スペシャルなガガガ

November 15 [Thu], 2012, 21:43
遠隔操作されたパソコンからの犯罪予告事件によって被疑者4人が逮捕されたLOVERS サクラ
三重福岡嵩川大阪と各県に拡がっていた。
一週間後真犯人から犯行声明文が送られた。
これでようやく、誤認逮捕ということが明らかになった。
各警察は直ちに被疑者に謝罪したが、それで済む話ではない。
裏付け捜査は十分にされたのか、容疑者とされた人に自白を強要しなかったかは、未だ明らかにされていない。
新手のウィルス対する捜査が十分でなかったとして警察や検察は口をとざしそうな気がする。
最近、正当な意思表示であるデモも不当な逮捕が目立つし、村木厚子さんは冤罪で不起訴だし小沢一郎さんも不起訴が出されたのに3人の指定弁護士の控訴で無罪は確定していない。
一ヵ月ほど前に警察官が2名我が家に来た。
放火事件の聞き込みらしく、門の処での立ち話にも拘わらず、たまたま応対に出た私の名前と所属、生年月日まで訊かれた。
未だに所属や生年月日まで何に必要だったのか納得がいかないでいる。
このように治安と人権を守るはずの権力の象徴たる警察が最近どうもおかしい。
ネット上に犯罪予告を書き込んだ疑いで逮捕された4人は無実の罪を着せられたのである。
これは完全な冤罪である。
誤認捜査どころではない。
これは警察の犯罪である。
県警や検察は揃って謝罪したが、もし真犯人が犯行メッセに秘密の暴露を書かなかったら、4人は刑に服さなければならなかったであろう。
なかにはむしゃくしゃしてやったとか反省しているとの自白調書も警察にはあるそうだが、こうして、今でも戦前の如く冤罪は依然として警察や検察で作られているのである。
考えるとぞっとする思いがする。
遊んでくれてありがとうとも真犯人からのメッセにはかいてあった。
絶対に真犯人を捕まえて欲しいという強い願いと、良心に悖り冤罪を救ってくれて有り難うと、変な二面性の複雑な気持ちでもある。
警察よ、もっとしっかりし給え。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:o213zczc61
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/o213zczc61/index1_0.rdf