。他の歯科治療と同じように、インプラントにもある程度のリスクを伴う治療です。失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体に生じた問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど外見が損なわれる可能性もあります。こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はともかく慎重に決めてください。新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。この点は、歯科医の技量や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、必ずこうだと言い切れるものではなく、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。痛み止めの薬などを服用して、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも腫れや痛みが収まらない場合は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるのでほとんどの患者さんは、手術後、違和感を生じるのが当たり前の反応です。数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので違和感を感じてもくれぐれも触らないようじっと耐えてください。しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因を探り、対応していかなくてはなりません。急患でも診療を受けることが必要です。欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。口を開けたところを見ればどちらかというとインプラントが高い評価を得るでしょう。ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛い面があります。インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースのインプラント治療でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、治療の成否に関わる問題です。感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で公開している歯科医院もどんどん増えているので、そこで調べるのも良いでしょう。ご存じの通り、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。ただし、問題なく医療費控除を受けられます。確定申告することではじめて、医療費控除の対象になりすでに収めた税金を取り戻す申告をします。確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医で発行した領収書は医療費を払った唯一の証明ですからなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医に出会おうとすれば、日本だけでなく、海外の歯科医を探すということも考えていきましょう。そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、そう簡単に断念せず、できる限りの情報を手に入れることをがんばってみましょう。現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくインプラントの埋入まで行けないこともあります。でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。歯科医の腕と設備次第で、少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療は決して不可能ではありません。通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探すことが必要です。歯科治療の現場は日々進化を続けています。最近は、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、歯がグラついて違和感を覚えるなどの事例もあります。そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足の影響が多分にあります。技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科で治療を受けるようにしましょう。耐久性の面で、インプラントはどうかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというケースが増えています。とすれば、普段のメンテナンス次第で長期にわたって維持できますが、日頃のケアが行き届かないと取り返しのつかない事態が起こってしまうと考えなければなりません。インプラントは決して虫歯になりませんが、お手入れを必要としないとは誰も言っていません。義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病を引き起こすこともあるのです。残存している歯と同様に歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、まずは口腔内をきれいに保ってください。異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Haru
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/o7loi93s3wneva/index1_0.rdf