芸能人と逆流性食道炎

May 22 [Thu], 2014, 12:19
芸能人にも多く見られるようになった逆流性食道炎は、1週間くらい薬を飲めば、一般的に9割前後の患者さんの自覚症状は消えてなくなりますが、さりとて食道粘膜の炎症反応そのものが完全に引いたことを意味しないのです。

内臓脂肪症候群(メタボ)であるとは言われなくても、内臓に脂肪が多く付着しやすい型の悪い肥満症になることにより、様々な生活習慣病を引き起こす可能性が高まります。
ストレスが蓄積してしまう経緯や、便利で効果的なストレス対策法など、ストレスの適切な知識を保持している方は、それほど多くはありません。

アメリカやEU圏では、新しい薬の特許が満了した1ヶ月後、製薬市場の約8割がジェネリック(後発医薬品)に変更される医薬品もあるほど、ジェネリック(ジェネリック医薬品)は世界各国で親しまれているという現実があります。
暗い場所では光不足によって見るのが難しくなりますが、更に瞳孔が開くため、眼のレンズのピントを合わせるのに多くの力がかかってしまい、結果的に日の差す所でモノを眺めるより疲れやすくなるのです。

めまいが診られず、片耳だけに出ることの多い耳鳴りと難聴のみを幾度も発症するパターンのことを区別して「蝸牛(かぎゅう)型メニエール病(Cochlear Meniere's Disease)」と呼ぶような事例もあるようです。

拡張期血圧90以上の高血圧が長い間続くと、血管に重い負担がかかった結果、頭から足までありとあらゆる場所の血管に障害がもたらされて、合併症を併発する率が大きくなると言われています。
過飲過食、肥満、喫煙、消費カロリーの低下、精神的・肉体的なストレス、老化といった様々な誘因が集合すると、インスリン分泌が減少したり、機能が悪くなったりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病を発症するのです。

鍼灸用のハリを体に刺す、という物体的な程よい何か所もの刺激は、神経細胞を活性化して、神経インパルスと称されるいわば電気信号の伝達を引き起こすのではないかという考え方が浸透しています。
老化が原因の耳の聞こえ辛さは段階を経て聴力が落ちていきますが、大体は還暦くらいまでは聴力の衰えをはっきりと認識できないものです。

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)とは睡眠中ではなく目覚めている状態で生命活動を保つ(心臓、鼻からの呼吸、腎機能、体温や筋肉の緊張のキープなど)ために欠かせない理論上の最小限のエネルギー消費量のことをこう呼んでいるのです。

最も大きな臓器である肝臓に脂肪やコレステロールが蓄積した脂肪肝という病気は、肝硬変や糖尿病に始まる様々な疾患の合併症の原因となる恐れがあることをご存知でしょうか。
基礎代謝(きそたいしゃ)とは人間が何もしていなくても使用してしまう熱量のことですが、5割以上を様々な骨格筋・最も大きな臓器である肝臓・脳の3種類が占めるということはまだ広くは知られていません。
コンサートやライブなどの開催されるスペースやクラブなどに設置された特大スピーカーのすぐ近くで大きな音を聞き続けて耳が聞こえにくくなることを「急性音響性難聴(きゅうせいおんきょうせいなんちょう)」と言っています。
杉の花粉が飛散する1月〜4月の間に、小さなお子さんが発熱はしていないのに頻繁にクシャミしたり水のような鼻水が止んでくれない状況なら、もしかしたら杉花粉症の恐れがあるかもしれません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:o3ma0jz
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/o3ma0jz/index1_0.rdf