菊花賞を取る 〜その1・ディープインパクト産駒〜

October 19 [Fri], 2012, 16:49
今週の菊花賞を取る為に昨日から早速色々と考えていました。
菊花賞一番の課題は、出走全馬が未経験となるその距離の適性しかし、昨年はトーセンラー、一昨年にはローズキングム、その前はセイウンワンー等が馬券に絡んでいるように、クラッシク時唐ナは距離適性能力の差となりえるということも考慮しなければならないと思います。
とは言え、やはり適性は大事笑適性をみるには過去のレースぶりを見る事が大事ですが、やはり血統背景も知っておかなければってことで調べてみました。
あくまでこれは俺流のデータ取りなので、異ェある方はどしどしコメントよろしくお願いします笑まず調べたのは、やはりディープインパクト産駒現時唐ナの出走可能馬18頭の中に、約4割となる8頭の登録まず、この産駒を調べる事が先決かと今回の菊花賞の目玉の一つとなるあの馬もいますからね※検索条件芝レース限定連対率複勝率距離別成績10001300m26531614001600m29139717002000m29940821002400m2563502500m417667まずどの距離も平均的俺の勝手なイメージですが、ディープインパクト産駒は16002000mまでが一番良いイメージでしたしかし2500m以上の成績にびっくりサンプル自体は30頭弱と少ないですが、これは無視出来ず京都芝適性313421これも全く問題なし脚質逃げ433495先行433563差し281401追込107174追込はもっといいと思いましたけどね馬体重399s175250400419s243367420439s206325440459s304389サンプル最多460479s340454480499s329438500519s371457520539s520640540s000333サンプル少小柄なイメージが強い同産駒やはり440s450s台が最多しかし意外にも成績が良いのはその平均以上の馬体重の産駒500s以上は特にちなみに520539sの勝率は実に401033925この馬体重を持つディープインパクト産駒が出走してきたら買いですねあきらかに太め残りとかでなければ笑他にも色々調べましたが特筆して書くデータはこのくらい距離の適性の平均的なデータからも分かる通り、ディープインパクトの最大の特徴は母系の特性を色濃く出すことつまり同産駒の適性を知るには、ディープインパクトの種牡馬成績云々ではなく、母系の適性を見る事今回出走予定の8頭の産駒の中で、ステイヤー適性がありそうなのはエタンールロードアクレイム他はやはりマイル2000mが守備範囲もちろんブリちゃん笑もエタンールは全兄のクリサンセマムが条件クラス馬とはいえ2400mで活躍中その母系はサドラーズウェルズ系で母父はモンジュー日本の高速馬場にはイマイチ適合しないが、欧米向きのスタミナとskype 外国 友達パワーは備えているロードアクレイムは母レディパステルの良血母父トニービン兄弟に活躍馬はいないが、母もオークス勝ちや2500mの目黒記念での好走があり、資質は十分ちなみに、あえてもう一頭あげるならディープブリではなくニューイナスティー笑兄弟馬のイナミズム父ラーイはスプリンタープレミアムカード父ネオユニヴァースはマイル2000mまでだが、何といってもその母系はロベルトの血ナリタブライアンやシンボリクリスエス、グラスワンーにライスシャワー等に代表されるようにスタミナは豊富で、この馬も兄弟馬とは違い2200mや2400mに勝ち鞍がある以上の事から、ディープインパクト産駒で買いたいのはロードアクレイムエタンールニューイナスティあくまで血統からだけですけどねしかし、上のディープインパクト産駒のデータは他にも使えると思いますよ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:o2pk7gc47w
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/o2pk7gc47w/index1_0.rdf