就職試験での適性検査

October 09 [Wed], 2013, 20:41
就職試験の選考方法の中で適性検査が行われる場合があります。適性検査ではどのようなことをチェックされるのでしょうか。就職試験で使う適性検査はSPIといい、200項目程度の質問に答えるというものです。就職試験受験者が受けることにより、受けた人物が仕事ができるのかどうか、感情のコントロールができるのかどうか等について診断されます。
企業によっては、適性検査の結果で一定の方向性が示された人を採用するというところもあります。この答えを書いておけば間違いないというものはなく、業種や職種によってどんな適性が求められるかは異なっています。SPEの問題集も書店などて販売されていますが、自分に正直に書くことが大前提だという参考書もあるといいます。
就職試験受験者の適性を判断するために行われている以上、正直な回答が正解とはならないとも言えます。適性検査では、行動的側面、意欲的側面、情緒的側面、ライフスケールといった点でその人を評価しています。
行動的側面と意欲的側面の質問では、就職試験の受験者が仕事のできる人物かどうかが診断されます。情緒的側面は情緒が安定しているか、感情の抑制が取れているかといった点がわかります。
自分に正直であるかどうかは、ライフスケールによってわかるといいます。就職試験に適意検査が含まれているかは、試験を受けに行くまでわからない場合もありますが、できるだけ対処はできるようにしておきましょう。
http://www.ottumwaford.com/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nz5sd1d4
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nz5sd1d4/index1_0.rdf