■引っ越しのお知らせ■ 

2007年12月21日(金) 15時24分
みなさま、いつもご訪問ありがとうございます。

このたび、弊ブログをアメブロの方に引っ越しすることにしました。

引っ越し先は→http://ameblo.jp/bisyokuannai123/

今しばらくはこちらも残しておきますが、
一定期間ののちに、こちらは閉鎖するつもりです。

もしリンクなどしていただいていた場合は、
大変お手数ですがアドレスの変更をお願いいたします。

ビストロえくうす 

2007年12月06日(木) 11時28分
食べログのほかのみなさんのコメントを読んで覚悟(笑)してましたが、
マダムは圧巻でした!
全部の料理について一つ一つすごい勢いで説明してくれます。
結びの言葉は必ず「オススメです」「美味しいです」と、すごいたたみかけようです。
説明だけ聞いてお腹一杯になるぐらいです(笑)。

でも、そのマダムの勢いに負けない料理の数々。
フォアグラがたっぷりのテリーヌは一食の価値ありです。
どの料理も素材にいいものを惜しげもなく使っていて
贅沢で繊細さもありつつ、でもボリュームはドーンと!
ていう感じですね。

法善寺横丁の雑居ビル2階にあって、
初めて行くときには迷いがち。
電話しておけば、店の人が水掛地蔵まで迎えに着てくれます。

テーブル間隔は広くなく、店内はちょっと窮屈感があるけど、
雰囲気重視というよりがっつりうまいモノ食べるぜ!
的なノリのときに使えるお店です。

マダムの個性が強烈なので、元気のある時に行かれることを
オススメします!

料理もマダムも濃い度 ★★★★★


ランキングに参加してます。ここをクリックしてたもれ〜!

ビストロえくうす
最寄駅 近鉄難波
住所 大阪市中央区道頓堀1−7−10
大阪屋バイストリート横丁ビル 2F (地図を見る
06-6213-6237
17:30〜23:30(L.O)

カシミール 

2007年11月26日(月) 19時05分
だいぶ前から行きたいと思っていたカシミールに先日やっと行けました。
12時5分くらい前に到着。
シャッターは降りたままだけど先客3人。
7〜8分待ってシャッターが開いた頃には
すでに10人近く並んでます。
店内に着席しても出てくるのに時間がかかるので、出遅れは痛いです。

L字型のカウンターのみの店内はあっさり清潔感のある雰囲気。

迷った末にビーフ&野菜カレーを選びました。

辛さは基本が3ということなので5を頼んでみました。
待つこと15〜20分ほど。
その間、カウンターの中で香辛料を調合するシェフ。
香辛料が近くのお客さんに飛んで
「あ!今とびました?すみません・・・」という場面もあったり。
でもなんとなく客同士に連帯感があり、なごやかな雰囲気。
1品1品丁寧に作られているようで、時間はかかります。

出てきたのは野菜てんこもり。ルウはシャバッと水気が多い感じです。
一口め。うむむ!なんだ、この深みはー。
香辛料がすごく絶妙なバランスで配合されているのがわかる(気がする)。
野菜と肉のエキスもあいまって、
なんとも言葉で説明しづらいのだけど、クセになる味です。
野菜はほんとにいろいろ入っていて、
サツマイモやら大根やら、
あんまりカレーの常連野菜でないものも多いんだけど、
なぜかうまくマッチしている。
そして辛みもほどよい。

・・・ほどよいのに、一口、二口と食べるうちに、
「でこ」に、首筋に汗が流れます。
かなりクーラーを効かせてあるのにこの発汗具合。
お嬢さん方!岩盤浴に行くよりもカシミールに来たほうが
いいかもよ!?

