炭鉱住宅 解体始まる 消える「ヤマの記憶」福岡・田川(毎日新聞)

June 11 [Fri], 2010, 22:59
 「炭都」と呼ばれた旧産炭地・福岡県田川市の松原地区で7日、市内最大を誇った炭鉱住宅街の解体が始まった。かつての住人らが思い出話をしながら作業を見守り「やっぱり寂しい」などと漏らし、市民からはまた一つ消える「ヤマの記憶」を惜しむ声も聞かれた。

 同市には最盛期の1960年代初頭、6130戸の炭鉱住宅があった。松原地区には約3割が集中していたが、現在は空き家となった115戸が残るだけ。それでも「昭和の面影」を評価され、08年からテレビドラマ「警官の血」や、映画「信さん・炭坑町のセレナーデ」のロケ地になった。

 ◇跡地に市営住宅

 市民から保存を求める声も上がったが、市は「管理維持に巨額の費用がかかる」として全戸解体の方針を決め、72戸が7月末までに取り壊されることになった。残る住宅も今後解体される。跡地には市営住宅などが建てられる予定だ。

 この日は午後1時から、危険防止のため柵で囲った地区に作業員が入り、倉庫を重機で押しつぶし、廃材を運び出した。

 元三井田川鉱業所の鉱員、矢田政之さん(79)=同市新町=は「炭鉱の男たちが真っ黒になって帰っては酒盛りをし、子どもをしかる女の声でにぎやかだったのが夢のよう。肩を寄せ合った暮らしをしのぶ長屋を、1棟だけでも残してほしいとまだ思っている」と話した。【林田雅浩、小畑英介】

松本清張「砂の器」 島根・亀嵩 「おんぼらと」に癒やされて(産経新聞)
菅新首相に期待57%、比例投票先は民主34%に急伸(産経新聞)
W杯は大丈夫!? 元駐在員が教える南アフリカの治安状況(Business Media 誠)
郵政法案は「臨時国会で」 民主・輿石氏(産経新聞)
<菅首相>重要法案成立に意欲 会期延長検討(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/o7alx9kf/archive/20
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。