【野球】 ベスト・ピッチング! プログラム

September 21 [Tue], 2010, 1:27
【野球】 ベスト・ピッチング! プログラムについて

元千葉ロッテマリーンズ黒木流「ベスト・ピッチング!プログラム」

プロの投手になるために必要な能力を手にいれることが出来る唯一の方法です。

「球速をアップさせたい」   簡単です

「カーブを曲げたい!」    簡単です

「三振を取りたい!!!」   すべて私に任せてください!!!

実践しても三振が取れなかった場合は返金保証します!

もし、あなたが球速アップ、カーブのキレが増す方法をお探しであればこのサイトは必ずお役に立てます。

なぜなら、多くの人が効率良く球速アップでき、カーブのキレを増すことが出来るある方法をお伝えするからです。

まずは、その「ある方法」を実践した方たちの声を御覧下さい。



イニシャル S.T.さん

「左打者にあたってしまいました…」

息子が中学校の野球部に所属していますが、ストレートもあまり早くなく、カーブも気持ち曲がるかなくらいの

カーブしか投げられませんでした。

それでも、弱い学校なので投手として試合には出ていますが、出れば負けるの繰り返しで、本人も負け癖が

ついてしまい、試合で負けても平然としている…

何とかしてあげたいと思い出会ったのがこのDVDでした。

驚いたのは、その説明の丁寧さと的確さでした。

カーブの投げ方を何度も見て、部活でくり返し練習したようです。

練習を初めて1ヶ月後の試合を見に行きましたが、そこでとんでもないことが起きたのです。

なんと、相手の左バッターに対して投げたカーブが、外角を大きく外れたところから急激に曲がり

相手バッターの左足に当たってしまったのです。

今まで見たことがない光景に唖然としてしまいました。

結局試合には負けてしまいましたが、練習の成果がでたのに勝てなかったことが悔しかったようで、

さらに練習に打ち込むようになりました。

今は球速を上げるために、ウェイトトレーニングマニュアルを見ながら頑張っています。


「球速が27キロも上がりました」
I.K.さん

草野球チームに所属していますが、本当に下手で投げ方も変だと言われてバカにされていました。

あまりにも悔しいので、見返してやりたいという一心でこのマニュアルを購入しました。

ピッチャーなんてやらせてもらえないので、とにかく球速を上げて驚かせてやろうと思い、

ウェイトトレーニングを毎日やりながら、投げ方を動画を見ながら部屋で何度も繰り返し練習していました。

2ヶ月ほど経過しましたが、練習を始める前に計ったときは87キロでしたが、114キロも出るようになりました。

自分でも信じられない結果が出て驚いています。

これから野球シーズンに入りますので、試合の時にチームメイトを驚かせてやろうと思っています。

このまま続ければ、変化球も身につけられてピッチャーをやらせてもらえるかもしれません。

黒木さん、本当にありがとうございました。


この方たちは一体何をしたのか?

なぜ、この練習方法で、
一気に球速アップや変化球のキレを増すことができるのか?


5、6分、このサイトを読んでみて下さい。

その方法を初公開していきます!


千葉ロッテマリーンズ・スカウトの黒木純司と申します。

現在プロ野球のスカウトとして、アマチュア選手のプレーを年間何千人と見続けてきました。

私は数え切れないほどのピッチャーたちの問題や、様々なピッチングに関する悩みを解決してきました。


「ピッチングの悩みを解決?

・・・そんな簡単な問題じゃないよ」


と、 あなたの声が聞こえてきそうですが、
辛いカーブがカミソリのようなカーブへ一変する、その方法の全てを今からお伝えしましょう。

「キャッチャーミットを弾くほどキレと球威があるストレート、
カーブが来ると分かっているのに捕れないほど鋭く曲がるカーブを投げることは簡単です。」



私は偉そうに、


「球速アップ」

「大きく曲がるカーブ」

「ピッチャーの悩みを解決できる」


なんて言っていますが・・・


実は正直に本当の事を言うと、私こそ子供の頃にココで悩んでいたのです。


野球を始めたあの日。

これから始まる野球人生に胸をふくらませ、
エースを夢見て入部したものの・・・

少年野球、中学、高校と野球を続けてきた私ですが、
常にライバル達との競争の日々。

ライバルに勝たなければ背番号1を付けることはできない・・・


「やってやろう」


と、いう気持ちで必死に努力をしましたが、現実は・・・


いくら練習しても、カーブ回転が治らない。


伸びのあるストレートを投げるにはどうしたらいいのか・・・


監督に聞いた。

走り込みも毎日やった。

何百球も投げ込んだ。

先輩からボールを握り潰す感覚と言われた。


それなのに・・・

「 なんでカーブ回転が治らないんだろう?」

自分が才能がない人間のように思え、泣きたくなり、 本当に情けなかったです。


そして時間が経つと・・・ ライバル達に差を付けられていく。

ベンチを温める日々が続く。

そしてクサる。


何度も、何度も、いくら練習をしても、 球が速くなるどころか、
遅くなってしまったんじゃないかと思うほど何も変わらないのです。


次第に私の心は折れかけて、周囲に対して気配りをする余裕もなくなり、
野球をやめようかとも思いました。


「伸びのあるストレートを投げるって、こんなにも難しいことなのか?