ちなみに辛みを基準値の3から上げると50円プラスになります。
会計で1050円出したら
「あれ?」とシェフ。
どうやら辛みは3のままだったようです(笑)。

そんなオチも楽しい。味がよければすべてよし、と思える店です。
またすぐ行きます。

くせになるうまさ度 ★★★★☆

←1日1クリックおたのもうします。

カシミール
最寄駅 北浜
大阪市中央区東高麗橋6−2 (地図を見る
TEL 06-6944-8178
12:00〜売り切れ次第終了

ル・クロ・ド・クロ 

2007年11月19日(月) 13時14分
ちょうど開店?改装?の記念で、アラカルトはなく、
7000円台のコースが5000円台で楽しめる時期にうかがいました。

アミューズと冷製オードブル2品、
暖かい前菜、サカナ、肉のコースで5000円台なので
かなりお得感がありました。

最初のウニのムース、とても濃厚な味で
少量でも十分満足感があり、コース全体への期待が高まります。

マグロのカルパッチョ風も、ソースにさわやかな酸味があって、
魚臭さをうまくアレンジしています。

次ぎの冷製は、オマール海老を部分的にあぶったもので、
カクテルグラスの下部にはさいの目に切ったホタテが。

オマールのあぶり具合もほどよく、
ホタテもまったりしたクリーム系のソースとマッチしてます。
王道な感じですが、おいしいです。

暖かい前菜は日本料理でいうとこの「しんじょう」っぽいもの。

コロッケともちょっと違います。中にはまた海老が。
これはちょっと海老の周りの部分が固めだったかな・・・。

魚のメーンはムール貝とまたまたオマール海老
これも海老が香ばしくて甘みと旨みが心地いい1品。
ムール貝もむちっとしていい感じ。

メーンは牛ほほ肉の赤ワイン煮込みをチョイス。

よく煮込まれていて、ほろほろと身がくずれるほど。
ぐっと旨みが凝縮されたほほ肉でした。

そう言うわけで、けっこうスタンダードな感じの、
(逆に言うとあっと驚くような中身ではないですが)
満足感の高いコースでした。

普段はどっちかというとビストロ系に行くことが多いので
この日は「ああ、王道のフレンチ食べたな〜」という感じがしました(笑)

店員さんのサービスもほどよく、ワインなどのチョイスや
ちょっとしたおしゃべりも満足感をさらに高めてくれます。

店内の雰囲気もきちんとした感じと
ややカジュアルな雰囲気のバランスがよく、
値段のことも考えると、使いやすい店だなーと思います。

※今回は飲みすけと行ったのでワインをけっこう飲み、
値段的にはやや高めになっております。
さほど飲まない方なら、
7000円以内くらいの予算でOKと思われます。


王道フレンチだ度 ★★★★
デートにオススメ度 ★★★★


←1日1クリックでランクアップに協力くださーい!

「ル クロ ド クロ」
最寄駅 心斎橋
大阪市中央区東心斎橋1−17−9 (地図を見る
06-6244-969

担々めん ササラ 

2007年11月06日(火) 19時25分
「ああー担々めんくいてぇーー!」
と思っていたら、近くに行く用事があったので、
早速潜入しました。


ほんと、一見いたって普通の庶民的ラーメン屋さん。
カウンターとテーブルが2つ。
かなりコンパクトな空間です。
金ごま担々めんを注文。
赤いスープに白ネギ、水菜。
ちょっとクリスマスをほうふつとさせるカラーコーディネート!(気が早い)


スープが赤いから辛いぞ辛いぞーと覚悟してスープをすすると
甘みのあるやさしめの味。

ごまから来る甘みでほっこりするコクです。
ちょっと後からほんのり辛みも追っかけてくる感じ。
めんも割合スープと相性がいいんでない?と思いました。

辛みが少ないので、ラー油を加える。
→するとちょっぴりホット。
好みで加減すべし、って感じですな。

とにかくごまがたっぷりで、ヘルシーな印象のラーメンです。
もうちょいボリュームがあったらなお嬉しい。
でも、替え玉でなく、スープにライスをひたして
食べてもオッケーな感じもする。

ちなみに金ごまは、発芽ごまのことらしく、
「ごまのロマネコンティ」といわれる最高級品だとか。
ロマネ・・・うーん、そうきたか!


ごまがナイス度       ★★★★
もうちょっと辛くてもいい度 ★★★


←お役に立てたら1クリックで応援くださいまし!
「ササラ」
最寄駅 天満橋
大阪市中央区内平野町2−1−2 ISビル (地図を見る
06-6949-2272
11:30〜15:00
17:00〜22:00

SOGNO (ソーニョ) 

2007年10月19日(金) 22時13分
イタリア国旗にひかれて店頭でランチメニューをながめていたら、
本日のパスタに私の苦手な具材が入っていた。。。
どうしようかなぁ・・・と思っていたら、
笑顔のステキなマダムがガラス戸を開けてくれます。
「いかがですか?」押しつけがましくないステキなよびかけ。
「苦手な食材がパスタに入っていて・・・」と躊躇していると、
「それを抜いてお出しできますよ」という。
失礼ながらお言葉に甘えました。

