こんちわ

November 25 [Sun], 2012, 1:08
患者を乗せ病院へ急ぐ救急車に投げつけられた、炭酸飲料入りの瓶。マンション10階からサイレンに命中させたとして、器物損壊罪に問われた元高校球児の男性被告(35)の公判が、東京地裁で開かれた。法廷では、無罪を主張する被告が独特の「アリバイ」と「陰謀説」を披露した。

事件が起きたのは今年6月。午後9時過ぎ、東京・東向島で患者を搬送中の救急車に「ドン」と鈍い音が響いた。フロントガラスをつたい、液体がしたたる。

 救急隊員が車を降りて確認すると、ボンネットのサイレンカバー(約6万8000円相当)が破損し、割れた瓶から炭酸飲料がこぼれていた。

 現場では昨年11月以降、同様の被害が15件発生。警視庁は道路に面した12階建てマンションから投げ込まれた可能性が高いとみて、防犯カメラを設置した。

 しかし、2〜4階を録画した映像で犯行は確認されず、その後カメラを4〜7階に向けても、異変などはなかった。ようやく犯人が映し出されたのは、7〜10階の映像。捜査員の想像を超え、瓶は10階のベランダから投げられたものだった。

 警視庁が住人の男を逮捕すると、被害はぴたりとやんだ。しかし、カメラ映像は不鮮明で直接証拠としては不十分だった上、目撃証言もなかった。被告は10月の初公判で起訴内容を否認、無罪を主張した。

 検察側は冒頭陳述と証拠調べで、被告が無職で、若者向け支援事業の貸付金を受け一人暮らしをしている状況を説明。高校時代に野球部に所属していたことや、犯行の時間帯にアリバイがないことなどを強調した。さらに、捜査段階で郷里の父親が供述した調書の内容を読み上げた。

 「息子はプライドが高く神経質で、自分が正しいと考えがち。また、音に敏感だった」

 一方、弁護側が証拠として採用を求めたのは、被告が弁護人にあて、無実を訴えた手紙のみ。主張を裏付ける客観証拠もない状況で今月2日、注目の被告人質問が始まった。

 被告は犯行があった午後9時15分ごろについて、近所を散歩していたと主張。記憶の根拠をこう述べた。

 「毎日、NHKの『ニュース7』(午後7時〜7時半)、次の『クローズアップ現代』(午後7時半〜7時56分)を見ている。9時54分からはテレビ朝日の『報道ステーション』を必ず見ている。だから、8時半ごろに外出して、9時50分ごろに戻ってきたのは間違いない」

 自室で知人、友人が犯行に及んだ可能性については「友達は一人もいない」と否定。「自分に嫌がらせをする目的で誰かが部屋に侵入したのかもしれない」と訴え、持論を展開していった。

 被告「うちは築20年以上の中古マンションで、カギも安物。セキュリティーは非常に甘いんです。例えば、新聞の購読料を滞納していたときに、取り立ての担当者が建物玄関のオートロックを抜けて、部屋の前に居座ったこともあった。その時は警察を呼んで、帰らせましたけどね」

 弁護人「罪をなすりつけ困らせようとするほど、あなたを恨んでいる人がいるんですか」

 報道番組の熱心な視聴者という被告は、時事的な事件を引用して返答していく。

 「そうとしか考えられません。遠隔操作ウイルスによる冤罪(えんざい)事件がありましたが、現代は昔と違い、考えられないような犯罪があるんです」

 検察側がこの第三者侵入説の根拠がないことを指摘すると、被告は憤りをあらわに。続いて取り上げたニュースは昨年、知人女性宅に侵入し、居合わせた男性を殴ったとして新宿消防署長の男が逮捕された事件だった。

 「なぜか合鍵を持っていて、住居に侵入している。実際に同様の事件は起きているんですよ。消防署長という立派な人だってやっているんですから!」

 誰かが自分を陥れている。被告はその考えに確信を抱いている様子だった。

 「上京してから、いろいろとアンラッキーなんですよね。初めて勤めた会社は給料が未払いになり、労働基準監督署に行っても解決されなかった。東京は、色んなことがありえる街なんです…」

 また、イチローばりの“レーザービーム”で救急車に瓶を命中させた背景として、検察側が指摘した「元高校球児」の経歴については、苦笑いを浮かべて釈明した。

 「野球部の所属は4カ月だけ。初心者で、筋トレとボール拾いばかりしていた。中学では吹奏楽部だったし。それから20年、スポーツなんて何もしていません」

 熱い思いのたけを訴える被告をよそに、男性裁判官は頬づえをつき、退屈そうな様子。質問も淡泊なものだった。

 裁判官「1点だけ聞いておきますが、散歩中にどこか店に立ち寄りましたか?」

 被告「行っていません」 裁判官「じゃあ確かにここにいた、という証拠は残りようがないんですね」

 被告は声を振り絞り、訴えた。

 「私はアリバイのために生きている訳じゃない!」 検察側は懲役1年を求刑。判決は今月28日に言い渡される。被告の主張が採用されるかは不明だが、いずれにせよテレビ以外の生きる目的を見つけ、充実した人生を送られるよう願う。

