不妊治療や妊娠初期に有効と言われる葉酸は細胞分裂を

December 03 [Sat], 2016, 12:36
不妊治療や妊娠初期に有効と言われる葉酸は、細胞分裂を助けて血液を作る作用があります。これは不妊体質の改善にも効果があり、子宮に受精卵が着床しやすくなり、妊娠確率(運がよければ、運が悪ければなんてよくいいますね)が上がることが期待できます。



それに、血液が増えると血行が良くなるだけでなく生殖機能が正常化して活発になり、不妊対策に良い結果を持たらすのです。
葉酸には妊婦にとって多くの効果が期待できますが、妊娠が発覚してから葉酸を摂取し始めたという方が多いのではないでしょうか。では、赤ちゃんを無事に出産した場合には葉酸の摂取を止めても問題ないのでしょうか。赤ちゃんの為に摂取をされているという方は、葉酸摂取の期間を出産までと限っても問題ないでしょう。ですが、葉酸は妊娠中の母胎をサポートしてくれるだけでなく、普段の生活においても不可欠な栄養素の一つで、人体のバランスを整えるといった働きをしています。


ですから葉酸の摂取を続けることで母体の健康を保つサポートをしてくれるという所以ですね。


胎児の先天性障害発症リスクを抑えるために、妊娠初期には葉酸はサプリを活用するのが一番良いですね。サプリによる補給はお手軽ですが、飲むタイミングによっては思わぬ副作用を発症することもありますから、注意が必要です。

葉酸サプリメントの効率的な摂取のためには、ごはんを食べてから30分以内に、サプリを飲むようにしてちょうだい。


ご飯で摂れる栄養素が、サプリによって補給された葉酸に作用することで、葉酸も効率よく働けるという所以です。一方で、空腹時に葉酸サプリを摂取してしまうと胃腸の不快感、食欲不振や吐き気の等の症状を発症することもあります。


ですから空腹時での摂取はおススメしません。



みなさんは「妊娠したら、まず葉酸」という言葉(時には武器にもなり、凶器にもなり、人を救うこともできるでしょう)をごぞんじですか?近年、胎児の成長に重大な働きを持たらす葉酸に注目が集まっています。厚生労働省が推奨するように、妊娠における葉酸は欠かすことの出来ない栄養素だと言われています。しかし、もしも、葉酸を適切に摂取しきれなかったとすると、胎児にどのような影響があると思いますか?葉酸の働きとは、細胞分裂を促すものです。赤ちゃんに葉酸が欠乏した結果、先天性の障害を発症する要因になると知られています。また、葉酸の摂取は、ダウン症予防にも効果があるので、是非、葉酸の摂取を心がけてちょうだい。
妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、摂取することで胎児の健やかな成長を促進して、先天性神経管異常といった障害を発症させにくくするという効果が判明しました。
そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生労働省が推奨しており、葉酸サプリや補助食品の充実も、葉酸の効果を裏付けているものだと言えますね。
また、こうした食品の中には特定保健用食品指定のものがあります。
こうした食品は私の周りでも、実際に妊婦さんが利用しているというケースがあるようです。葉酸は、妊娠に最も重要な栄養素であることで有名です。



しかし、妊娠において必要となる栄養素は、葉酸だけでは無いですよね。さらに、葉酸単体での体内利用率は低く、それ自体では効果が働きにくくなってしまうため、サプリによる葉酸摂取を考えている方は、ビタミンやミネラルといった、妊娠初期に欠乏しやすい栄養素を配合されているものを選ぶのが良いでしょう。目安としては、25種類ほどの栄養素を含有しているものを選べば不足しがちな栄養素を一度に補給できますよね。
こうしたサプリは妊娠しやすい体作りのためにも役立ちます。ですから妊活中の女性も早めの摂取を心がけてちょうだい。

少し前の話なのですが、友達と久しぶりに会った時にサプリについて、特に葉酸のサプリの話で盛り上がりました。


友達はベルタから出ているサプリが良いんじゃないかと考えているようでした。葉酸サプリは、妊娠中だけじゃなくて妊娠前から飲んだほうが効果が高いと以前教えてもらったことがあったので、妊活中の彼女に勧めておきました。妊活をがんばっている友達には、絶対幸せになってほしいと思うので、赤ちゃんを無事に出産してほしいとねがっています。


妊活中や妊娠初期の女性にとって、葉酸の働きは最も重要なものだと言われており、日本の行政機関である厚生労働省も適切な時期での十分な摂取を呼びかけています。それでは、摂れば摂るほど効果が高まるのでしょうか?葉酸は水溶性のため、余分な葉酸は尿や汗と一緒に体外に出ていくので、余分な葉酸が蓄積していく、という事はあまり無いようです。とはいえ、過剰摂取によって副作用(呼吸障害・発熱・かゆみ・吐き気など)を引き起こす可能性がある沿うです。


