初 freshdirect 

2006年10月19日(木) 7時58分
遅ればせながら、初めてfreshdirectを利用。NYでは、知らない人はいないぐらい最近では有名になった食品のデリバリーサービスだ。前から利用してみたいと思っていたのだが、ちょうど40ドル以上購入なら25ドル割引の手紙が届いたので、利用してみることにした。
もう、既に友人からはいい評判を聞いていたので、まったく躊躇することなくオーダーをしたのだが、40ドル分何を買おうかまず悩んでしまった。というのも、週末にたくさん食品を買い込んでしまったのだ。そして、クーポンの期限もあり、主人と話して、物持ちがよくて重たいもの、パスタ、缶のトマトなどを多めに買い込み、あとは友人から勧められた、リブアイというステーキ肉。ステーキは、特別好きな食べ物ではないが、とにかくおいしいとの評判に引かれ購入。配達の時間は、日にちと時間(2時間ごと)が選択でき便利。今回、確実に家に帰っている、夜8時〜10時にオーダー。しかし、10時近くになってもこない。やっぱり、ここはアメリカ時間なんか守れるはずはない。と思っていたら、10時に電話が入り「申し訳ないけど、10分遅れる」との連絡。アメリカではこんなサービス珍しいので、丁寧な対応にびっくり。実際には、10分以上遅れたけど、箱の中には丁寧に仕切りがされ、生鮮食品と乾物類は別の箱にきちんと収納されており、また日本のような対応に驚き。今、妊娠していて重たいものを買い物することができない私や、小さな子供がいる人には本当に素敵なサービス!これからも利用してみようと思う。

ところで、ステーキ肉はすごくおいしかった〜

freshdirest http://www.freshdirect.com/

車の免許 つづき… 

2006年10月14日(土) 7時38分
車の免許、ついに運転の練習。私は、8年ぐらい前に一度アメリカで運転したことがあるぐらいで、こちらの運転はほとんど初めて。でも、日本で免許は持っているので、運転すれば感覚は戻るかなぁという気持ちで、試験まで3時間練習することに。今日はその一時間目。きっとアメリカだったらどここでも同じだと思うが、NYの場合は初めての運転であろうと、いきなり普通の道路を運転。それも、先生が時間になると、車と共に家の前で待ってるのだ。私は、最初は助手席に座って説明でもしてくれるのかと思ったら、いきなり運転席へ。そして、エンジンをかけて、さぁ出発。運転し始めて、5分ぐらいして車を止めるように指示され、そこで初めて運転試験でのコツを伝授される。曲がるときは、曲る方向に寄って曲らないと、15点減点、車の速さが遅くても早すぎても減点など、まぁ、日本で運転していれば当たり前のことなんだけど。運転はそんなに大変なことでもなかったんだけど、先生が言っていることがいまいちわからない。JOSEという明らかにラテン系の名前のその先生は、アクセントがありすぎて癖に慣れるまで、ちょっと理解に苦しんだ。また、運転に関する用語がわからず、「GAS!」といわれたときは、ガソリンがどうかしたのかと思ってしまった…。アクセルを踏め!ってことだと二回目に言われて気づいたけど、運転しながら何を言いたいのか理解するのは、ちょっと疲れたかな。レッスン後、先生にあと2時間の練習時間で試験に合格できそうか聞いたら、大丈夫と太鼓判を押してもらったので、どうにか子供が生まれる前に免許が取れそうです。

Central Park Zoo 

2006年10月08日(日) 11時41分
Central Park内に併設された動物園に、私の大好きな白熊がいるというので行ってきたのですが、動物園自体が、自然に囲まれとても落ち着く雰囲気で、日本の動物園とだいぶ違う印象を受けました。


秋にもかかわらずお花が咲き乱れ、周りにはベンチがあり、座っているだけで癒される…


目的の白熊!おもちゃで遊んでます。水の中の様子と外の様子の両方を見ることができます。


ちょっとわかりづらいけど、ペンギンが泳いで私のほうに近寄って来ました。
こちらも陸と水中での様子がわかるようになっていて、かわいい姿が身近に見えます。

動物園自体はとても小さいけれども、自然に近いところに動物がいて、大人だけでも楽しめるし、子供が生まれたら何度も遊びに来たい!そんな場所です。

あまりにかわいかったので。 

2006年09月23日(土) 11時45分
犬用のアクセサリーショップで見かけた、看板猫。
あまりにきれいだったので、パチリ

Brooklyn Bridge 

2006年09月17日(日) 11時35分
天気がすごくよかったので、今までしたいなぁと思いつつやっていなかった
NYの観光の名所Brooklyn Bridgeを歩いて渡ってみました。
大体、誰でもそうだとおもうんだけど、NYに住んでいるといつでもいけるから…と思っていかないところってたくさんあるんですよね。例えば、自由の女神を見に行くとか、エンパイアステイビルの屋上へ上るとか。でも、なんで今回名所であるBrooklyn Bridgeを渡ったかというと、ただ妊娠中の私のおなかが大きくなりすぎて、歩いて渡れなくなるかもしれないと思ったから。子供ができたらできたで、また家から多少遠いところということもあって、行かないだろうし。
そもそもBrooklyn Bridgeが何で名所かというと、ブルックリン地区とマンハッタンを結ぶその橋は
ブルックリンからNYの高層ビル群がとてもきれいに見ることができ、橋も古くとても景観がすばらしいからなんです。
なので、よくドラマや映画の撮影でも使われます。結婚式の記念写真を撮る人も多く見受けられるぐらいです。