11月上旬、秋晴れの昼下がり。ゆっくりと散歩する母娘と、その横で足並みを合わせて歩く若い女性の3人連れがいた。小林麻央(30)と長女・麗禾ちゃん(1歳3カ月)母子、麻央の姉・麻耶(33)だった。

麻耶は黒のハーフコートに黒のパンツ、黒の大きなキャップをかぶったカジュアルなコーディネート。麻央は長い黒髪をポニーテールに束ね、モノトーンのニットワンピース姿でベビーカーを押している。ピンクのベビー服姿の麗禾ちゃんは、時折ベビーカーから降ろされると、歩くのがうれしくて仕方がないといったように、とことこ歩いていた。

「娘さんをベビーカーに乗せてお出かけする麻央さんはたまに見かけますが、娘さんが自分で歩いているのは初めて見ましたね」(近所の住人)

“お外歩き”デビュー間もない姪のことを優しい表情で見守る麻耶は、やがてスマートフォンを手に取ると、麗禾ちゃんの動画を撮り始めた。撮影した動画を見せられると、後ろで2人の様子を見ていた麻央の表情も自然と緩んでいた。

麻耶は10月23日放送の『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ系)に出演した際に、「気がつけば30オーバー。本気で結婚したい!」と切実な願望を告白。さらに11月1日付の自身のブログでは《今夜もドラマ『結婚しない』をじっくり拝見しました》と、結婚への意識を吐露している。この日、姉妹は麗禾ちゃんを連れて都内の専門店街にまで足を延ばし、ベビー用品店などで買い物を楽しんだ。

「麻央さんはチャイルドシートを真剣に見ていました。麻耶さんは姪っ子さんの靴を選んでは『これも可愛いね!』と履かせていました。本当に可愛くて仕方がない様子で、とても楽しそうでしたよ」(居合わせた客)

まるで自分が母親であるかのような溺愛ぶりだったという麻耶。オフの日の”ママ体験”で、結婚願望はより膨らんだことだろう。愛らしい姪の存在が、”婚活パワー”の大きな源になっているようだ。

婚活は早く始める事が成功への近道だ。

プチ活は始めやすさをウリにしている婚活サービスを展開している。

東京婚活という近くの人と会いやすいというのはオススメのポイントである。

格安婚活というくらい料金が安いのも若い人が始めやすい。

他社との違いをよく考えて色々チェックする事が、良いサービスを選ぶ事に繋がるので要チェックだ!

韓国メディアの20日付の報道によると、同国のCERI創業経済研究所が仕事を持つ男女231人を対象に「結婚後に専業主婦になるか」「女性に仕事をやめてほしいか」と質問する調査を行ったところ、女性の80%は結婚後も専業主婦にはなりたくないと答えた。

男性の85%も女性に仕事を続けてほしいと考えており、専業主婦になってほしいとの答えは13%。7%の男性は「相手の意思を尊重する」と回答した。



パレスチナ自治政府の故アラファト議長の遺品などから毒性の強い放射性が検出されて再燃した「毒殺疑惑」を解明するため、パレスチナの死因調査委員会は24日、今月27日にアラファト氏の遺体を掘り起こして検体を採取すると発表した。

 アラファト氏はイスラエル軍の軟禁下にあった2004年10月、突然体調を崩してパリ郊外のペルシー病院に入院。11月11日に死亡した。死因には不審な点が多く、パレスチナ人の間ではかねて「毒殺説」がささやかれてきた。イスラエルの関与を疑う声も多い。

 アラファト氏の妻はスイスの放射線物理学研究所に衣服などの鑑定を依頼。今年7月、毒性の強い放射性物質ポロニウムが検出された。妻子は、パリ郊外ナンテールの裁判所に刑事告訴した。

19日、ロシアの週刊誌アガニョークは「中国共産党第18期全国代表大会が閉幕した今、ロシアは中国とどのような関係を保つべきか、中国と対等なパートナーになれるかといった問題を考えなければならない」とする記事を掲載した。中国はすでに世界最大の工業製品生産国、輸出国に浮上しており、2025年までに世界最大の経済体に成長するとみられる。経済成長に支えられ、中国の政治的影響力も大幅に強まり、中国の指導者が「平和的台頭」を強調するものの、中国軍の強大さが注目される背景のもとでロシアは中国の政治、経済と軍事に対する位置付けを勘案しなければならないとしている。環球時報が報じた。

以下は記事の主な内容。

ロシアが領土問題で譲歩した国は中国だけだ。中国とともに加わった国際機構ではロシアは主導的な役割を果たすことができず、近年、中国はロシアからの工業製品輸入を大幅に削減、国際市場ではロシアの武器輸出の主なライバルとなり、対外政策においてはロシアを反米陣営に連れ込む。