900円のランチは小さな前菜、パスタ、パンのセット。

「小さな前菜」は、ぱっと見は「普通のサラダやん〜」でしたが、
野菜の種類がとても豊富で、前菜と言っても遜色ないひと皿です。

レタス、トマト、オクラ、インゲン、紫のイモ?(これなんていう野菜でしょう?)などなど・・・。
コストもかかりそうな豊富な野菜と、薄くスライスしたチーズがいい相性です。

パスタはバジルソースとトマト、アサリ。

バジルは大好き。でもいわゆるバジリコとは全然印象が違います。
フレッシュなバジルを使っているから、とっても口の中がさわやかに!
ランチでこんなオリジナリティーのあるパスタを食べさせてくれるなんて、すばらしい!
アサリのダシとバジルも、いいバランスでおいしいです。

パンは、できれば少し焼いて出して欲しいというのは贅沢かな?

という訳で、まったく偶然に入ったけど、ハッピーなランチタイムになりました。

シェフも気遣いあふれる方で、手際よくパスタを仕上げつつも、
ガラス戸の向こうをちらちら見ていて、
「入ろうかなーどうしようかなー」なOLさんたちを見つけると、
マダムに「ドアお願いしまーす」と声を掛ける。
するとマダムが笑顔でドアを開ける。
いいですねー。

店内もまだ新しいようで、L字型カウンターとテーブル、
一面のガラスと、開放感のある造りです。
夜も行ってみたくなります。


パスタ、オリジナリティーが高い度 ★★★★


←ぽちっとお願いします!

SOGNO (ソーニョ)
最寄駅 北浜
大阪市中央区東高麗橋5−7 モンテアズーロ 1F (地図を見る
06-6941-2217
[火〜土] 11:30〜15:00 18:00〜23:00
[日] 12:00〜15:00 18:00〜22:00

ろうす亭 茂 

2007年10月19日(金) 21時50分
場所がちょっと分かりづらい。
それぐらいしかこの店のマイナスポイントはないような気がします。

ただし、天六から歩いても5分少々。一度覚えればダイジョウブ!

店内は太い丸太を多用したような、素朴な山小屋のような造りです。2階もあります。
どうやら店の方やお友達による手作りの内装らしい。
そんなこともあってか、アットホームな雰囲気を醸し出してます。

肉はタン、ハラミ、カルビというスタンダードなものも、値段以上のうまさです。

ハサミで切るタイプの、ながーーい肉もほどよく脂がのっていて、うまかったなー。
だからおかわりしました!
センマイなどホルモン系もたぶん鮮度がいいのでしょう、歯ごたえもよく、おいしいです。

(↑これはタン)

たらふく食べて、ビールや焼酎も飲んで、
シメには石焼きピビンパを食べて(これも本格的)、
1人6000円を切るくらい。

あー、なんてコスパがいいんでしょうか!
ここはお気に入りです。

うまい!安い!度 ★★★★☆

←1日1クリックでランキングアップにご協力ください!

「ろうす亭 茂」 (HP)
TEL 06-6882-1129
住所 大阪市北区浮田1−5−26
営業時間 17:00〜0:00
定休日 月(祝の場合営業、翌休)

ラ・ルーチェ 

2007年09月25日(火) 15時53分
ディナーに行ってきました。
王道を押さえつつもアレンジも楽しいイタリアンです。
ぜひ再訪したいと思うお店の一つ。

店内は割と広め。1枚板のカウンターがいいですね。
テーブルの間隔もほどよく、隣に小さいお子さん連れもいらしたけど
あまり気になりませんでした。

接客もいいですね。
にこやかな笑顔、適切な料理の説明、
「前菜どれしよう〜」とオーダーで迷っていたら
「盛り合わせもできますよ」と柔軟な対応。

パスタやメーンもきちんと人数分取り分けて出てきます。
ワインもいいタイミングでついでくれますし。
かしこまってはいないけど、高級店並みのレベルと思います。

感動したのが前菜(盛り合わせ)。

写真(↑)のグラスに入っているオレンジのは、ウニの冷製スープ。
コクのあるウニの風味と生クリーム、バターと塩胡椒少々が
かなり絶妙なマッチング。
濃厚なので少量でも大満足です。これはほんまにうまかった!

