人生が何を求めるべきだ

December 16 [Tue], 2014, 14:52
1人当たりの一生、いつも彼の求めた目標があって、普通な人は愛情を求めて、名利を求めて、安楽を求めて今私達がこれらの普通の追求を話さないで、どのようにに対して人生いっそうただ昇華するだけ求めるべきな内容。
  一、学識の豊富なのを求めます:今のところは情報過多の時代で、みんなすべて急いで学んでいて、知識を求めます。しかし知識は技術ではなくて、証書ではありません;知識は宇宙の人生の認識に対して覆うべきで、体験で、一人の風格です。だから、豊富な学識は必ず君子の風格、読書人の風格、読書人の個性があるなくてはならなくて、要して人格の昇華に役立つことができます。
  二、人と人との間の調和がとれているのを求めます:現代の人類、個人にかまけてはいけなくて、団体を失います;ひたすら一つ、天下がありません。人生の求めたのは人と人の間の共存したのが調和がとれていて、あなたの優位、私の模範で、私はあなたに嫉妬するべきでありません;あなたの成功、私の見習った対象です。私達はあなたではないのが死んでも私の亡くなった性格があることはできなくて、更に自分の功労と名声を成し遂げてはいけなくて、他の人の白骨の上で創立して、天下のすべての人類が知らなければならないのはすべて私の兄弟姉妹で、これは私達のあるべきな観念、あるべきな認識で、あるべきな立場です。
  三、家庭の幸福を求めます:人は最初に一心に家庭の幸福を求めて、家庭の富みを創造します。いったん業績があったらことができて、ある人は栄耀栄華のために家庭に命を捧げて、もし薛は高いとの引き分けして冷たいかまどの中の王宝のブレスレットを忘れる、陳世美は家の中の糟と糠の妻の秦香蓮を心配しません。家庭は人類社会の構成する基本部門で、どんなに偉大な人物に関わらず、夜に仕事がひけてあるいはすべてきっと家に帰って、家庭はもし完全ではなくて、人生のすべての事業、すべての栄耀栄華、すべて欠陥です。
  四、事業の順調なのを求めます:家庭の幸福があって、もちろんみごとな事業があります。いわゆる事業、国家の公益事業があって、個人の創造した社会事業もあります。どんな事業に関わらず、すべてみんなすべてので、だから今多くの企業家、自分の事業を息子と娘にただ伝わるだけことはでき(ありえ)なくて、伝わって会社に対してに貢献する従業員、本当に賢明な行動がいます。
  五、人格の完全なのを求めます:人生の追求、ただ財産、財産はあって、道徳を失って、損をします;名誉と地位を求めて、名誉と地位はあって、人格を失って、値しません。人生は人格を主なにするべきで、夏の桀と商紂、高いはの帝王ですが、人格を失うため、尊敬する人はいません;おじさんの外国のおじさんはそろって、空腹な夫のためが、道徳が崇高なため、同じく人となりは賛美しました。そのため、金銭の名誉と地位はすべて体以外のもので、人格の完全なの、道徳的なのが首尾良くて、人生が最も求めるものに値するです。
  人生はそれぞれある程度求めて、しかしすべて上述のようだ5時(点)に人生の最も意義がある追求ではなくて、そのため話しとを出します。
 

人生がすぐにわざわざ見張らなくてもいいではないか

December 16 [Tue], 2014, 14:52
珆は慌ただしくあれらだ生命のこの1度の活発なのを経験して注意を与えて、人生がこんなに意気盛んで実行に行って、生活してこの頑丈な信念、風雨倍の速度で中強靱な願望を使うに生命を形作りに行くので、それが絶えず1人当たりの生命を高めているのが高いです。一人の視野、彼の景色を制約して、心の生態彼の生活した状態。
  人生は前に向かって、きっと苦痛に困惑するのと、うろうろしてとあこがれて、努力して固定していない1度の人生のは望みを越えてと、選択に挑戦してとこれまで人に方向を失うことはでき(ありえ)なくて、越えるのは自ら人生の最も貴重なのが悟るです。生命の幅、生活したのが本来だ。
  生命の中は悩みに戸惑ってと、ヒントを与えるので非難ではなくて、浮き雲がどこに遮って目を眺めるのがあるだろうか、ただ縁だけがまた(まだ)更に前に向かわなければならなくて、あれらのどこにもいなくないのがこまごまと煩わしいに対して笑って、人生の景色や事物が変化に富んで壮観なのを生きだします。高いはの日で、とても広いのの、自分の内心、最も改造する空間が必要です。
  この世の中で生きて、行かないで不運なことに不平をこぼして、運命はあなたの荒野の崖にいただきます多分あなたが空高くはばたく山のタカになることができるのを信じるので、人なぜか、自分を信じるためで、生命のが心から愛して運命の大空を測量しに来るに対して身に付けて、世の中の最も美しい景色のすべて責任を持って自信を持っていることができる度量。
  生命のどれだけのストーリ、変転浮沈の繰り返しではなくて、寛大に許して哀れむ気持ちを悲しむので、生きる1世の春の種まきは秋植える歳月努力して、1度の文才と品行の兼ね合いの懇ろに雄壮で美しいのを受け取ります。楽観的に楽しい者の原動力で、善意から幸せな者のもと生態で、身につけて良い心理状態の喜びにあふれる生存の秘籍を持っています。
  この混乱していて混乱している時間の中で、失って世独立することができる人がなくて、井戸の中で日を見て、生活するのがどうしても滑って空虚な寂しさに入る寒くて、個の中で因果、ただだらけて退廃的で暇なだけではありません;天下の当1家、この世界は分けられないみんなで、その年の運勢に蒸発したくなくて、また(まだ)これは小さく私だをみんなに溶け込まなければなりません。
  生活する道、でこぼこで曲がりくねって、すぐ山道の18曲がっていて、同じく角を曲がることはできないのが人生の前に向かったの楽観的で、この道の必然的な経過、それを生きて1度のあか抜けている行者帰って来ますとよくて、縁に従って高らかに歌って、道中スーパーコピー時計の風雨に歳月のほこりを水で洗い流させて、かつてのが苦難に満ちていて生命の重々しくて深いのを助けに来ます。
  この世界に来て、これ世界とと和気あいあいとしていて、生きる1回とこの世界の栄枯と共に、あれらの混乱のが騒ぎ立ててと静かなの超然としているに往来が頻繁で、歳月が変わりがなくて、心はひっそりと静まり返ります。
  

