ビールを飲んでないのに尿酸値が下がらない理由とは? 

September 06 [Sun], 2015, 16:24
「ビールを飲むのをやめたのに尿酸値が下がらないんだけど…!?」

と、あなたは悩んでいませんか?



ビールにはプリン体が含まれていますし、
アルコールは尿酸値が高くなる原因になります。

それで尿酸値が高いと、医者から
「ビールを控えてください!」
と言われると思います。

それでビールを飲むのをやめたのにもかかわらず、
全然尿酸値が下がらない、ということはありませんか?


「尿酸値が下がらないと、痛風でつらい思いをする!」

医者からそう言われてビールをやめたのにも関わらず
全然数値が下がらないと、
「なんで?」と悩んでしまいますよね。


■ビールをやめても尿酸値が下がらない理由とは?


尿酸値が高くなる原因は、残念ながらビールだけではありません。

それ以外にもたくさんあるんです。


まず、乳酸値が高くなる原因は、
尿酸がたくさん作られてしまうから
ですね。

プリン体の摂りすぎやアルコールは
尿酸がたくさん作られる原因になることは
知っている人も多いのではないでしょうか?

それで、プリン体が含まれているものは、
ビール以外にもたくさんあるんです。

特に魚や肉類にたくさん含まれています。

ですから、魚や肉類を控えないと尿酸値は下がらないことがあります。


また、アルコールはビール以外のプリン体が少ないものでも、
尿酸がたくさん作られますよね。


それ以外にもストレスや激しい運動をしても、
尿酸はたくさん作られます。


また、尿酸が作られる量が少なくても排出できないと、
尿酸値は高くなります


尿酸は尿と一緒に体外に排出されますが
腎臓がうまく機能していないと排出することができなくなります。

尿酸が排出されない原因として、
アルコールや肥満がよく指摘されています。


ちなみに、尿酸値が高い人に肥満が多い、と言われています。

肥満さえ解消すれば尿酸値が下がるのではないか、
という考えがあるほどですよ。


■尿酸値を下げるには?


今まで見てきたように、尿酸値を下げるには
ビールをやめるだけでは不充分です。

栄養バランスのとれた食事をし、ストレスを発散し、
適度な運動をして充分な睡眠ことが、
尿酸値を下げるのに非常に大切になります。



ちなみに、運動をすると尿酸値が高くなりますが、
きちんと休んで疲れを取れば、
尿酸値はすぐに正常値に戻ります。

ですから、次の日に疲れを持ち越すような
激しい運動はよくありませんが、
適度な運動をすれば尿酸値を下げるのに効果的です。


ただ、これだけのことをするのはかなり難しいですよね。

仕事で忙しかったりすると運動をする時間がなかったり、
あるいは外食が多いとどうしても魚や肉が多くなったり
するのではないでしょうか?


そこで、サプリで尿酸値を下げる成分を補うといいですよ。


「PN-0(ピーエヌゼロ)」は、
プリン体を排出するのを促すアンセリンをはじめ、
尿酸値を下げるのに効果的な成分が豊富に含まれています。


尿酸値を下げて痛風になる不安から解放されたい
そう思っているあなたに「PN-0」はおすすめです。


詳しい情報は下のリンクをクリックすると確認できます。
PN-0(ピーエヌゼロ)30日間返金保証付き































.