「乳酸菌発酵エキス」が「乳酸菌」よりもスゴイ理由とは?
2015.05.12 [Tue] 23:13


腸内環境を整えるためには
「乳酸菌」よりも「乳酸菌発酵エキス」がいいと聞きました。


これまで「乳酸菌」が
腸内環境を整えると言われていたので
とっても気になります。


なぜ「乳酸菌」よりも「乳酸菌発酵エキス」の方がいいのか?
「乳酸菌発酵エキス」のどこがスゴイのかを調べました。



腸内環境には、「善玉菌」、「悪玉菌」、「日和見菌」の
3種類の菌がいます。


なんと腸内環境の70%
「日和見菌」なのです。


残りの30%を「善玉菌」と「悪玉菌」によって
勢力を争っているのです。


「善玉菌」が20%で「悪玉菌」が10%になると
「日和見菌」は「善玉菌」に味方します。


このことを腸内環境が整うという状態です。


しかし、「悪玉菌」が20%
「善玉菌」が10%になってしまった時に
「日和見菌」は「悪玉菌」に見方してしまうのです。


つまり、この「悪玉菌」20%、「善玉菌」10%のことを
腸内環境が乱れている状態なのです。


こうなると体調はどんどんと悪くなってしまいます。


カラダが重くてダルかったり、
すぐに疲れてしまうようになるのです。


その他にも便秘や肌荒れ、口臭、眼精疲労など
様々な体調不良の原因となるのです。


これまでは腸内環境の整えるためには、
「善玉菌」を摂ることがいいとされてきました。


しかし、「善玉菌」は毎日摂らないと
カラダの常駐菌にならないのです。


「善玉菌」で有名な乳酸菌をヨーグルトで摂っても
毎日継続して摂らないとカラダの中に常駐できないのです。


たまに食べるぐらいなら、
そのまま体外に排出されるのです。


そこで「乳酸菌発酵エキス」の出番です。


「乳酸菌発酵エキス」は、乳酸菌が作り出すエキスです。
しかも、胃酸や熱による影響を全く受けません。


さらにカラダが直接吸収できるのです。


だから、乳酸菌のように体内に常駐できずに
体外に排出されることはないのです。


そして、一番重要なのは
「乳酸菌発酵エキス」を摂ることで
「悪玉菌」の数を減らすことができるのです。


乳酸菌よりも確実に「悪玉菌」を減らすことができるのです。


腸内環境を整えるなら
「乳酸菌発酵エキス」を摂るのがいいのです。


「乳酸菌発酵エキス」を簡単に摂るなら
『善玉元気』がおススメです。


スティックゼリータイプのサプリメントで
どこでも食べることができます。


美味しいので食後のデザートとしても食べられるのです。


体調不良の原因である
腸内環境の乱れを解消するなら
「乳酸菌発酵エキス」を摂ることだったのです。


『善玉元気』90日間の全額返金保証があるので
定期購入で安心してお得に試すことができました。


▼『善玉元気』の公式サイトはこちら▼