餃子とアメリカンドック 

February 18 [Mon], 2008, 9:11
更新です

>エンジェル 言われなくても直す気まんまんでした。

今日はもうパソコンは終わりです。 
眠いなぁ。
眠いなぁ
眠いねぇ。

終わり

おと小説な

あのね、神様の声いらなくないか?
なにも知らない感の方がいいと思うのだが


下に対する反論だが
ゲームに入る時間には個人差があるから別にOBじゃなくていいじゃん
先に入った奴等は自分なりにもう見つけてる見たいな。
それか桃太郎はちゃんと説明をよんでなくて
実際はゲーム機に説明がついてたとか

しりとり<173> 

February 13 [Wed], 2008, 16:36
 











 「モリア」





 「ケ」で使ったほうがよかったかな?

桔梗(ピンク) 

January 31 [Thu], 2008, 6:35
桔梗(ピンク)の矮性です。







去年もそうでしたが、桔梗の葉の落ち方が少しおかしいと、
枯れてしまったのではないかとハラハラしてしまいます。



実は、白と紫の斑入り花があったのですが、絶えてしまいました。
株分けで少し増えたのですが、ある夏の終わり頃にしおれるように
なって、翌年は芽を出しませんでした。
五月雨と言う品種のミックス種から育てたもので、同じ品種のピンクと
白もあったのですが、いまでは、普通の紫のみです。
こちらのピンクはその後、園芸店で苗を購入したものです。

鮭が遡るころ〓 

January 16 [Wed], 2008, 13:57
砂浜から鮭釣り用の竿を
思い切り投げ入れる。
鮭がかかった瞬間の手ごたえは
ずしりと伝わるのだろう。

このポイントには遠く札幌からも
熱心な釣りファンが訪れる。
休日前ともなると徹夜組の姿も見られる。

多くの釣り人を
朝日が照らしていた。

EOS1DMk〓 EF70-200F2.8LIS PL
撮影日:2007.9.24

第45回千代田区民体育大会(応援席編) 

January 05 [Sat], 2008, 10:07
各町会連合地区が各自持ち寄った食べ物、飲み物をお互いに交換、応援しながら宴会状態
御礼に他地区へ表敬訪問。神田駅東連合の応援席では神田公園地区や富士見地区の方達と
大フィーバ〜♪競技に出場の方はアルコールを控えてくださ〜い!大丈夫ですかぁ?
それからイッキ飲みは危険ですよ〜!!直ちにお止めくださ〜い!!!なんて心にも無い
事は言いません。このバカ野郎〜状態が楽しいのです♪
















最後は純粋な子供達の笑顔で運動会一巻の終わり〜。また来年!

舞としらべ 

December 22 [Sat], 2007, 16:37
いつも共演していただいている能元美恵さんの応援に奈良県に来ています!気迫のこもった踊りでした。男一代と関東流れ歌のつなぎに早変わりをいれ、男一代は、グッと押さえ気味に、早変わりでドカンと、どすを持って大暴れです。しびれました!

今シーズン終了! 

December 13 [Thu], 2007, 11:02
今シーズンの全試合が日曜日で終了しました。

結果は9チーム中

リーグ戦・・・・・5位
トーナメント戦・・5位

万年ビリの弱小チームとしては、かなり頑張った結果ではないかと思います。

今シーズンはとにかく、体力Upと反復練習による基礎テクニックの向上やオフェンスの形をチーム全員が同じ考え方で動ける様にやってきた結果かな〜と思います。

さて、今月一杯で現在練習している場所も使えなくなり例年通りなら別な場所に移っての練習になるのですが、そこも今年取り壊されてしまい、これから来年のシーズン開幕までどうしようかと頭が痛いところです。

うちのチームはアイスホッケー経験者0の上に家庭持ちがほとんどなので、冬の間はアイスホッケーをするという事が道具をそろえたりする金銭面的にも厳しい感じなのです。
さすがにお小遣い制で頑張ってるお父さんや、家計をやりくりしてるお母さん達に数万円での道具購入を急いで行うってのは無理・・。

出来る人だけっていうと、出来ない人はどうなる?って事も思うと俺的には今のメンバーで一緒にやって行きたいので冬季アイスホッケーをするってのは難しい。

なので今のところ考えているのは、フットサルとバスケットをする!
これなら、道具にかかるお金も凝らなければ家に転がってるスニーカーで十分だし、やる場所も結構ある。しかも動きの中でスペースを作ったりとかホッケーに関連する考え方も練習できる。
他のスポーツをやって学ぶ事も多いと思うので、この線でやろうかなぁ〜と思ってます。

まずは、メンバー集めてミーティングをしてみようと思います。

とにかく、今シーズンお疲れ〜!

