リヤカー貨物運送の情報について

December 20 [Thu], 2012, 10:18
彼女は彼女の懐から小さな箱を引き出した。
「あなたはこの箱を開けて御らんになったことはありませんね」
「それは開かないものだと思っていたよ」
 彼女はバネ を押して蓋を開けた。するとその中から……すばらしく上品な美しい、そして聡明 そうな男の肖像が出て来た。しかしその表情の中には、疑いもなくアフリカ人系統の容貌が現らわれていた。
「これがアトランタにいた、ジョン・ヘブロンです」
 と彼女は云った。
「この人より上品な人はありません。私は彼と結婚するために、私の一族と義絶しました。でも彼が生きている間は、一瞬間でもそれを後悔したことはございませんでしたの、――けれど、私達のこの子供だけが、私の子供としてよりも、むしろ彼の人種の後継として残ったと云うことは、私共の不幸でございました。こう云うことは、こう云う結婚にはよくあることには違いありません。でも可愛いいルーシーは彼女の父親より、もっと色が黒いんですの。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:哲史
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nzzmtaa3/index1_0.rdf