多いかもしれませんね。

October 12 [Thu], 2017, 17:31
引越しを自分でやってしまおうと考えている人も一人暮らしなどの場合は多いかもしれませんね。引越し屋さんを使わずに自分で引越しする場合の、メリットとデメリットについてそれについて紹介したいと思います。はじめに、引越しを自分でする場合のよいところとしてはまずは、引越し業者に支払うお金が必要ありませんから、安く引越しができるということがあります。それから、引越し業者を使わないほうが気楽に引越しできる部分もあります。引越し業者に頼むと、初対面の引越し業者のスタッフに、どうするのかいろいろと説明したりあまり他人には見て欲しくない荷物もあったりして、作業はしてもらえますが、なにかと気疲れするものです。引越し業者に頼まないで自分でする場合は、家族や仲間など知っている者だけでやるわけですから、楽しいというメリットもあります。引越し業者を頼まないで引越し作業をするのは、メリットだけでなくデメリットもあります。引越しを自分で行う場合の困ったところは後で考えてみると、引越し業者に頼むより高くついてしまったということになることもありがちなのです。仲間同士で引越しを手伝ってもらう場合は、食事をおごったり、何かお礼のものをあげたりしますから、トラックやワゴン車などを借りてきたり結局、引越し屋さんにやってもらうよりも高くついてしまったという話もよく聞きます。そして、自分達だけで引越し作業をする場合は、引越し会社の作業員のように、教育されたプロの作業員ではありませんから、引っ越し作業については素人ですから、荷物を壊してしまったり、トラブルもいろいろと発生するものです。現実にそういうこともあるので、引越し業者を使わない方法はメリットもありますが実際にはそうでもなかったということもありますので、一応そういうこともあることを知っておくとよいと思います。
引越業者へのご祝儀について紹介したいと思います。引越の際には業者の運転手や作業者に気持ちばかりのご祝儀を渡す以前は、そうしていた人も多いと思いますが、現在は、引越会社の人にご祝儀を渡しているのは一般的ではなくなっています。チップは引越しの業者によっては受け取らないという決まりの会社もあります。ご祝儀というのは必ずしも現金に決まっているといったわけでもなく、ジュースやコーヒーを配ってもいいと思います。日本では、ご祝儀は外国のチップなどとは違って自分の気持ちとして渡すものですし、渡さなければ失礼とかそんなことでもなく、最近では、あまり一般的でもなくなっています。渡すとしたら、いつチップを渡したらいいのかとそういうことを考えることもあると思いますが、一番初めに作業を始める前に渡すというのもよくあるパターンかと思いますし、その他、休憩時間に渡すという方法もあるかと思います。そして、作業が終了した段階で渡すというのも、そうしている人も多いと思います。チップにはいくらぐらいなものなのかということについてはふつうは一人500円から1000円くらい、全体に渡す場合は人数にもよりますが5000円〜10,000円くらいで一般的なのではないでしょうか。飲み物やお菓子などであればそこまで必要でもないでしょう。
引越し業者への見積もりはインターネットを利用してもできます。インターネットでどうやって引越しの見積もりをするかといいますと、インターネットから、色々と引越し先の条件を入力することで、オンライン上で一括して、沢山の引越し業者から見積もりをしてもらうことができるのが便利なので、使う人も多くなっています。多くの引越し業者に自分で見積もり依頼の連絡をするのはなかなかめんどくさいですが、これを使うと、たった一回で済んでしまうこともあって、最近は人気があり、利用者も年々多くなっているようです。残念ながらこの一括見積といいますのは、あくまで概算見積もりの範囲であり、実際の引越し料金を見積もりしてもらうためには、実際の荷物や搬出経路などを確認して、見積もりをしてもらうという方法になります。ネットの一括見積の便利なところは、自分でたくさんの引越し業者に見積もり依頼をしなくてもよいという点で、それによって、業者の見積もりを比較することができることです。各引越し業者を比較することによって安くてサービスもよい引越し業者がわかりますから、一番条件のよい業者を選ぶことができるということです。実際に引越し料金は業者によってけっこう差がありますから、ぜひとも使ってみるといいと思いますよ。
大分 鳥取 引越し