転勤は人を変える

January 01 [Wed], 2014, 12:00
転勤に対して抵抗感を示す人は少なくないです。
何せ、仕事も生活も趣味においても大きく影響が及ぶことになりますし、慣れ親しんだ土地や人との別れもあるので、積極的に転勤したいという人は少ないでしょう。
ただし、転勤を経験しないと、管理職に出世できないという会社もあるので、高収入を得るためには、転勤を受け入れるしかありません。
そもそも、会社からの命令なので、逆らえないという面も強くあるわけですが。

転勤による行き先は、会社の事業所があるところや関連会社があるところに限定されます。
しかし、銀行や新聞社といった全国もしくは海外にも事業所が存在する会社の場合は、転勤による行き先が、かなり遠い場所であったりかなりの僻地になるというケースも多々あります。
しかし、今まで全く縁のなかった場所に転勤することが必ずしもマイナスになるとは限りませんし、理不尽だと思える場所への転勤を経験することで、人間的に大きく成長することもできます。

転勤により己の趣味が変わるという人も少なくないです。
元々インドア系の趣味だった人が、転勤で地方に引っ越したことによりアウトドア系な趣味に変わったり、またその逆もあります。
また、買い物の仕方が変わることも珍しくありません。
1日に1回買い物していた人が、転勤により1週間に1回大きなスーパーでまとめて買い物するようになったというエピソードもよく聞かれます。

転勤 大阪による環境の変化は決して些細なことではありません。
我孫子町に引っ越したことにより、以前までの生活が難しくなったという人も少なくないですからね。
かと言って、我孫子町が悪い場所だということではなく、我孫子町には我孫子町の魅力があるので、住めば都になりえます。
なので、転勤で大阪に引っ越すことになった際には、我孫子町で生活することを考えてもいいでしょう。
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/o-tenkin/index1_0.rdf