ひっこし 

2005年04月03日(日) 2時39分
ブログを引っ越します。

リンクをはっていただていた、ありがたくも数少ない貴重な方々には、
お手数をお掛けします。。
新居が快適だといいんですけど。

 http://blog.livedoor.jp/o_la_la/

馬にまつわるエトセトラ 

2005年03月21日(月) 23時28分
今日のゴハンは照焼チキン。
タレを作るの、我ながら上手い、と自賛。

家でこもってばかりもまずいので、何かしら、無理矢理でかける用事が作ってしまおうかと思っています。
着付け教室、或いは、中国語教室、或いは、お針子系教室、或いは。。。
って、文化系習い事ばっかりやん。
体育会系だと
。。。
。。。。
乗馬   
もしもの時に馬しかいなくて、「乗れない」じゃ困るしょ。
ま、そんなシチュエーションないけど。
馬に乗れる人の弾く「賽馬」の方が有り難く聴けるはずだし、
いつか乗らないといけない日が来る気がする。。
二胡の弓が弦の間に挟まっているのは、馬上で弾く時に手を離しても落ちず便利だからです、って
小学生達に説明したことがありますが。。それって本当ですか?
習うより随分前に、関西の画家兼二胡弾きの方から得た知識。

馬といえば昔、家の前を乗馬クラブの馬達が闊歩していったとき、
はじめて馬をみたうちの犬、あまりの驚きに二度見してたのを思い出した。
え?、、ええっ!?  でかくない!?
日本語にしたらこんな感じ。

あともうひとつ。
テレビで競馬が始まると、母は必ず私を呼び止めて
「ホラ、もうすぐおウマさんが走るで!みていきなさい」という。
んー私、一度もウマが好き、って言ったことないんですけど。。
お母さんって、子供の好きなものを想像で勝手にインプットしてることありますよね笑
(そして子供の嫌いなものって、なかなか覚えない。)

なぜだか今日は馬の話題になってしまいました。

メシをつくる 

2005年03月20日(日) 22時54分
物忘れが激しいので、リハビリをかねて料理に時間をかけています。
普通の大人は当たり前にやってることなんでしょうけど。
ここ1年程は、まぜる→完成 とか 炒めて絡めて→完成 みたいなのばっかりでして。
もともと料理はしない女です。ほとんど教わってません。
「アタマを使えば料理はできる」
「料理をしながら片付ける」
というお言葉のみ母からいただいて家を出ました。
でも嫌いではないし、家でゴハンを食べる派なので、まあまあ楽しい時間です。
煮えるまで1曲2曲弾いて待ったりしています。

リハビリとして大事なのは、メニューに載っている必要な材料を記憶して買いにいく、ということと、メニューを読んで手順を理解して作る、ということです。
最近はこんな簡単なこともできないんです。
月曜は、カレーにイモを入れ忘れそうになりました。木曜はスペイン風オムレツとかいいつつ、手抜きでトマトを入れずに作ったら普通のオムレツになりました。そして今日はワカメを買い忘れました。
さすがに食べれないものを作るような大惨事には、しないんですけど。
ちょっと病的な内容ですかね今日は。

今日は、鮭を使った煮物を。
鮭がなかなか切れず、ぐわっと力まかせに掴んだら、クマにでもなった気分でした。カナダの雪解け川の中で、バックドロップをかけて噛み喰いちぎる、、そんな想像をしながらミニキッチンで鮭を一口大に切りきざむ。

おこもり練 

2005年03月18日(金) 21時28分
春眠暁を覚えず、で、練習不足気味だった今月。
楽器を構えてもしっくりこず、、となると気持ち的にそわそわと不安定要素が湧き出るので、今日はまったり二胡練。といっても、ずーっと弾いていたわけではないので、「じっくり」ではなくて「まったり」むしろ「だらだら」
7割がた感覚が戻ってきました。

届いた鏡が予想より遥かに大きくて戸惑う。
置き場所、どうしよう。
引っ越す時、どうしよう。
早速自分の弾き姿を確認してみたら、弓は思った程ぎくしゃくしていなくて、安心した反面、更に鏡の存在がうとましく思えてきた。。。