は青は負傷するので、春は成長 L

November 24 [Mon], 2014, 15:01
見出しはまた1首の歌で、実は歌詞はすべてわかっていないで、ただ歌の名前の特別なのが良いと感じます。

  働いたのは思いどおりではなくて、家はお見合いをする事の心配のため。自分でとてもむしゃくしゃして、すべて薄暗くなったと感じます。

  人の一生おそらく順風に帆をあげないで、ずっと運が悪くてもであることがあり得なくて、来るべきな総は来て、行くべきな総は向こうへ行きます。

  以前いつもテレビの劇の筋の中でそのような愛情に夢中になって、それから、現実の生活の中がしようがなくて、私に明らかなことを始めさせて、すべて幻想の中に存在することしかできません。

  以前とても馬鹿なのは《初恋のこの小さな事》の中の小水を学んでいるのが同じことができると思って、優秀になる時、自分の好きな人も自分が好きなことを発見して、それはどんなに幸せな1件の事で、ほんの少しの努力しては自分を更に優秀にならせて、更に完璧で、最後にやっと発見することができて、それすべてただ自分で空想する1つの影。

  時間は人の成長を多すぎることはでき(ありえ)なくて、あれらのとても馬鹿な自分で経験したことがあって出会うすべての自分に急速に成長させる動力。

  全てははにかんでいて薄く決める今すべて1つのとても馬鹿で無邪気なののがあってことがあります。

  側に1群が強いる同僚を笑わせるのがいて、私のが2といらいらする気性を犯しを我慢することができて、いくつかの時に私達はいっしょに2犯すことができて、いっしょに打ち解けて屈託なく笑って、女性の男は女性の男について、どのみちこのラベルはすべて取れませんでした。

  だんだん縁のこの一説を信じて、運命の中に時には結局はいなくてはならなくて、運命の中にない時強要しありません。

  気持ちがよくない時、選択性のが失って思い起こしができて、できないのが悲しいをの思い出さないのでさえすれ(あれ)ばと思って、同じく気落ちすることはでき(ありえ)なくて、しかし事実は証明して、私にとって、もっと忘れたくて、毎日多く一回考えるのに行って、毎日あれらの悲しみに多く突き進んで一回むしばませます、ゆっくりしすぐ慣れて、ゆっくりする時間すぐこれら思い通りにならないとをすべて向こうへ行ったに恐縮に思う窪んだ所に思ってことがあって、すぐさらに覚えているのとても明らかで、しかし、情緒に対してすでになかったいかなる影響。1件の事の最も良い態度に対して、覚え始めるのに行かないのではなくて、すでにおろしたのです。

  昨日石先生と言って、私は自分を思い出してどうして高い1の時竜巻のこの語がそのように好きで、私が竜巻が同様にそんなに強大になると想像するため、そんなに大きい威力、しかし竜巻はまたとに漂流するのが安定しないのをを運命付けて、なぜかというと、それのそのまま残った理由がある場所がありません。

  最近劇《一歩一歩情を驚かす》と《良縁》を追う、毎日上で終わるクラス、訓練し終わるギター、と羅潔の子供靴おしゃべりするできます日、それから、つけているイヤホーン、見る1集のまた美しいの寝る1眠り。1眠りは着いて夜が明けて、夢がなくて、夢の中にも特殊兵士の対戦する麻薬商人の画面がありません。

  以前とに過ぎるのがそんなに困惑してどうしたらよいか分からないで、自分の欲しい生活を知らないのがどんなため、ずっと追求していて、ずっとあるのが不確定です。

  身辺の姉妹は大部分が自分の家庭があって、自分の生活がありました。

  私の欲しい生活、1棟の大きくない家があって、1台のテレビがあって、1部の安定的な仕事、毎日働き終わって家に着いて、自分が着手して1回の好きな夕食をすることができて、満腹した後に、ソファー上で隠して、自分の好きなドラマを見て、疲れたのを見て、メモ帳を取り出して、自分で自分の励ましに対して毎日の気持ちを少し記録しますと。

  もしも自分の家庭があって、私は私達がいっしょに起きていっしょに歯を磨くことができるのにたくて、いっしょに朝食を食べて、最も良いはの1台のバスに乗ることができるので、次に交差点はほほえんでいてすこし手を振って、各自の会社に行って1日の仕事を始めて、夜に同時に家に帰りますとは限らなくて、眠っていることができる前に、それぞれに1音はおやすみなさい良くなりました。女傑或いは専業主婦になりたいことはでき(ありえ)なくて、自分に属する仕事があって、経済は独立することができて、自分の欲しいものを買うことができるのは良くなります。女傑をしてとても疲れて、自分でそのような人にもなる能力がありません。

  一生自分でおしゃべりすることができる人と容易ではないことに出会うことができて、1つの心が見つかることができて更に難しい霊感の友達があって、私は良く目の前のこれらの友情を大切にして、努力して充実しているのは現在良いをのの過ぎます