一体どうしたらいいのか?誰か教えて・・・」

「そんな毎日でしたが…変化は、ある日、突然にやって来ました」

そしてそれから・・・実は、状況は180°変わり
私は今までが嘘のように速い球を投げるようになることができたのです。


なぜ、たった95キロしか出せなかった私が153キロへと一変したのか?


それはね・・・
ある法則を知ってしまっただけなのです。


重心とリリースの法則です。


たったそれだけです。


「たったそれだけって?

そんな簡単に言うけど・・・」


もしかすると、そう言いたくなるかも知れませんね。


しかし私は、その法則を使い、あっという間にカーブ回転の悩みを解決し、
自分の球筋を一変させただけなのです。


そして実際に、数え切れない方のピッチングの悩みを、
その法則により一変させてきました。


その法則の全てを、あなたにお伝えします。


なぜなら、あなたもきっと、


「伸びのあるストレートを投げるには

どうしたらいい?」


「ピッチャーになりたくてもなかなか良い球を

投げれないのが現実」


と、とても頑張っていらしゃったと思います。


私もそうでしたので、そのお気持ちよく解ります。


そして色々悩んで、ピッチャーについて色々な本やサイトなどで勉強したと思います。


だからこそ、あなたに、球速や変化球のキレが一変する法則を全てお伝えします。


だってね・・・頑張ってるのに報われないなんて、悲しいじゃないですか。


練習すればするほど、球が速くなっていくことを実感できることこそ、
野球をやっている、ピッチャーをやっている醍醐味だと思います。


それを、あなたやあなたのお子さんにも実感して頂きます。


それがこのサイトの目的です。


「それが目的って言っても、うちの息子には

無理ですよ。 全然才能ないし・・・」


そうですね、そう思うのも無理はありません。


確かに、「才能がなければ、」「身体能力が高くないと・・・」って、
普通ならそう考えますよね。

私自身、同じことを考えてかなり苦労したので、その気持ちは痛いほど分かります。


でもね・・・


伸びのあるストレートを投げること、キレのあるカーブを投げることって、
そんなに悩むようなことではなかったんです。


そもそも才能があるとか無いなんて、誰が何を基準にして決めるんでしょうか?


身体能力が高い選手だって、周りに何人もいないはずです。


だから、あなたが自分に才能が無いなんて思わなくて全然いいんです。


誰もが持っているピッチングの素質を伸ばしてあげればいいだけですから。


ここ重要なので繰り返します。


誰もが持っているピッチングの素質を伸ばしてあげればいいだけですから。


事実、私は、社会人野球を経てプロ野球選手として活躍することができましたが、
元々速い球を投げられたわけではないですし、ましてカーブのキレなんてない、
ションベンカーブしか投げられなかったんですから。


つまり・・・


才能なんてものは、はじめから誰もが持っているものなんです。

その才能の引き出し方さえ知ってしまえば良いだけなんですから。


その方法さえ知ってしまえば、あなたのピッチングが劇的に変わるのなんて
至って簡単なことなんです。

恐らく、あなたが今、「速い球が投げたい!カーブの切れ味を増したい!」 と思いながらも、

なかなか思うように上達できないのは、以下のような方法で、練習をしているから
ではないでしょうか?


1.自分の経験、他人の経験から、こうだ!と思い込みで練習している。

2.監督やコーチに言われたとおりの練習方法しかしていない。

3.とにかく練習量が多ければいいと思い、やみくもに練習している。

4.筋力が必要だと思い、とにかく筋トレをやっている。


どうです?違いますか?


ズバリ言いましょう。


あなたが、この方法で、ピッチングを上達しようと思っているなら時間の無駄です。

なぜなら、この方法だと、故障するか、運が良くても並みのピッチャーに しかなれないからです。

まず、この方法だと、何をどうやって伸ばすのかが明確でない・・・

ここで、多くの選手が間違った方向に向かってしまいます。


先にも言いましたが、良い練習法や指導法なんて、周りを見渡しても、
そうめったにあるものではありません。

そして、自分がこうだと思い込んだ方法で練習しても、まったく上達 しない・・・

だから、野球は才能がないと上手くならないんだって諦めてしまう。

一番、自分を納得させられる言い訳ですからね。



「黒木さん、じゃあ、一体どうすれば

良いんですか?」



はい、


1.ある方法で、正しい投球フォームをチェックし、そのフォームと
  自分の投球フォームの違いを確認する。

2.投球フォームの違いを確認できたら、正しい投球フォームで
  ボールを投げてみる。


たったこれだけです。


「コレだけって簡単に言うけど・・・」


きっとあなたは、そう思うかもしれません。


でもね、


私は現実にプロ野球選手になることができました。

プロ野球選手として、現在WBCやメジャーリーグで活躍するような
あのスター選手から三振を奪うことができるようになったのです!