紫外線は強いけどおもいっきり外で弾きたいなあ。
ツバ広めの帽子探そ。

即戦 

2005年03月17日(木) 0時14分
「ね。ちょっとその二胡弾いてみて〜」の逃れかた

1:「いやーまだまだなのでお聞き苦しいですよ」
2:「みんなまとめて食中毒ですよ」
3:「あと10年待っていただければ。ぜひ」
4:「演奏にあわせて踊っていただけるなら。」

最近、よく使うのは2か4。
そんなゴネずにとっとと弾いてしまえばいいのですが。いいですよ、と言わせない空気やもんなあ、結局。笑って逃げてます。
そんな感じで二胡は不調です。
カガミは早速届きました。はやくて驚き。

矯正 

2005年03月13日(日) 21時02分
弓を弾く角度がよくない時がある、と言われたので、鏡を購入しました。
出無精には便利なヤフオクで、ささっと落札。
800mm×600mmなので独り住まいには少し大きいかもですが、弓をひいた時に先までみえないと意味がないので、このサイズにしてみました。
現実どれだけヒドイのか、ちょっと不安です。
がんばらないとねー。

ホールの神様 

2005年03月12日(土) 1時30分
イベント施設のホールで裏方仕事をしました。
開場前のロビーを受付用にセッティングしたり舞台裏をバタバタ走って、気がついたら一日が終わっていた、という感じです。

楽屋や舞台袖でいると、ここでどれだけの人がどんなふうに時間を過ごしたんだろう、と思います。不安だったり期待だったり、いろんな「念」みたいなのが溜まっている場所。そんな場所に今自分がいるということが有り難い。
中学生の頃、舞台は観客席とは世界が違っていて、舞台側には神様がいるから、という話を聞いて以来、舞台袖にくると宙を見上げる癖があります。
何か見えたことはまだないんですが、おそらくいると思いますよ。
加護してくれる神様と邪魔しにくる神様がいて、どっちの影響を受けるかは自分次第。
自分が強くないと、邪魔する神様がたちまちまとわりつきます。喰われてしまったら厄介です。なので、裏に入ると姿勢を正してお腹で呼吸をするようにします。(きやすめ)
そして、舞台袖上空の神様によばれたからこそ、その瞬間その場所にいるんだろうと思っています。
「縁」ですね。
今日私が動いたことで、観客席の方々に少しでも良い思い出が残りますように。




微妙? 

2005年03月11日(金) 0時55分
喉に違和感があったので、ホットコーラを飲みました。
香港でカフェとかレストランに入ってコーラを注文すると
「熱(イ)?凍(ドン)?」ときかれます。
もちろんコーラは「熱」でオーダー。

日本でその話をするとほぼ100%ブーイングがくるけど、喉にいいんですよ。
作り方は簡単。
コーラを鍋で熱する→砂糖と輪切りレモンを適量いれる→完成 
ホットといえども、カップではなくグラスに注ぐのがポイント。
炭酸が抜けた分はレモンの酸味でカバー。レモンをぐちゃぐちゃ潰してのみます。
風邪気味で喉にきたなあって感じの時は、飲んでいます。

洋梨の砂糖煮込みも、食べると一晩で喉回復。
これは、中国のディスコ(クラブではなくてあくまでディスコ。。)で遊んだあと、友達が作ってくれました。
ガラガラの喉にすーっとしみてって、きいてるなあって実感できるし、喉だけではなくて、心身ともにリフレッシュできるんです。お休み前にとるのが最適かと。
自分で作るときは、砂糖具合がよくわからないので、缶詰の洋梨をシロップと一緒に煮込んでいます。レンジで温めても大丈夫。

どっちも人からは微妙だと言われますけど、、不味くないからやってみて!
不味くてもやってみて!

