口蹄疫特措法が成立へ=政府の迅速対応を後押し(時事通信)

June 01 [Tue], 2010, 14:08
 宮崎県で広がる家畜伝染病の口蹄(こうてい)疫に対応する口蹄疫対策特別措置法が28日の参院本会議で可決、成立する見通しだ。6月初旬にも施行し、まん延防止対策のスピードアップを後押しする。
 同法により、政府はワクチン接種を含め、畜産農家の同意がなくても健康な家畜を予防的に殺処分できる最終権限を持つ。このほか(1)被害を受けた農家への損失補てんと生活支援(2)政府による口蹄疫対策費の負担―などを規定。2011年度末までの時限立法で、必要経費を約1000億円と見込む。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害
〔用語解説〕「口蹄疫ワクチン」
口蹄疫特措法案、衆院通過
特別交付税補てんに前向き=口蹄疫で自治体支援

「診察しろ」と警察病院訪れる 殺人未遂容疑で28歳男逮捕 職務質問で警官振り落とす(産経新聞)
父の日のプレゼントに メッセージ刻んだ大吟醸(産経新聞)
首相動静(5月26日)(時事通信)
医師、投与認める供述=不同意堕胎事件―警視庁(時事通信)
タミフル副作用で提訴へ=14歳転落死の遺族(時事通信)
  • URL:http://yaplog.jp/o0qvibnd/archive/18
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。