七五三に間に合わないかも・・・

April 16 [Wed], 2014, 19:35
汁物は蛤のお吸い物や魚、松茸といったように、身近なものから高価なものまでさまざまです。
例えば、節句と誕生日が近い場合は同時に行う、生まれて間もない時期に初めての節句が来る場合は翌年に延期するなどです。
写真館では撮影のプロが、子どものいちばん良い顔を撮ってくれます。
子どもが生まれてから100日までの祝い事であるお七夜では、とくに決められた服装というものはありませんが、基本的に赤ちゃんには、産着が着せられることとなります。
お七夜の際には、お赤飯や鯛の尾頭付きなどといった、さまざまな祝い膳が振る舞われることとなります。
髪が伸びていて結うことができそうであっても、美容院で支度をしてもらうことは3歳の子どもにとって負担になります。
お宮参りで写真を撮るコツとして絶対的な方法はありませんが、親の愛情が感じられる写真であれば何でも良いのです。
着物の保管、手入れに関する知識もありました。
これは、「帯解(帯祝い)」といいます。
また、とても便利なものが料理の宅配です。
子どもの成長をお祝いする七五三に合わせて服装をきれいに整えたときは、髪型もかわいらしくしたいものです。
江戸時代から、端午の節句は武士道を尊ぶものへと変化していきました。
実際には子どもの顔がきちんと向いていなくても、家族でお宮参りへ行ったことがわかる写真であればどのような写真でも良いのです。
端午の節句には今でも兜を贈る習慣が残っていますが、これは歴史の中で変化してきたものです。
身内の人が贈り物を贈る場合には玩具や衣類、ギフト券などが喜ばれています。
七五三Thinking
七五三入門編
七五三ブログ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:o6la1mex
読者になる
2014年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/o6la1mex/index1_0.rdf