橋は、19世紀後半に作られたもので、人が歩いてわたることを考えて作られたもの。だから、歩行者および自転車の通路は、ウッドデッキ。そして、ところどころにベンチがあり、いつでも休憩できます。


橋は思ったよりも、短く30分ほどで渡りきりました。マンハッタン側に渡って少し歩くとそこはチャイナタウンです。観光で来る方は、ブルックリン側からマンハッタンの景色を楽しんだ後に、橋を渡って、チャイナタウンで飲茶を食べるのがお勧め。

Central Parkでオペラ 

2006年08月22日(火) 11時15分
NYの夏恒例のNY Metropolitan Operaのセントラルパーク公演(無料)が行われたので、今日の演目である「La Traviata (椿姫)」を聴きに行ってきました。
セントラルパークは、いわずと知れたマンハッタンの中央に位置する巨大な公園。その中央部には、芝生で覆われた場所があり、そこに特設舞台が設置されて、オーケストラとオペラ歌手が、演奏をするのだが、演奏の始まる前の観客たちの盛り上がりはすごい。まず、演奏が8時と遅いため、皆各々の手にレジャーシート、いす、料理、お酒を持ち込みピクニックが始まる。とにかく広くて、人が大勢いるので、友人等を見つけるのは至難の業であり、携帯だけ場所を説明するのはとても難しい。そこで目印に持ってくるのが、風船、旗。なかなか賢い。私もトイレから戻るときに、近くに揚がっていたオレンジの風船を目印に戻ったぐらい。



肝心のオペラですが、天気に恵まれ星空の下で寝転がって夫婦二人+おなかの赤ちゃんの三人で、一流の音楽を無料で楽しむことができて、なんて贅沢なんだろうと幸せなき分になりました。(赤ちゃんも幸せだったのか、気持ちよかったのか、キックしてました。)

Farmer's market 

2006年08月16日(水) 11時00分

夏といえばやっぱり、野菜!。その野菜が産地直送で新鮮でお手ごろ価格で手に入るのが、Farmer's Market。NYの広場でよく週末等に良く見かけるこの市場は、会社から5分ほど離れたところで、水曜日に開かれています。最近は、お昼の時間になると昼食をさっさとすませ、急ぎ足でその市場へ行きます。今はコーン、トマトがとにかくおいしい。コーンも日本で食べたものとは比べ物にならないほど、甘くておいしいんです。ここ三週間、水曜日はコーンの日になってしまいました。でも、季節限定だから、そのときに楽しんでおかないとね。秋になるとおいしいりんごが手に入るとのうわさ。水曜日のお昼は、Farmer's Marketへ行って夕飯をきめるのが、日課になりそう。

ささやかな幸せ 

2006年04月16日(日) 11時45分
NYの春は突然やって来て、ピンク、白、黄緑などの花が一挙に咲き乱れます。今日は家の近くの様子をご紹介です。



これは家のアパート敷地内の枝垂桜
木下に見える黄色、青い花は、水仙、ヒヤシンス。
こちらも満開
--------------------------------------------



近くのピンクのマグノリア(モクレン)が満開
--------------------------------------------



歩道を多いかぶせるかのように咲くの近所の枝垂桜。
この下を歩くのが気持ちいい!
--------------------------------------------



珍しい黒いリス。
一生懸命秋に隠しておいた木の実を掘り返してました。
--------------------------------------------

Cold Spring 

2006年04月15日(土) 11時35分
寒い春という意味で書いたんじゃないですよ。こちらは地名です。マンハッタンから東に広がるロングアイランドにある、コールドスプリングへドライビングへ行ってきました。小さな湖を中心に、かわいらしい家が軒をそろえ、とてもほっとさせてくれるような場所です。
今日は、その風景をご案内。





こちらは帰りの道すがら、あまりに見事に咲いた
白い梨の木と桜がきれいだったので。

花粉症 

2006年04月13日(木) 11時16分
最近、くしゃみと鼻水が止まらなくて、つらいと思っていたら花粉症。NYでも春は花粉症の季節なんです。朝のニュースを見ると今日の花粉情報なるものもちゃんと出てきます。
地域によって、植物や天候が違うので何の花粉が飛んでいるかということをウェブサイトで確認することも可能!ちなみに、今日は多い日で、メープル、杉、ポプラの花粉とのこと。こっちで、花粉症に悩まされるとは思わなかったけど、症状は日本にいるときより軽いので、もちろん、マスクなんかしてません。こっちでマスクなんてしている人はそういえばいないなぁ。きっとアメリカの人が、日本に花粉症の時期に行ったら、ウィルスでもはやっているんじゃないかと心配するかも。

花粉予報サイト
http://www.pollen.com/