名言 

2005年03月09日(水) 23時53分
スカパラの谷中さんのインタビュー記事から仕入れた話題。

デューク・エリントンが、こういうことをいってるそうです。
「ある楽器を構えた時に似合うかどうかで、その人の音楽人生は80%以上決まる」
これ、頷けるなあ!
確かにファッションと同様に楽器にも似合うものと浮いてみえるものとありますよね。楽器にも性格はちゃんとあるし。内面的にウマが合っているから外見的にも似合うんでしょうね。結果、長い付き合いになれるんじゃないかと思います。

「もちろん楽器が似合うように頑張ってきた」と谷中さん。
楽器に似合うように頑張る。
自分も、そうであるようにいつも努力していたいと思います。
最近、二胡への接し方がマンネリになってきたところだったので、気持ちをいれかえて、色々やってみます。
あんなこと。こんなこと。

木琴とゴリラと靴下と 

2005年03月08日(火) 23時14分
頭を揺すっても書くネタがないのは、1日心を働かせずにいたせい。
この季節になると思い出すことがいくつかあるので、そのなかのひとつを書きます。

私は4歳から音楽をはじめて、数年間はアンサンブルクラスでいろんな楽器をいじっていました。
木琴、鉄琴、パーカッション、、あげるとキリがないのですが、なかでもギロがお気に入りでしたよ。
よく、ギーチョチョ、ギーチョチョやってました。

楽器店系列だった私の教室は、他の町の教室と合同だとかで、春先に2回発表会がありました。
子供の発表会が2回、しかも同時期。これって親にとってはすごく大変!
やれ衣装が〜スケジュールが〜、ともうバタバタ
こどもがレッスンをしている後ろで、親同士縫いかけの衣装を確認しあったり、電話連絡してデザインを決めたりしていたのを覚えています。

1回につき3曲くらい出番があって、それぞれ演奏楽器や形態が違うので、当のこどもたちは言われたことをそのままこなすのみ。人形みたい。
リハが深夜までおして、低学年の頃はリハ中によく長机の上で寝てました。

私は何年か連続して木琴。
それと歌。
自分が高松の大ホールで歌うなんて今考えるとさむーくなる。今、歌は大苦手。チャレンジは自我が目覚めないうちにとっととやっておいた方がいいですね。
ホールのミラーボールがまわってくれないか、期待しながら歌ってたなー。「ゴリラの歌」
ゴリラの瞳はどうしてそんなに哀しいの〜って歌詞でした。

大変なのは演奏を終えて次の出番まで。
演奏し終えて舞台袖にひっこんだ途端、みんな衣装をひっぺがされて次の衣装を着せられて「次はキラキラ星変奏曲やで!」ってインプットされて、、また舞台に放り出される
もう何が起こっているのか理解不能なまま、みたことのない服を着せられて、、『あ、この靴下可愛いやん』って一瞬よそ事に気をとられつつ。。また舞台で演奏する。

そうやって嵐のような一大事が無事にすぎた夜は「練習は?」と声をかけられることもなく、おみやげのケーキを食べながら「やれやれお疲れさま」ムードになりました。
こういうの、ライブが終わったあとの、ひとやま越えた感と多分共通ですね。

小さい頃から音楽が傍にあったことを思い出して、ほっとさせてくれる思い出です。
comments
アイコン画像ちちち
» ひっこし (2008年09月24日)
アイコン画像ちちち
» ひっこし (2008年09月23日)
アイコン画像チャンヨツ
» マトリョミン (2005年03月08日)
アイコン画像東京
» マトリョミン (2005年03月07日)
アイコン画像チャンヨツ
» ソファ寝 (2005年02月21日)
アイコン画像ゆき
» ソファ寝 (2005年02月21日)
アイコン画像チャンヨツ
» キダムがきた (2005年02月13日)
アイコン画像ゆき
» キダムがきた (2005年02月12日)
アイコン画像ゆき
» 下北沢 (2005年01月30日)
アイコン画像ちゃんよつ
» 渋谷でミュージシャン (2004年12月23日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:o-la-la
読者になる
Yapme!一覧
読者になる