親子4人死亡…連休初日に3世代家族を襲った炎(産経新聞)

April 30 [Fri], 2010, 10:14
 大型連休初日の29日、3世代の家族6人が暮らす住宅を炎が襲った。東京都足立区東伊興の建設業、高松貞次さん(63)方が全焼した火災では、親子4人が死亡し、貞次さんら2人がやけどを負った。近隣住民らは「仲の良かった家族が何でこんなことに…」と悲痛な表情で語った。

  [フォト]亡くなった千穂さん、大和君

 「火事だ!」。高松さん方の隣に住む建設業の男性(70)は、自宅玄関の扉をたたく音と怒声で、火の手に気付いた。

 高松さんは男性方のホースを握りしめて水をかけ、必死に火を消し止めようと試みたが、火の勢いが衰えることはなかった。高松さんの妻、和子さん(63)は炎と黒い煙に包まれた家の前で、長男の和一さん(36)らがいる2階に向かって「窓から(孫2人を外へ)放って」と泣き叫んでいた。

 高松さん一家の知人らは「仲の良い家族だった」と口をそろえ、人柄をしのんだ。和一さんの同僚の男性(67)は「あんなに仲の良い家族は珍しい。本当に信じられない」と肩を落とす。別の男性(73)は「和一さんは腕のよい大工で気さくな人だった。本当に残念だ」と話した。

 近所の住民らは、家の回りを楽しそうに駆け回る和一さんの長女、千穂さん(11)と長男、大和君(8)の姿を振り返った。

 近隣の女性は「2人は本当にかわいらしかった。キャッチボールや駆けっこをして、歓声をあげていた」と目を潤ませる。2人と同じ小学校に通う男児(11)は「仲良くいつも一緒に登校するのをお母さんが笑顔で見送っていた」と話した。

 2人が通う区立東伊興小学校は30日朝、全校集会を開く予定。高橋守穂(もりお)校長は「新学年がスタートしたばかりなのにこんなことになって…。命を大切に2人の分もがんばって生きるよう生徒に伝えたい」と話した。

【関連記事】
親子4人の死因は全身やけどの可能性 東京・足立
子供2人の身元を確認 東京・足立の4人死亡火災
住宅火災で4人死亡 東京・足立区
電気スタンドがカーテンに引火? 滑川の民家で部分焼
車燃え赤ちゃん顔にやけど 千葉・船橋

「帰化」発言の撤回を拒否=福島社民党首に反論−石原都知事(時事通信)
小沢氏起訴相当 再捜査、検察に壁 聴取に時間、新証拠難しく(産経新聞)
<栃木市長選>鈴木氏が初当選(毎日新聞)
9項目の「検討の視点」を了承―規制・制度改革分科会WG(医療介護CBニュース)
<火災>住宅3棟ほぼ全焼 焼け跡から男性の遺体…千葉(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/o7alx9kf/archive/13
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。