お酒飲んでないのに尿酸値が高くなる原因と下げるアレとは?

September 06 [Tue], 2016, 17:48

「お酒は全然飲まないのに
 健康診断で尿酸値が高いと出たんだけど…!?」


と、あなたは悩んでいませんか?



健康診断で尿酸値が高いと出ると、ショックですよね。

このままだと痛風でかなりツラい思いをしないといけない、
なんて考えるだけでもゾッとしてしまいますよね。

痛風は激痛が走ってかなりツラいですからね。


それで、痛風の大きな原因はビールと言われていますよね。

また、ビールに限らずアルコールは全般的に
尿酸値が高くなる原因になる、と言われていますよね。


しかし、お酒を全然飲まないのに尿酸値が高い、
と悩む人は多いですよね。

お酒を飲まないのに尿酸値が高いと、
何をしたらいいのかわからず悩んでしまいますよね。


「お酒を飲まないのに高い尿酸値をなんとかしたい!」
と、あなたは思いませんか?


■お酒(ビールなど)を飲まなくても尿酸値が高くなる原因


尿酸値が高くなる原因はプリン体ですね。

それで、ビールはプリン体がたくさん含まれているので、
尿酸値が高くなる大きな原因になる、
と言われていますよね。


プリン体が増えると体外に排出するために尿酸に分解されます。

それで、プリン体を摂りすぎると、
尿酸に分解する量が増えるので尿酸値が高くなる、
ということになるわけです。


また、アルコールそのものが尿酸値を高くする作用がある
とも言われていて、
お酒が尿酸値が高くなる原因とされているのです。


しかし、尿酸値が高くなる原因となるものは
アルコールだけではありません。


プリン体はビール以外にも、肉類などにも含まれています。

また、プリン体は体内で脂質や糖質を
エネルギーに変えたときなどに作られます。

それで、肥満だったり食べ過ぎていたりすると、
プリン体がたくさん作られるので尿酸値が高くなる、
ということにもなります。


また、野菜や果物が不足して各種ビタミンやミネラルが不足すると、
尿酸が増えるということも明らかになっています。


そして、野菜は尿をアルカリ性にし肉類は尿を酸性にしますが、
野菜不足だと尿が酸性になりがちです。

それで、尿が酸性だと尿酸が尿に溶ける量が少なくなり、
排出できる量が減るので尿酸値が高くなる、
とされているんです。


今までいろいろと紹介してきましたが、

簡単に言えば食生活が乱れて野菜不足になれば、
お酒を飲んでいなくても尿酸値が高くなる、

ということになりますね。


■お酒を飲まなくても高い尿酸値を下げるには?


尿酸値を下げるには、食生活を改善して、
野菜類を増やし肉類を減らす必要があります。


野菜不足を解消すれば尿酸値は下がります。

そして、肥満も解消できますので
そのことも尿酸値を下げる要因になりますよね。


とはいっても、食生活を改善するのは難しいと思いませんか?

実際のところ、野菜不足を解消するのは
相当頑張らないと無理でしょう。


そこで、尿酸値を下げる作用のある栄養素を
サプリで補うことをおススメします。


最近注目されているミドリムシ(ユーグレナ)には、
尿酸値を下げる働きのある栄養素がたくさん含まれています。

クロロフィルは尿をアルカリ性にする作用がありますので、
尿酸値を下げる効果が期待できます。

また、各種ビタミン、ミネラルが豊富なので、
尿酸を減らす効果を期待できます。


さらに、ミドリムシには食べ物の余分な脂質を
便と一緒に排出する働きがあります。

ですから、肥満解消のサポートにもなりますよね。


それで、ミドリムシのサプリはいくつかありますが、
その中で「ミドリムシゴールド」は、
今最も注目されているミドリムシサプリなんです。

ミドリムシとその働きをサポートする成分も配合されているので、
より高いミドリムシの作用を期待できるんですよ。


多くの人が尿酸値改善をしているミドリムシ
その中でも最も注目されいる「ミドリムシゴールド」は
おススメです。


詳しい情報は下のリンクをクリックすると確認できます。

「ミドリムシゴールド」詳しくはこちら






























.