葉酸サプリは簡単に葉酸の摂取が出来る妊婦の心強い味方ですが、過剰摂取に注意して、規定量を必ず確認しましょう。妊娠を希望する人は、妊活中に十分に葉酸を摂取しましょうと、雑誌に書いてありました。葉酸は、赤ちゃんの障害を発症するリスクを下げてくれる大切な栄養素だ沿うです。


野菜にも含まれている栄養素なのですが、野菜をちゃんと食べれない場合は、葉酸のサプリを飲んでも良い方法だ沿うです。調べてみるといろいろな葉酸サプリが売られている事が分かりました。



安全性が高くて自分に合ったサプリを見つけて、げんきな赤ちゃんを授かれるよう、妊活をがんばっていきたいです。


皆様ごぞんじのように、妊娠初期の女性にとって、葉酸が大切な働きをすることを知っていますか。胎内の赤ちゃんがより健やかに成長するようにも、母体に負担にならない方法(葉酸サプリメントなど)で積極的に葉酸を摂取して、葉酸が不足しないように注意すると良いでしょう。



理想的な摂取量としては、厚生労働省の発表によると一日当たり0.4mgと発表されています。葉酸は野菜に多く含まれた成分ですが、ご飯だけで十分かというとあまり現実的ではありません。
ですから足りない部分はサプリで補うのが効果的な摂取方法だと言えます。



「葉酸」はビタミンの一種ですから、ビタミンを多く含んだ食べ物には「葉酸」も多く含まれています。果物に限った話では、イチゴが代表的ですね。

あまり店頭では見かけませんが、ライチにも多くの葉酸が含まれていると一般的に言われています。



その他の果物にも、葉酸が多く含有しているものがあります。

柿やアセロラ、キウイフルーツも該当しますし、葉酸はビタミンの一種ですから、オレンジやレモンにも豊富に含まれています。
十分な葉酸を簡単に摂取するためには、オレンジジュースを飲んで葉酸を補給するのもおススメです。野菜のなかにも、多くの葉酸が含まれているものは、高い栄養価で知られるモロヘイヤや、小松菜、菜の花などの青菜と呼ばれるものが該当します。


赤ちゃんを授かったあと、可能な限り早く、これらを摂取するようにしましょう。葉酸の適切な摂取は胎児の先天異常を発症させにくくすると知られています。

ですが、イロイロな問題で毎日野菜を食べるのが難しい、という場合には納豆とかホタテにも、多くの葉酸が含まれていますので、野菜の替りにそれらを食べることを勧めたいものです。不妊かなと思ったときには、まず、自分の基礎体温を知ることから対策しましょう。基礎体温表をつけていくとその変化で、体内のホルモンバランスの変化や状態が分かり、妊娠しやすい時期が分かるだけでなく、不妊の原因究明にも役立ちます。基礎体温表は5分もあればつけられますが、入院患者さんと同じで「起床時」に「毎日」計らなくてはいけないという決まりがあるので、その通りにしていくのが大切です。もし旅行などで飛ばしても、できる日から再開しましょう。大きくなってきたおなかを見ると、最近まで不妊治療に通っていたのが嘘のようです。妊活中のお友達たちと同様、結婚後3年を前に不安になったんです。タイミングがわかるよう基礎体温アプリを使ってみましたが、出来ない時は出来ないのだと感じました。


お友達知人が妊娠したという話を聞くたびに、このままだったらどうしようと落ち込みました。産婦人科の検査はドキドキしましたが、おかげで何が原因かも判明し、排卵誘発剤が有効というので試してから、沿う時間をおかず妊娠することができました。

病院に根拠のない抵抗感を持っていたのは間ちがいでした。もっと早く来たかったですね。
妊婦にとって必要不可欠な栄養素である葉酸は、サプリによって補給するのが、一番手軽で安心です。


では、実際に葉酸サプリを活用した場合、いつからいつまでが補給期間なのでしょうか。


一般的には「妊娠前から授乳期の終わり」までだと言われていますよね。
葉酸が最も不足しがちなのは、「妊娠初期の3ヶ月間」というのが有名です。しかし、母体の健康を維持するためにも必要な栄養素なので、妊活中の段階で、葉酸サプリを積極的に摂取し、赤ちゃんへの授乳が終わるまでをサプリによる葉酸の補給期間とすることが、最も適切だと考えられます。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:亮太
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる