妊婦にとって大切な栄養素は幾つ BASENAME: post6

March 19 [Sat], 2016, 23:44
妊婦にとって大切な栄養素は幾つかありますが、その中でも近年注目を浴びている葉酸や、女性が妊娠するために不可欠な成分である鉄分は、不足しやすいものです。



普段の食生活では摂取量が足りていないという方が殆どですから、サプリで補給するのが簡単でしょう。最近はこうしたサプリメントの利便性が見直されて、鉄分と葉酸の両方を含有するものも売っていますから、葉酸と鉄分が両方入ったサプリを選べば、負担無く、必要な栄養素を摂取できるのではないでしょうか。治療段階で判明する不妊の原因というと、まず、排卵そのものが困難な排卵障害と、受精卵が子宮に着床しにくい着床障害など女性由来の場合と、精子が微量かほとんどない無精子症や性機能障害など男性側の原因とが考えられます。
しかし、どれか一つをたまたま見つけて解決したところで不妊が治るかというとそれは疑問です。
両親そろってこそ赤ちゃんは出来るのです。両親ともに受診して検査を受けると確実ですし、時間を無駄にすることもありません。野菜の中でも、多くの葉酸が含まれているものは、小松菜や菜の花、近年高い栄養価で有名になったモロヘイヤなど、青菜と呼ばれるものが該当します。



赤ちゃんを授かったあと、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、赤ちゃんの先天的な脳異常の発生リスクを低減するらしいのです。
毎日野菜を食べるのがつらい場合には、他の食材で葉酸を摂取しても良いでしょう。納豆やホタテといったもので葉酸を摂取するのを勧めたいものです。親友の話なのですが、妊活を頑張っていた頃、よく漢方を飲んでいたと思います。

彼女によると漢方には、妊娠しにくい体質を改善させる効果があるようでした。漢方であれば、妊娠中でも飲むことに抵抗がありませんね。彼女が飲んでいた漢方が効いたのか、赤ちゃんを妊娠しましたので、みんなでお祝いを計画しています。不妊を考えるとき、ストレスは無視できないでしょう。生殖ホルモンの分泌を乱すストレスは、子宮や卵巣の機能が低下することがあります。
妊娠を望む家族の声や、当事者ゆえの焦りなどが不妊治療に通ううちに高じてくるというパターンもあって、ますます追い詰められるという繰り返しも、ないわけではありません。周囲も本人もおおらかな気持ちを持つことが妊活の最初の一歩とも言えるでしょう。葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、ほうれん草やブロッコリーに多く含有する栄養素として知られています。



葉酸は、妊娠初期に特に重要となる栄養素です。

それは適切な摂取によって、胎児の先天的な障害を負うリスクを下げて健康な成長を促す効果がある為です。
また、流産といった危険性を下げてくれるとの研究成果が出ています。

厚生労働省が推奨するように、妊娠の初期の段階で葉酸の摂取を1日に400μg摂ることを勧告しています。


手軽に摂るならば葉酸のサプリメントで不足分を補給しても良い選択だと思います。
葉酸の摂取期間についてお話しします。皆さんご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において重要であると厚生労働省が発表しています。
ところで、妊娠中期や後期の女性には、こうした摂取が必要ないのでしょうか。実際にはそんなことはありません。


葉酸の持つ効果の中で最も重要な、胎児の先天性異常に対する発症リスクを低減してくれるという効果のみに注目した場合、妊娠初期が注意が必要な期間ですので、この時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。葉酸も、摂りすぎてしまうと副作用が出てしまいます。例えば寝つきが悪くなったり早くに目が覚めてしまうといった不眠症の症状や、食欲不振や吐き気などの内臓疾患、あるいはむくみなどです。



特に妊娠初期の方は、体調や栄養を気になさると思いますが、かえって良かれと思って葉酸をたくさん摂りすぎてしまう傾向があるので、気をつけましょう。



葉酸の摂取は、バランスの良い食事で摂ることが理想です。ですが、どれだけの葉酸を摂取したのか分かりにくい事もあると思います。そうした場合、サプリを利用すれば、一日に葉酸をどれだけ摂っているのか簡単に管理できますから、きちんと葉酸をとろう、と考えている方には是非試してもらいたいですね。
胎児のための栄養を一番に考えている妊活中の女性にとって、普段から飲んでいるお茶の栄養も気になりますよね。

普通、妊活中の方が良く飲むお茶としては、タンポポ茶やルイボスティーが良いそうです。これらのお茶はカフェインが入っていません。いつ赤ちゃんを授かっても不思議ではない女性にも、胎児にも負担のかからない、優しいお茶だという事が分かります。中でも鉄分を含有しているルイボスティーは、飲むだけで貧血を改善できるという話ですから、妊娠が分かってからも、積極的に摂取したいお茶だという事ですね。



妊娠を希望する方や計画している方が、気を付けてほしい事は、食事ですね。妊活を行っているということは、いつ妊娠しても不思議ではないですよね。ですから、産婦人科や検査薬で妊娠が分かる以前から、十分な栄養を摂り、受胎後の赤ちゃんが元気に成長できるように備えておきましょう。

妊娠初期には不足しがちな栄養素がいくつかありますが、なかでも葉酸はこの時期に必須となる栄養素です。
妊娠とは、妊娠検査薬によって発覚するより前から妊娠はすでに始まっているのですから、受胎時に栄養不足などの事態に陥らないよう、妊活をしている方は、なるべく早い段階で十分な葉酸を摂取し、赤ちゃんを元気に育てられるように備えておきましょう。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/o5cqe554437/index1_0.rdf