そんな有名な選手から三振を奪うなんて!最高の気分ですよね!

だけど、あなたもその方法さえ知ってしまえば、あなたのお子さんが、
「あの選手から三振を取ったよ!しかも全打席!」 と、あなたの目じりが下がってしまうような
嬉しい報告を聞くことができるんです!

この様に、あなたも「キレのあるボールを投げることができる」のです。


「・・・・じゃあ具体的にどうすればいいの??」


はい、そんなあなたの為に、


“ベスト・ピッチング!プログラム”


という特別マニュアルを作りました。


このマニュアルには、球速アップの方法から鋭く曲がるカーブや変化球まで、
ピッチングの全てを詰め込んでいます。

あなたが思うようなボールが投げられないという悩みから開放され、
今までの自分は何だったんだと思うほどのボールが投げられるピッチャーへと
一変させる方法の全てを、具体的に、明確に伝えるものです。


ですから、どんな状況でも、


「こういう場合はどうすればいいのか?」


「具体的に何をすれば、球速アップ、キレのある

カーブを投げることができるのか??」


が一目で解るようになっています。


私が思うように球速が上がらず、カーブのキレが悪くて悩んでいた時に、


「こんな方法があれば・・・」


と思い描いていた方法を実現させ、明確に解説しています。


それでは早速、そのマニュアルの一部分を紹介すると・・・


体全体をフルに使った投球フォームの秘密とは?

ただやみ雲にキャッチャー目掛けて投げていても、体を上手に使った投球フォームは
身に付きません。

『投げる動作というのはいろいろな体の動きを使っています。』

その体の動きを細かく項目に分けながら誰にでも理解できるように解説しています。



肩や肘を痛めない投球フォームを身に付けるには?

『投手に肩や肘のケガは付き物だと考えていませんか?そんなことは決してありません。』

ケガをしてしまうという事はどこか体に無理が生じているのです。

私が、肩や肘に負担の掛からない理想的な動かし方を伝授します。

怪我をしないこと、それはプロ野球選手になるための大前提です。



ランナーがいても焦らないマウンドでの振舞いとは?

試合ではランナーを置いての投球の割合がかなり高いです。

ピッチャーはランナーがいるとどうしても焦ってしまうものです。

そして焦りから普段のピッチングを忘れてしまい、大量失点へと繋がってしまいます。

『プロで中継ぎや抑えの本職として活躍することができた秘密を伝授します!』



この投手だけとは対戦したくない・・・と思われる投手とは?

プロ野球選手でも球が遅いのに活躍してる投手はたくさんいます。

では、

『球が遅い選手が、なぜバッターを抑えることが出来るのか?
バッターはなぜその投手が嫌なのか?』

バッターが対戦したくないという投手になるための投球を身に付けてください。



9番目の野手の秘密とは?

投手の仕事は投げるだけではありません。投げ終わったら投手は9番目の野手です。

一流の投手はフィールディングも一流です。

『体重の乗せ方一つで劇的に守備の意識が変わります。』



ランナーを釘付けにする投球術とは?

これは凄く重要です。

少年野球や、草野球などでは 塁に出れば即盗塁と言うのがセオリーです。

これでは例え速いボールを投げる事が出来ても 試合には勝てません。

もうそんな野球とはサヨナラです。

『牽制を磨き上げよう。これでもうランナーは走れません。』



さらに、まだまだあるんです・・・



グローブをはめている方の腕の使い方とは?

ピッチングはグローブをはめている方の腕の使い方も 非常に重要なんです。

多くの人は特に意識をしないで 投球の流れの中で何となく使っていると思います。

しかし、『この腕の使い方一つでピッチングは大きく変わってきます。』

グローブをはめている腕にもいろいろな要素が詰まっているのです。



死ぬほど曲がる変化球の秘密とは?

ピッチングの軸となる球種はストレートです。

しかし、レベルが上がるに連れストレートだけではバッターを 抑えることが難しくなってきます。

決め球となる変化球を持っているかいないかで、ピッチングが大きく 変わってきます。

ボールを切るカーブの握りと腕の振りの秘密を特別に教えます。

変化球のほとんどをマスターすることができるので、ここぞという時に投げられるボールが
あるだけで、どんな強打者にも自信を持って挑めるようになります。



以上はホンの一部ですが、
この内容を知ってしまったあなたも、 簡単にバッターを抑えることができるのです!


もっと詳しく知りたい方は→黒木流「ベスト・ピッチング!プログラム」


他の方法を知りたい方は→www.baseball-parks.com
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:o1hm1zal
読者になる
2010年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/o1hm1zal/index1_0.rdf