乳腺症の痛みの症状 

February 12 [Thu], 2009, 16:30
乳腺症は乳腺に痛みがでるとされて、痛みの度合いは絶えられるちょっとした痛みから長期にわたり痛む場合もあり個人差があるとされています。
乳腺症の治療法としては、乳がんなども考慮して診察したのち乳腺の痛みを抑える鎮痛剤や男性ホルモンの働きをよくする薬などを2.3ヶ月感の間服用することで、痛みを軽減して少しずつ治していきます。

乳腺症の診断 

December 26 [Fri], 2008, 10:22
乳腺症の検査は乳がんとの疑いもあるので、基本的に乳がんの検査をします。乳がんの検査は主に触診、マンモグラフィー(乳房のレントゲン撮影)、超音波などで検査をします。確実な診断が難しければ、細胞を取って精密検査をします。がんでないことを確かめた上で、2、3カ月間様子を見て、症状が生理周期と同調した場合に乳腺症と診断されます。

乳腺症の気になる原因とは? 

December 18 [Thu], 2008, 22:57
乳腺症とは名前のとおり乳腺のいちにある乳房が炎症(痛み)をしていることをいいます。乳腺症になる原因としては乳腺は赤ちゃんへの授乳の際に乳を作る組織ですが、その役目をおえる3.40代から閉経までの時期に乳腺組織から脂肪組織へと変わっていく過程で生理周期時に乳が作られなくなることによって乳腺のいちにある乳房が乳がはる感覚で痛むことがあります。
乳腺症は病気ではなく体の変化をあらわしている現象とも言われています。