尿酸値が気になるときの3つの改善ポイントとは? 

January 01 [Thu], 2015, 23:39
健康診断での結果って本人だけではなくて、
家族も気になりますよね。

特に、健康診断の結果で尿酸が基準値よりも
高かったときは、主に痛風を疑うことができます。



女性よりも男性に発症しやすく、その比率は9:1です。
50歳を超えた男性は特に注意が必要のようです。

ご主人本人もそうだと思いますが、家族にとっても
避けたい病気です。

では、健康診断で尿酸値が高いと診断されたときは、
どんなことに気をつければいいのでしょうか。

しっかり調べてみました。

@プリン体の多い食品は控える。

Aアルコールを制限する。

Bアルカリ性食品をとる。

以上のポイントが大切になってきます。

@プリン体の多い食品は控える。

以下にプリン体を多く含む食品を
まとめてみました。

あんこうきも・大 豆・干ししいたけ

干ししいたけ・まぐろ・鶏肉ささみ

いさきの白子・あさり・豚レバー

なまだこ・まあじ干物・ひらめ

かつお・たらこ・まいわし・車エビ・納豆

プリン体を気にしすぎて食事が偏ったりすると
別のカラダの問題が発生してしまいます。

そのため、偏らない食事に気を付け野菜を多めの
とることに心がけたいところです。

また、水分を多め(1日2リットル目安)に
取りようにしましょう。

Aアルコールを制限する。

アルコールは尿酸の排泄を抑制し、尿酸値を上昇させるようです。

お酒をいきなり「禁酒」と言われると、
ストレスになり逆効果になります。

そのため、日本酒なら1合、ワインならグラス1杯、
ウイスキーならダブル1杯程度にしましょう。

ビールはプリン体を多く含むので、できるだけ避けたほうが
いいようです。


Bアルカリ性食品をとる。
食事によって尿のpHは、かなり変化するといわれています。
海藻、野菜などのアルカリ性食品をたっぷりとるように
心がけたいですね。

アルカリ性ミネラルの多い食品は昆布、インゲン、しいたけ、
ほうれん草、大豆、バナナ、里芋などです

肉類の摂取を少なくし野菜を多く食べることで、
尿のpHをできるだけアルカリ性(pH7.4)にすることが
できます。

このように、アルコールだけでが尿酸値の上昇の要因になって
いたわけではない
ことがわかりました。

日々の食事がいかに重要であるかが、私自身も
調べていて感じたところです。

そこで、毎日の食事とともにプラスαでサプリメントを
利用してみるのもいいかもしれませんね。

食事だけでは難しい栄養成分を補うことができると思います。

1日3粒だけ飲むだけで、どなたでも手軽に始められる
サプリメントがあります。

それが、「恵葉プレミアム」です。

この「恵葉プレミアム」は、痛風に効果を発揮するアンセリンや、
抗炎症作用を持つキャッツクローなど希少な成分を配合しています。

そのため、健康診断の結果尿酸値の値が高いと診断された方や、
痛風の予防・改善、プリン体が気になる方に多く愛用されている
サプリメントなのです。

サプリメントを上手に利用し、家族みんなの笑顔で
食卓を囲みたいですね。

詳しい「恵葉プレミアム」の情報は、こちらをご覧下さい。


          ↓   ↓   ↓