中国にとってロシアは唯一の盟友ではなく、望みを叶える上でのパートナーだ。それでもロシアは中国の望みに従うべきか?筆者はその必要がないと考える。中国とは慎重に付き合うべきであり、以下がその3つの理由だ。

1つ目は、経済協力の上で現在、中国への製品輸出は欧州への輸出よりさらに困難であること。ロシア極東とシベリア地域は2009年に中国東北部との協力計画を定めたが、中国人が望んでいるのはロシアの自然資源だけだ。

2つ目は、中国が政治分野で西側諸国のようなものではなく、独自の発展の道をたどっていること。米国や日本、インドなどと拮抗する中国と一致しても、どのような利益が得られるだろうか。

3つ目は、ロシアは欧州での成長を目指すべきであること。ロシアがアジア太平洋地域重視に転じたと取りざたされているが、私は欧州での発展に賛成する。中国からの助けなくしても成績を出せる。しかも中国は北方に新たなライバルが現れることを期待していない。

総じて、中国と付き合う際にロシアは自らの利益を最優先すべきだ。ロシアと中国は敵ではないが、親密な盟友になれる基盤もない。

韓国と日本の財務相らが意見交換する「韓日財務対話」が24日、韓国・京畿道の政府果川庁舎で開催された。対話は8月下旬に開かれる予定だったが、韓国の李明博(イミョンバク)大統領の独島上陸などで両国関係が悪化し、延期されていた。
 韓日財務対話は2006年から開かれている。5回目となる今回は韓国から朴宰完(パク・ジェワン)企画財政部長官、日本から城島光力財務相が出席した。両氏は対話で、自由貿易協定(FTA)=日本側名称:日韓経済連携協定(EPA)=の交渉再開に向けた持続的な努力の重要性を再確認した。両国のFTA交渉は2003年11月に始まったが、2004年11月から中断されている。また、韓日中FTAや域内包括的経済連携(RCEP)など、東アジアとアジア太平洋の経済統合をめぐる双方の意見を交わした。
 先月に期限を迎えた両国の通貨交換(スワップ)協定に対しては、「期限後も両国の金融市場は安定している。今後も両国と世界経済の動向を注視し、必要時に適切な方法で協力を続ける」と従来の立場をあらためて示した。
 韓国側は韓国経済の状況について、実物経済指標がやや回復したものの、国内外の経済環境が不確実と説明。経済活力や民生安定に集中する方針を明らかにした。日本側は景気回復が鈍化しており、保健、農林水産、環境などへの予算執行、規制改革、財政政策を含む総合対策を実施する予定とした。
 朴長官は対話後、記者団に対し、「両国は政治などで緊張局面があるが、こんな時こそ経済分野で協力を強め、その効果が経済以外にも拡大するよう努力することで一致した」と述べた。
 6回目の対話は来年、日本で開かれる。

イオンは来年3月1日以降、中国で展開する総合スーパー「ジャスコ」の店名を「イオン」に順次変更する。

 イオン中国の辻晴芳社長が24日、記者団に明らかにした。香港を含む中国でイオンが展開する総合スーパーは、反日デモで被害に遭い24日に営業を全面再開した「ジャスコ黄島店」(山東省青島市)を含めて36店ある。

 イオンは昨年、日本でジャスコなどの店名をイオンに統一しており、海外でも同様の取り組みを進めている。店名を統一してブランド力を高める狙いがある。

4人組ロックバンド、NICO touches the Wallsの新曲「ランナー」(発売日未定)がTBS駅伝テーマソングに決定したことが24日、分かった。

 12月16日オンエアのTBS系「全日本実業団女子駅伝2012」(前11・50)、来年1月1日オンエアの同「ニューイヤー駅伝」(前8・50)で起用される。

 番組プロデューサーは「タイトルが『ランナー』だし、“俺は俺だけを超えるために走ろう”という歌詞が、心を強く揺さぶるものでした。タスキをつなげるランナーとともに、この曲も駆け抜けてくれればと思います」とコメントした。

 シンプルなメロディーのなかに、歌詞のインパクトが残り、力強いサウンドに仕上がっているという。

 同バンドは若者から大きな支持を受けるロックバンドで、10枚目のシングル「夏の大三角形」が清涼飲料「カルピスウォーター」CMソングに起用されるなど注目。「ランナー」に先駆け、来月19日にはシングル「夢1号」が発売される。

「第4回TAMA映画祭」授賞式が行われ、元AKB48の前田敦子がヒロインとして出演した「苦役列車」で最優秀新進女優賞を受賞した。今後の女優業について聞かれると「いろんなことにチャレンジしたい。来年公開する映画もあります。よろしくお願いします」と目を輝かせた。また、「桐島、部活やめるってよ」で同賞を受賞した橋本愛は「仕事が好きじゃなくて、女優をやりたくない時期があった。でも今作でこの仕事がやっと好きになれた。できるだけ長く続けられるよう頑張りたい」と胸の内を明かした

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:おみ
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/o3ai/index1_0.rdf