何て!!!!!!!!!! 

December 08 [Sat], 2007, 9:35
ナッツちゃンから回ってきましたーw題名は不明だそうです。


〓回す人を5人
たくさん貰ってもらう

〓本名ゎ?

非公開・・・


〓年齢ゎ?

l5

〓好きな絵文字ゎ?

はーと



〓今まで買った高価なものゎ?
なんやろう

〓好きな動物の鳴き声ゎ?
ぞう


〓赤を連想させるキャラといえば?


あんぱんまん


〓バトンを回す人の存在ゎ?


?!

in repair【5】  挿絵-もんちっち様 

December 03 [Mon], 2007, 4:03
in repair【5】*L




雨の匂いがした。



夜の空はどこまでも深い青に染まっている。



見上げれば、美しい黄金の月とともに、星たちがこれでもかと輝きを競う。



だが、どんなに頑張ってみても月には敵わないのだ。



太陽が昇るまで、夜の空は月に支配される。



どんなものも、どんな世界も。










いつも、窓の向こう側に彼の姿が見える。



夜神月。



今日も変わらず、彼は難しい顔でパソコンに向かっていた。



それを横目に見ながら、わたしはのんびりと芝生の上を散歩している。



夕暮れの庭。



日差しで暖められた芝生が、裸足に気持ちいい。







ビルの一角の中に作られた中庭とは思えないほど、
きれいに手入れされた芝生と花々たち。




隅にはテーブルと椅子もセットされている。



ワタリが用意したのか、いつの間にか菓子と珈琲が並んでいる。
山のようにつんである菓子は、
夕食、にしてはいささか豪勢すぎる気がしないでもなかったが、腹は空いている。



ひとつきりの椅子にいつものように座り、菓子を吟味することにした。




苺と仲良しのショートケーキ。




刺を捨てた栗のモンブラン。




パステル色のカラフルなマカロン。




太陽色のマンゴーのプリン。




et cetera、えとせとら。





「…月君は食べないんですかね」




ちらりと窓の向こうを見るが、彼は相変わらずパソコンと睨み合ったままだ。



クリーム色の甘いマカロンをひとつ摘んで、口の中にほうりこむ。



パソコンの前に座る彼は、まるで絵画の様に動かない。



時折、他の捜査員の誰かに何か話しかけられているのか、唇だけが小さく動いていた。




それにしても、ワタリはどこに行ったのだろう。あたりを見渡しても姿はない。




そしてまた、マカロン。



珈琲は適度な温度で唇を濡らしてくれる。



いつ、淹れたものだろう。



砂糖も自分では入れた覚えがないのに、丁度いい。




また彼の姿に目を向けると、今度は丁度、こちらを見ていた。



フォークをくわえ、ぱたぱたと手を振ると彼は渋い顔をした。



相変わらず、ジョークの通じない男だ。



と・・・・・思った。



だが、彼が見ていたのは私ではなかったようだ。




ぽつり、ぽつり。




テーブルの上に雨粒が落ちてきた。



見上げれば、あれほど澄み渡っていた青い空があっという間に暗い雲に覆われていた。



急に空が、低い唸り声をあげた。



大きな雨粒に追いやられるように私は室内へ戻った。



ふと気配を感じて横を見ると、彼が立っている。



雨音が強くなる。



ガラス窓を叩く雨の音が、彼に近づく私の足音を消してくれた。





「こんばんわ、月君。すごい雨ですね」




急に現れた私に少し動揺したのか、彼は一瞬黙り込んだ。



だがすぐにその動揺もかき消えて、いつもの彼の顔に戻る。



「・・・・・・そうだな」



「梅雨というものを体験したことがないんですが、これがそうですか?」




彼はただ頷いた。



私は彼の横で窓を覗き込み、しばらく黙ってその様子を眺めた。



そんな私の顔を、彼はじっと見つめているようだった。



「・・・・・・・」



彼の視線に、私は少し緊張した。だが決してそれは表には出さない。



「雨は好きです。心が落ち着く」



どうでもいい呟きで、ごまかす。



「僕も嫌いじゃないよ」



「そうですか。一緒ですね」



振り返り彼を見ると、視線がぶつかる。



不意に、雨の音が遠のく。



沈黙に耐えられなくて、私はまた冗談でごまかした。



「では、2人でキラを逮捕できたら、雨の中で散歩でもいかがですか?」



たいしたことのない冗談なのに、彼は言葉に詰まった。



何故、ここで動揺するんだ?



