相手側に見つからないように、警戒しながら尾行などの調査を

August 19 [Fri], 2016, 21:10

調査料金の時間単価に関しては、探偵社ごとで大きな違いがあるものなのです。







とはいえ、料金という物差しでは探偵が高い技術を持っているかいないかがわかるわけではないのです。







何社も比較することも不可欠です。







既婚者の場合、配偶者による浮気、すなわち「不倫」を見つけて、「離婚しかない」ということを決めた場合でも、「相手に会うのが嫌だ。







」「話するのも嫌だから。







」といって、協議をせずに一人で離婚届を役所に提出するのはNGです。







給料の額あるいは浮気や不倫を長く続けていたかどうかに従って、慰謝料を支払わせられる金額が高かったり低かったりするように感じている人が多いんですが、そんなことはありません。







ほとんどの場合、最終的に支払われる慰謝料の額は300万円といったところです。







調査依頼するのに先立って、忘れずにチェックしておいた方がいいのが、素行調査の際の料金の仕組みです。







調査時間によるものやセット料金、成功報酬といったふうに、申し込む探偵によって要求される基準や仕組みが全然違うので、一番気をつけなければいけないのです。







もちろん離婚をしていなくたって、パートナーを裏切る浮気や不倫についての慰謝料を支払うように要求を法律上できますが、離婚もして請求をしたほうが比較すると慰謝料が増える傾向なのは嘘じゃないみたいですね。







離婚することになる理由には、「生活費が全然もらえない」「SEXが合わない」などももちろんあるのだと考えられます。







しかし、それらすべての原因が「不倫」かも知れないのです。







対応する弁護士が不倫を原因としている場合に、とにかく重きを置いていることは、時間をかけずに対応を行うということなのです。







依頼者が請求人であっても、その逆の立場であったとしても、スピーディーな対応をしなければなりません。







仮にパートナーの不倫問題がわかって、悩んだ末に「離婚する」と自分で決意した場合でも、「相手に会うのが嫌だ。







」「会話するもの嫌だ。







」ということで、協議をせずに勝手に離婚届を役所に出すのはもってのほかです。







やはり離婚をするのは、考えていた以上に身体的な面でもメンタルな面でもかなり大変なことだと言えます。







主人が不倫をしていたことが事実であると判明し、とても悩んだ末に、夫を信じて暮らすのは無理だとなって、離婚することを決心したのです。







妻や夫がいるにもかかわらず浮気、不倫をやったといった状況だと、被害に合わされた配偶者は、不倫相手が侵した貞操権侵害による深い心の傷への慰謝料ということで、支払を要求することが可能です。







夫婦になる前という方からの素行調査のお申込みについても多く、見合いで出会った相手とか婚約者の日常の言動や生活パターンを調べるなんてことも、近年は増加しています。







料金に関しては1日当たり10万以上20万円以下が平均となっています。







一般的に妻の浮気問題についての相談の場合は、やっぱり恥ずかしさとかプライドのせいで、「人様に自分の恥を話すなんてできない」そんなふうに思って、相談に行くのをしないままにしてしまう方が多いのです。







最近話題の浮気調査の依頼を考えているなんて人は、金額のことだけにとらわれず、調査力の水準という観点も十分に確認しなければいけません。







調査能力が備わっていない探偵社に調査依頼したところで、お金をドブに捨てるのと同じことになります。







疑いの心の解消を目的として、「夫や妻、婚約者が浮気をしていないか事実を知っておきたい」そんな願いがある人たちが探偵事務所などで不倫調査の相談をしているのです。







疑念を取り除くことができない結末のケースも決して少なくはないのです。







向こうにバレないように、注意を払いながら調査をしないといけません。







低料金がウリで安い料金で仕事を受ける探偵社で頼んで、調査不可能になるなどひどい結果に陥ること、これは何があっても回避しなければいけません。







費用のうち基本料金というのは、要は最低必要額であって、それに加えて費用全体の額がはっきりします。







素行調査を行う人物が就いている職業、住んでいる住宅の種類、通常の交通手段で違うので、料金も同じではないのです。







自分自身で素行調査をはじめとした調査や尾行をやるっていうのは、いろんな障害があり、相手にバレるなんて不安もあるので、たいていの人が探偵や興信所に素行調査を頼んでいらっしゃいます。







自分自身で証拠に使えるものを集めるということは、いろんな理由で簡単にはできないので、できるだけ浮気調査のときは、信用があってきちんとした仕事が可能な探偵事務所等の専門家に申し込んでいただくのがよろしいと思います。







相手への不信感にこれ以上耐えられなくなって、「パートナーが浮気をしていないか事実を把握したい」なんて状況の皆さんが探偵に不倫調査をさせているのです。







不安や不信感の解消を果たせない結果も決して少なくはないのです。







不貞行為である浮気・不倫によって当たり前の家庭生活を崩壊させ、正式に離婚となることもあるんです。







そしてその上、メンタルな損害の賠償として慰謝料の準備なんて厄介な問題が発生するかもしれないのです。







法に反する行為の損害の請求は、時効は3年間経過すると成立すると法律(民法)で規定されています。







不倫がわかったら、迅速に弁護士の先生に処理を依頼していただくと、3年間の時効問題は持ちあがらないのです。







相手側に見つからないように、警戒しながら尾行などの調査をすることが求められます。







低料金でいいという探偵事務所に相談して、調査続行不可能なんて事態になること、これは何があっても回避したいものです。







難しい不倫調査をやるなら、専門の探偵がいる興信所などで相談するのが最良です。







たんまりと慰謝料をいただきたい人、離婚に向けて裁判するつもりでいるのだったら、言い逃れできない証拠の収集が不可欠なので、絶対条件です。







ところで「妻が他の誰かと浮気中らしい」・・・これについての証拠を持っていますか?浮気の証拠というのは、完璧に浮気している男性だとわかる文面のメールや、浮気相手と二人きりでラブホテルに入る瞬間を撮影した証拠写真や映像等です。







調べている相手に覚られないように、調査の際は慎重にしていただかなければうまくいきません。







低い料金となっている探偵社に決めて、最悪、最低の状況になってしまうことは何があっても起きないようにしたいものです。







別に離婚はまだというケースでも、相手の目を盗んで浮気とか不倫の事実があれば、慰謝料を払えと主張も可能ですが、離婚に至る場合のほうがトータルの慰謝料が割り増しになりやすいという話は嘘ではありません。







加害者である浮気相手に対する慰謝料として損害賠償請求することになるケースの数が急増しているのです。







とりわけ浮気の被害者が妻であったケースでは、浮気相手の女性に「絶対に要求するべき」といった考え方が主流になっているようです。







調査などを申し込みしたら必要になる細かな料金を知りたいと考えるのですが、探偵や興信所の料金がどのようになるのかに関しては、それぞれの場合で試算した見積書を作らないと確かめられない仕組みになっています。







「調査に携わる調査員のレベルや最新の機器を使っているか」で浮気調査は結果が異なります。







浮気調査をする担当個人が発揮する能力なんていうのはどうやっても正確な比較なんて無理ですが、どれくらいの水準の調査機器を備えているかであれば、しっかりと確認できるのです。







離婚が認められてから3年間の期間が経過したら、法に基づき慰謝料を要求することは不可能です。







ひょっとして、時効の完成が来ようとしているのであれば、ぜひ大急ぎで経験と知識の豊富な弁護士を訪問してみてください。








http://s3dibtk.blog.shinobi.jp/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:o2c16td
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/o2c16td/index1_0.rdf