学術担当の薬剤師の仕事

November 14 [Thu], 2013, 16:55
薬剤師の仕事にはいろいろな種類があるそうですが、学術担当として働く方もいるのだそうです。
学術担当の薬剤師がどのような仕事をしているのか気になったので、調べてみることにしました。

学術的な仕事の中にもいろいろな種類があるようなのですが、研究職・臨床・MRといった感じで種類が分けられるそうです。

研究職を行う方は、新薬の開発や薬の改善などを行うため、薬剤師として高い知識を求められるのだとか。
臨床は、患者さんのデータを見て薬剤の投与量を調べたりするそうです。医師と患者さんとの間に立つ大切な役割を担っているのですね。
MRの仕事は、医療機関などに薬を売り込みに行く仕事をするのだそうです。

このように、学術担当の薬剤師の仕事内容を見てみるとどの仕事に就くかによって内容が全く異なるのですね。
どの仕事も給与が高く薬剤師に人気があるようなのですが、MRに関しては人手が不足しているところが多いのだとか。学術担当の仕事に興味のある方は、MRの求人であればでに入るかもしれませんよ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:奈津実
読者になる
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/o7bjepfb/index1_0.rdf