リオジーニョとやっしー

September 22 [Thu], 2016, 14:20
インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯になる可能性はゼロですが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスは手を抜くことができません。ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。感染が重篤化する危険性があるので至急歯科医にかからなければなりません。インプラント治療も万能ではなく、基本的には治療の選択肢がそれしかない方に適用されます。抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選択するという患者さんに適用されるのが普通です。インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。入れ歯では噛んだ感じがしない方や、または単純に入れ歯は嫌という方には適用されるのがインプラント治療です。あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつける治療で、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、周囲にもそれと気づかれにくく、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。義歯でも、見た目や使用感を譲れない方にふさわしい治療です。インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に出会おうとすれば、どこの国までも治療を受けに行くことも十分あり得ます。インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、安易に妥協せず、まずもって、情報集めに全力を尽くすことに努めましょう。欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。口を開けたところを見ればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が高い評価を得るでしょう。また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛さもあるのです。希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば従来はできないといわれていた症例でも治療は決して不可能ではありません。現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことが必要です。普通、インプラント埋入手術は日帰りです。部分麻酔を使うため、入院する必要はまずありません。出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、大がかりな手術を入院して受けることもあります。もし、自分が該当すると思われるなら治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。その点は、担当医の技量に加え、患者さん自身のコンディションにもよるので、必ずしもこうなるとは言えず、結局、治療してみるまで分からないということになります。担当医の指示通りに痛み止めを服用し、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みの治まる気配がないときは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。インプラント埋入手術の直後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間の経過ともに落ち着くのが圧倒的に多いです。実は他の問題が隠れていたということもありますから、特に手術後は、異変を感じたらすぐに歯科医に連絡することに努めましょう。インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。ずっと使い続けられるかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、異常に気付くのも遅くなります。ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が必要不可欠です。当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。一般的なインプラント治療は、3つの段階に分けられます。一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。ですから、インプラント治療全体では短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。使用年数はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。ろくに歯磨きもしないでいると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、あごの骨が浸食されてしまう場合もあり、それだけインプラントの使用可能年数にも影響が出ます。歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。しかし、この治療法も決して万能ではなく、難点もあるということに気を付けてください。まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるということです。インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。いくつか例を挙げると、なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になる場合があることに留意してください。現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、口臭を人から指摘されるようになったという件がたまにあるということです。これでは折角のインプラントが台無しです。理由としては、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっている可能性も考えられます。より深刻な事態を食い止めるためにも、早期に診察してもらうことが大切です。失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントが定着しなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工の歯を作ることだと考えてください。ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根からあごの骨に埋め込んでいるので強度や使用感が天然歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。なお、インプラント治療は全て自費となり、治療にお金がかかることは承知しておいてください。インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。保険がきかない理由ははっきりしています。インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、かみ合わせの調整などに時間がかかりトータルの治療費用は高額になってきます。もしこの治療が保険適用だったら、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。虫歯がかなり悪化して、抜くしかなくなってしまいました。ブリッジでもいいですよと言われましたが他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラント治療に決めました。費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん隣の歯と同じように使えたので私の場合は、インプラントが最適でした。インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので当然、その度に費用を支払います。特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診を受けるように言われます。メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険適用の治療が基本となり三千円くらいと考えてください。全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。全てのインプラント患者にとって、治療費が気になるのは当然です。実は、かかる費用は統一されておらず、歯科医院によって差があると考えるべきです。なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、金額は歯科医院次第です。それでも、相場はあると言えます。インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場です。インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなのでほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるといわれています。腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、違和感を感じてもくれぐれも触らないようここはぐっと我慢してください。しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により何種類かのタイプがあります。インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体である1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにパーツ同士の結合部の形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。年々進化を続けるインプラントの技術。近頃では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それも皆無とはいきません。埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、歯がグラついて違和感を覚えるなど、問題となる不具合が報告されています。これは担当歯科医の技量の低さに起因することが多いといえます。インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使っているためです。インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが不安や誤解がないでしょう。インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかることが必要条件です。さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんもリスクを背負っています。最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで絶対治療できないとは言えません。不安がなくなるよう歯科医に相談してください。歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、日々のケアが欠かせません。毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールを継続した上でインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらう必要はずっと続きます。インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが十分でないと歯周炎などの可能性があります。他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は無視できないものがあります。一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療成功の絶対条件となります。組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは相当の妨げになります。インプラント治療のために何でもできると思うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではがんばって禁煙に励みましょう。簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、歯根部が残っているかどうかの違いです。差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部を支えとして残すことができれば上からすっぽりとクラウンをかぶせる治療ができます。その一方で、歯を抜いてしまった場合もし、入れ歯を採用しない場合、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を検討することになります。初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。差し歯は、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。ですから、抜歯してしまって歯がない場合はそもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。では、インプラントの場合はどうでしょうか。インプラントは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yui
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/o38teg5aiaerne/index1_0.rdf