「・・・・・・冗談ですよ。そんなのは、ミサさんとおふたりでどうぞ」



何故か彼の顔をみるのが辛くて、背を向けた。





急に全ての音が途絶える。





そして、ふと気づいた。




ああ、そうだ思い出した。




私はもうここにはいない。




さっきまでニアの所にいたのに、なぜかすっかり忘れていた。



記憶が長続きしない。



最後に会いたい人間に会って来いと、誰かに言われた・・・。



あれは、誰だった?




気がつけば、私は漂うように空に浮いている。



雨のすっかりあがった空に。



そうだ、今は何もかも思いだせる。私は見てきたはずだ。



ワタリの死も、メロの死も。



そして、・・・・・・・私も。




「・・・・・L?」




子供のような幼い声が、私を呼んだ。



何かの引力のようにぐんと引っ張られて、私はまた芝生の上へと引き戻される。



芝生の上に大きく口をあけた水溜りを覗き込んで、彼は呟いた。



「僕を救ってくれるかい?」



問われて、彼の背中に手を伸ばした。



「月君…」



呼びかけても、声は届かない。伸ばした手のひらも、虚しく空を掻くだけ。



知っている。



彼にはもう触れることも、呼びかけることもできない。



何も聞こえないし、何も届かない。



それでも、彼の終わりを、自分たちの最後の決着を見届けたくてここにいたのだ。



淋しげな後ろ姿を、羽根で包み込む。



「私はまだここにいます」



聞こえるはずのない呟きに、彼が笑った気がした。












庭の隅のテーブルの菓子もコーヒーも、
雨が降ったのに今も変わらない姿のままそこにある。



ワタリが今も、私のために菓子を用意しているんだろう。



そして、憎くてたまらないはずのキラは、今、私に救いを求めている。



何故こうなったのだろう・・・。



世界は醜くて、歪んでいる。




しかし、それこそが世界。




私は知っていた。




だが夜神月、お前は違ったのだろう。



世界は気高く美しい。



そして人の心も、扱いさえ間違わなければ美しく輝くと。



子供のように、純粋な、夜神月。




雨のあがった芝生の上に、淋しげな顔で佇む彼。



空には黄金の月。



・・・もうすぐ、夜が明ける。




太陽が空を支配する時間だ。




私は彼の側を離れて、もう一度椅子に腰掛け、コーヒーを飲んだ。







ショートケーキの苺を摘んで、口へ放り込む。




私は彼の側を離れない。




もうしばらく、ここにとどまることにしよう。




彼の息が止まる、その時まで。









end




■BGM - High[jamesblunt]





High[jamesblunt]




美しい夜明けが浜辺を照らしてくれる
ほかには考えられないほど
目覚めて最初に見たい光景だ(君と)
美しい夜明けよ 僕はまだ時を追っている



終りのない夜の間に
独り寂しく死にたいと思っていたのに



でも今は舞い上がっている
 星空の合間を駆け抜けながらね
僕を憶えていてくれるとは
 信じがたい時もあるけれど



美しい夜明けがまた数々の星に溶け込んでいく
僕の旅が始まった日を思い出せる?
(時の)終りを憶えていてくれるだろうか?
美しい夜明けよ やっぱり君はすごすぎる



君が輝くまでは
僕は終わらない夜から生まれたと思っていたのに



舞い上がっている
 星空の合間を駆け抜けながらね
僕を憶えていてくれるとは
 信じがたい時もあるけれど



僕の髪が灰色になって年をとったら
僕の肩となってくれる?
明日も君を始まると誓ってくれよ



舞い上がっていく 
 星空の合間を駆け抜けながらね
僕を憶えていてくれるとは
 信じがたい時もあるけれど 



4:03



jamesblunt[Back to Bedlam]

誰かに。 

November 27 [Tue], 2007, 20:25
   誰かにすがりたくて


   たまらない。




   だけどそんな存在の人


   もういなくなってしまった



   もういや


   なんか悔しいよ



   なんで泣いてるの


   縛られたくないから。



   なんで呆然としているの


   つらいから



   もういや


   気持ち悪い
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nzusva1083
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像花鳥風月
» 餃子とアメリカンドック (2008年10月22日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» 餃子とアメリカンドック (2008年10月13日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 餃子とアメリカンドック (2008年10月11日)
アイコン画像猫男爵
» 餃子とアメリカンドック (2008年10月06日)
アイコン画像はにまる
» 餃子とアメリカンドック (2008年09月30日)
アイコン画像チャーリー
» 餃子とアメリカンドック (2008年09月30日)
アイコン画像ハム太郎
» 餃子とアメリカンドック (2008年09月26日)
アイコン画像南雲
» 餃子とアメリカンドック (2008年09月21日)
アイコン画像火星の後継者
» 餃子とアメリカンドック (2008年09月19日)
アイコン画像えびふりゃー
» 餃子とアメリカンドック (2008年09月16日)
Yapme!一覧
読者になる