マグロのカルパッチョも身がむちっとうまいし、
貝(どんな貝だったか忘れた・・・)のバジルソース掛けも
「海」と「山」の出会いがいい感じです。
生ハムマンゴーも美味。

パスタも手打ちの平めんの食感、クリームソースのほどよい重厚感がうまーい。


案外、メーンの肉料理(狩人風)は平凡な、
というか普通に美味しいという感じでした。
あとで、こちらのお店の得意分野が魚介だったとレビューで知り、
地団太踏みました(・・・というのは大げさ)。

しかし大阪のイタリアンは数も多いけど
やっぱりレベルが高いなーと改めて思った次第です。


前菜が美味!度 ★★★★☆
接客がすばらしい度 ★★★★


←1日1クリックでランキングアップにご協力を!

大阪市中央区淡路町1−2−5 淡路町イーストビル1F (地図を見る)
06-6205-2327 
無休

トラットリア ダ ジャコモ 

2007年09月21日(金) 15時33分
福島駅の近くのトラットリアダジャコモにランチに行って参りました。
ここは、扇町のオステリアディレンドラと系列店のようです。

外階段をとんとんと上がって2階にあるお店。
カウンターとテーブルが6〜7つぐらいのキャパ。
白い壁でわりとシンプルモダンな内装です。
カウンターにはイタリア料理の本なんかも置いてあって楽しいです。

ランチは
A(850円)パスタ、パン、ジェラート+150円で珈琲

B(1300円)Aランチに前菜が付くのと、パスタの他にラザニアをチョイスできる

C(2000円)パスタが手打ちに変更になり、メーンの肉か魚料理が付く

のラインナップ。
まあ初めてなのでAランチをオーダーします。
パスタはツナとキャベツのトマトソースプッタネスカ。

かなりオーソドックスな素材を使ってるので当たり前ですが
かなり直球ストレートなお味です。
もちろんおいしいのですが、もう一声!な気がしないでもない。
ちょっとおとなしいというか控えめな印象でした。
例えて言うなら直球が高め(甘め)に入ってしまった
・・・的な感じか?(余計わかりにくい???)

バゲットはレタスと生ハムが挟んであります。

これ、ふつうのバゲットでいいなー。
パスタと一緒にたべるんならなあ。

・・・という印象です。
あ、あとジェラートはランチのセットになってて、
飲み物が別料金って商売上手ではあるがサービス精神に欠ける気がするな・・・。
だって別にドルチェいらないしー。
(甘いもの好きではないワタシのわがままです。すみません・・・)

ちょっと乗り気じゃないような文面になってしまったけど、
一度、夜も行ってみようかな?という期待はもちました。

ドルチェは飲み物に変えて欲しい度 ★★★★

←1日1クリックでランキングが上がります。ご協力を〜!

トラットリア ダ ジャコモ (Trattoria da giacomo) 
大阪市福島区福島5−6−11シュエット吉本2F (地図を見る
06-6451-3333 
月曜、第3日曜 
11:30〜14:30
17:00〜22:00

満聚園 

2007年09月20日(木) 21時31分
天神橋筋をふらふらして、なにやらイイ感じの外観に惹かれて、
ふらりと入りました。

ランチタイムが終わって、客は1人。
「しまったか・・・?」と思いましたが杞憂でした。

ランチもいいなーと思ったんだけど、あんかけ焼きそばを注文。

あっつあつのとろっとろのいわゆる八宝菜なあんかけが
うまい。ビックリするほどじゃないけど、これこれ!的なうまさ。
白菜やらタケノコやらエビやら、具もいっぱい。

中華料理屋のあんかけ焼きそばって、
揚げるように焼いためんが多い気がしますが、
ここのは生めんというのかな?揚げてないです。
ちょっと太めのめんがもちもちしていいですねー。

店の中も全然おしゃれじゃないけど雰囲気があってよろし。
おばちゃんも愛想が良くてよろし。
ふつーの中華料理屋で、600円ぐらいなのに
きちんとおいしいものが出てくることのすばらしさよ!

ビバ大阪!ビバ天神橋筋商店街!

と心の中で叫びつつ、店をあとにしたのでした。


街の中華屋さんはあなどれない度 ★★★★


←1クリックでランキングアップします。ご協力のほどを〜!


満聚園  
大阪市北区天神橋4-11-13 (地図を見る
06-6351-0895