血糖値と飲酒

October 25 [Thu], 2012, 12:12
血糖値とアルコールの摂取
お酒は、適量を飲んでいれば血行がよくなったり、ストレス発散になったりします。しかし、飲み過ぎると肝臓や心臓に負担をかけるので適量を飲むようにしましょう。
血糖値をコントロールしているときや糖尿病を発症している場合は、アルコールの摂取は控えるようにしましょう。お酒は、適量を飲めば、動脈硬化や高血圧によいと言う考え方もありますが、血糖値が高いとき、この認識は間違いです。健康志向の高まりに伴って、カロリーを抑えたものや糖質が含まれていないビールなどが販売されていますが、たくさん飲めば、体に与える影響が上がります。ですから、適量ならいいだろう、という考えよりも、糖尿病の治療をしているから、お酒はやめようと考えた方がよいでしょう。
アルコールの摂取で懸念されることに、おつまみの食べ方があります。居酒屋などに行くと、おつまみとしてから揚げやフライドポテトなど、油で揚げたものが多くあります。お酒を飲みながら、これらのようなものを食べるとおいしく感じられますが、高カロリーで脂肪が多いので、血糖値をコントロールしているときは、避けなければなりません。お酒を飲むときのおつまみは、サラダや野菜スティックなど、低カロリーのものを注文するようにしましょう。
しかし、糖尿病の治療中や血糖値をコントロールしているときのアルコール摂取は、主治医に相談して適量を把握したり、アルコールが血糖値にどのような影響を与えるのかよく認識するようにしましょう。http://c7x6n35a.dtiblog.com
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まさこ2mr2
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/o3mfeyo9/index1_0.rdf