カステルナウツヤクワガタが深川

July 13 [Thu], 2017, 20:45
特に便秘をなくすのに効果的だといわれているのが、乳酸菌が入っているサプリメントです。

腸内環境を整えることの大事さはわかっていても、ヨーグルトや乳酸菌飲料などに苦手意識がある人も多数います。それに、毎日のように乳酸菌が含まれる食品を摂取し続けるのは大変です。乳酸菌が入ったサプリメントなら、手軽にちゃんと乳酸菌を摂取することが可能ですので、便秘にいいといわれています。実はインフルエンザの予防ために乳酸菌が効果があるといわれています。


1年くらい前に、テレビで児童に乳酸菌が豊富なヨーグルトを食べてもらったところ、インフルエンザになる児童の数が大きく減ったという番組を見たことがあります。私の子供が受験の時期だったので、それ以来、ずっとヨーグルトが食卓に並んでいます。乳酸菌が腸まで届くといわれているヨーグルトが特に効果があるそうです。主に一歳から五歳くらいの子どもがインフルエンザ感染し、熱が出た後、突然けいれんや異常行動、意識障害などの症状の現われるものがインフルエンザ脳症というものになります。
インフルエンザ脳症は、命にも関わってくる深刻な疾患であり、治った後に後遺症が残る場合もありうるのです。娘のインフルエンザの予防注射に通院しました。私は怖くて目をつぶるのに、娘はまだ6歳だが、注射をしっと見て注射針を注入されています。
予防注射の後は怖かったーと表現していました。



見ているから、普通以上に怖いんじゃないかな?と想像しましたが、何も口できませんでした。



アトピーに良い作用の化粧水を日頃から使っています。

友人に教えてもらった化粧水は、私の大変ひどかったアトピーを大変きれいに消してくれたのです。


朝晩鏡を見るのが、とても嬉しくなりました。手が触れる度に素肌がサラサラになったことを喜びに感じます。花粉症となってしまって以来、乳酸菌を摂取するようになりました。

一昨年から花粉症を発症してしまって、鼻水とくしゃみが止まらない状態になりました。お薬を飲むことは避けたいことだったので、テレビで取り上げられていた乳酸菌サプリを試しました。
今の段階では、これで花粉症の症状が軽くなっています。毎日摂取している乳酸菌のおかげで、私の体はとっても健康的になりました。



毎日朝には欠かさず、ヨーグルトを摂取するようにしています。ヨーグルトは工夫すれば味に変化をつけやすいですし、便秘をせずに過ごせます。乳酸菌を取り入れるようになってから、肌の方も調子がよくなってきて、ダイエットにもなりました。

ここ最近の研究でインフルエンザを予防するには乳酸菌がすごく有効だということが分かるようになってきました。



というのも、インフルエンザといったものはワクチンだけで全て防ぐことはできません。ですので、日頃から定期的に乳酸菌を摂取することで免疫力がアップして、インフルエンザの予防となったり、症状を和らげる効果が高くなると言われています。



乳酸菌をいつ摂るかが気になりますが、決まったものがありません。商品パッケージには適量と回数が、書かれていますから、まずはそこから始めて下さい。 まとまった量を一度で摂る場合より、決まった回数に分けた方が吸収を高めるという点で効果のある方法です。俗にいう乳製品以外にも、乳酸菌が入った食品があることを知り、一体乳酸菌て何だろうと調べてみました。調べて見たら、乳酸菌というのは乳酸の菌ということではなくて、化学反応的なものによって乳酸を作り出す菌類のことなのだそうです。これは常識なのですか?30年余り生きて来て、生まれて初めて知った事実です。

私はとても頑固な便秘に苦労していたのですが、今ではだんだん改善されてきています。
改善できたポイントは、毎日必ずヨーグルトを食べる事でした。友人がこの方法で、見事便秘を克服したという話を聞いて私も早速ヨーグルトをたくさん買ってとにかく食べることにしました。実践していくうちに、だんだん治ってきて、便秘で悩むこともなくなりました。


アトピーになると非常に苦しい症状になります。季節関係なしに1年中痒みとの我慢比べになります。汗をかく夏場は痒みが増し、冬は冬で乾燥のせいでかゆみが増します。また、食べ物アレルギーを持っていることも多く、知らずに食べてしまうと、痒みだけでは収まらず腫れてしまったり、呼吸が困難になってしまうこともあります。ヨーグルトは便秘によく効くといわれますが、私が実体験したのは、多くの量を食べないと、効果がないような気がします。


日ごとに1パックぐらい食べて、やっとお通じがあります。
ヨーグルトが大好きな人はいいですが、好きではない人も、ジャムで味を変えたりして可能な限り摂取すると効果アリです。



ここ最近の話ですが、オリゴ糖は乳酸菌を増殖させる成分として関心を持たれています。オリゴ糖を摂取した乳酸菌の働きはアクティブになり、腸内の悪玉菌の増加量を減少させ、腸内環境を良くしてくれます。



そう考えても、乳酸菌、オリゴ糖は両方とも内臓の働き向上や健康には欠かしてはならない重要な成分であります。
今、便秘に効く食べ物を毎日食べています。


それはバナナと発酵乳の1種です。


出来る限りですが、毎朝、頂いています。


食事するうちに、便秘がましになってきました。とにかくひどかった、便秘が治って便秘薬を飲むことも終えました。



差し当たって ポッコリしていたお腹も、へこんできていて嬉しいです。乳酸菌が身体や腸のために良いというのは誰でもわかっています。ですが、乳酸菌は胃酸で弱るので、せっかく食べても胃で死滅して効果はあまり期待できないのではという予想の人もいます。でも実際のところ乳酸菌が生きていることが重要ではなく摂取するだけで腸内の免疫機能向上に貢献して、身体の健康づくりになってくれるのです。
夜中に高い熱が出て、40℃ほどまで上がって体調が悪化したので、翌日受受診しました。

結果、インフルエンザの検査が受けられますよと確認なさいました。
私も、残念ながら、インフルエンザだったら、それに効能のあるお薬を処方してもらえるので、チェックしたいと考えました。

乳児がインフルエンザになったら、殊の外大変なことになりかねません。まだ体力不足の赤ちゃんですから、インフルエンザがおこす高い熱に体が耐えうるのかが心配ですし、インフルエンザで亡くなることも想定できるでしょう。

インフルエンザが蔓延している時には、赤ちゃんを外の空気に触れさせない方が確実かもしれません。仮に便秘になっても、薬に頼れば簡単に、解決できると思いますが、薬に頼ってばかりなのはダメなので、、まず、最初に食事を見直してみてください。
例えば食物繊維が多く含まれた食品を摂取すると効果的で、不溶性水溶性、両方の食物繊維を一緒に摂るのが大事です。野菜やきのこ類、海草類を多めに食べましょう。



屁による臭いに悩んでいる方は乳酸菌が有効です。


屁の臭いの元は腸内の悪玉菌にあるとされているのです。というわけで、腸内の中の善玉菌を増やし、悪玉菌が増えるのを防ぐ役割をする、乳酸菌を摂ることで屁の臭いを抑えることができます。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Sou
読者になる
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nyw9eedkaa8dst/index1_0.rdf