ことば 

2007年01月14日(日) 2時24分
「つらい」とか「悲しい」とか
どんなマイナスなことばでもいいから
君の口から聴きたかった
ただそれだけだったのに

なつかしいね
あれから何年もたつ
あたしには君しかいなくって
なんでもかんでも話してた
おしゃべりなあたしは
気づけばいつも
あなたにおしゃべり

いっつもうなづいて
笑顔で聴いてくれた君
でもなにか
いつもなにかつかめなくて
何も話してくれないあなたに
あたしは
ぽっかり穴があいた気分

あたしがことばをぶつける
君もことばをぶつける
それが憧れだったの
そうしたかったの

どれだけ長い時間がたっても
君の気持ちが聴けなくって
いろんなこと考えて

こんな結果出したくなかったんだけど
これしかないって
思ったんだ

何度も何度も
君との日々を思い出しては泣いたけど
前に進みたいから
あたしは決めたよ
別々道を

せのび 

2006年11月23日(木) 3時03分
つま先が痛くなるくらいの背伸びだった
子供扱いされるのが嫌でね、
あれが私の精一杯だった
軽く見られる私だけれど、
初めてだったんだよ
こんなの

二人だけの秘密だった

自分の不器用さを認めるしかなかった
子供扱いされたくなくてね、
あれが私の限界だった
人懐っこさが売りの私だけれど、
あなたと話すときは
上手にできなかった
一生懸命笑ってた

どうやって距離縮めていいかわかんなくって
いっつもあなたからの連絡を待つばっかりだった

お互い
うしろめたいもの
持ってた

それでも私は
あなたが欲しくって
痛みをこらえながら
やっぱり
背伸びをしちゃうんだ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nyudogumo
読者になる
2007年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる