スタッフォードシャー・テリアで林

July 20 [Wed], 2016, 14:40
この時期は乾燥を心配して色々と皮膚のお手入れをしますが、そのようにすることが逆に吹き出物が増加する要因になっているように思うことが時々あります。


いつもは使用しないような化粧品などを使用することが素肌への刺激になり、毛穴のつまりや炎症をもたらして、冬でも吹き出物が出来てしまうケースがあるそうです。

ニキビ跡としてよくある悩みが、肌にくぼみができてしまうことや肌が黒ずんでしまうことです。


クレーターを治すには皮膚治療を専門としている皮膚科で治療しないと完治しませんが、黒ずみに関しては美白化粧品によって少しずつ薄くしていく事が可能です。



ニキビというのは再発しやすい肌トラブルなのです。


治癒したからといってバランスの悪い食生活や不摂生を繰り返していると、すぐにまたニキビはできてしまいます。
ニキビの再発を予防するには、肌の清潔な状態を保つようにし、不摂生な食生活をせず、十分に睡眠を取っていく事が大切なことだと思います。近頃、女性の代表的なニキビの原因のひとつとして女性ホルモンのバランスが乱れていることが考えられます。ホルモンのバランスは、ストレス下に置かれると簡単に崩れてしまうと発表されています。さらに、生理前はとりわけ女性ホルモンの分泌を大きく乱してしまいます。生理前にニキビの悩みを抱える女性が多いのもこの女性ホルモンの乱れの仕業なのです。

ニキビも立派な皮膚病です。わざわざニキビで皮膚科を受診するのも、と少々迷いがちですが、皮膚科で診察を受けるとすぐによくなりますし、ニキビの痕跡ができることもあまりないです。その上、自分で薬局などでニキビ治療薬を買うよりも安価で済みます。
ニキビの症状が進むと、芯を持ったような感じで固くなり、触ると痛みを感じるといった症状が見られます。ニキビが出来てしまった場合、ついその箇所を確かめようと触ってしまいそうになることがありますが、触るとさらに雑菌が入ってしまって症状が長引いてしまうかもしれないので、ケアとしてニキビ対策用のクリームを塗るなどして、清潔に保つようにするのが良いようです。
ニキビが出ると潰すのが常のようです。

しかし、跡が気になるから潰すな、というのがよく聞く説です。早急に治すには、ニキビ専用の薬品が何より効果的だと思います。


潰したニキビ跡にも効能があります。洗顔をして、化粧水・乳液で肌をおちつかせ、ニキビのできているところだけに薬を使用します。



ニキビがおでこにたくさん出た時に、あまりにも見苦しい状態だったので、専門家に診てもらうことにしました。先生から、塗り薬を出しますので、塗布して下さいと言われ、ステロイド系の薬を塗るようにと、処方してもらいました。

ステロイド系の塗り薬は効果覿面ですが、刺激があるので、患部が治ってきたら塗る回数を少しにしていったほうが好ましいそうです。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:隼人
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/o0inlndvgbliwi/index1_0.rdf