無駄のーない、言ってる時点でもう無駄だ

January 29 [Tue], 2013, 21:02

どうもこんばんは。私です。


前回の日記いつでしたっけ?
いやね前紹介した本。
世界から猫が消えたなら
一日で読み終わっちゃったんですよ。

そんな本知らんーとか
まだ読んでないーとか
いろんな人いると思うので
ネタバレは避けたいと思うのですが、
むしろこのブログ読んでる人
いないだろうからネタバレしても
さして問題はないと思うんですが。


たまらなく胸にジーンときました。
学校で読んでたんですが
思わず涙が出てしまいました。

人それぞれ大事なものは
違うと思うんですが、
もし自分の一番大切なもの
一番大好きなものが世界から
無くなってしまったらと思うと
なんとも言えない気持ちになります。

まだそんな経験がなくて
どんな気持ちかなんて私には
わからないですが、
なんとゆうか大事なものは
なくなってから気づくとよく聞く言葉。
きっとまさにその通りなんだろうな
って思っちゃいました。


主人公のお母さんの話のところで
いちばん泣いてしまいました。

私事ではあるんですが、
私今母と喧嘩してるんですね。
ただ単に私が一方的に
腹を立ててるんですが。
なんてゆうか今でもまったく
母を許せてない自分がいるんですが、
だからこそ今現在母と一切連絡を取ってないんですが。
メールも無視している始末。

でもなんだかんだと言って
女手一つで育ててくれたのには
変わりがないのは事実で。


認めたくはないですが
感謝はしていて。

高校にもちゃんと通わせてくれて、
今専門学校に通っていて一人暮らしなんですが
学費とか全部私の奨学金で払っているんですが
入学するまでのお金とか、一人暮らしできるまでの
契約、といっても未成年なので当たり前なのかもしれないですが、
最初にかかるお金、引っ越しの手伝い、
休みに帰る足、戻ってくる足、
ちゃんとご飯食べるようにって
おかずになるものでもなんでも持たせてくれたり、
私が一方的にぶつけてる気持ちだって
今までしてもらえなかった分、ちゃんと受け止めてくれて
私が全部無視しても時々メール送ってくれて。

私がつらかったことを全部
ぶつけたからってこともあるのかもしれないけど
それでも気にかけてくれるようになって、

なのに私は未だに無視して。
直接会って言えないくせに、
生意気にメールで一方的に
きつい言葉送って。


なんも考えてなかった自分の言葉に
今さら後悔して。

まさに後悔先に立たず。


まるでこの本の主人公です。

むしろ主人公のほうがまだ
まともな人間な気がします。




ガキ過ぎる自分に嫌気がさしてしまいました。






なんてゆうか本当に大事なことに
気付かされた気がします。


とゆうことで久しぶりに
親に電話してみようかな
って思ってます。

まだ勇気がないので
いつになるかわかりませんが。



なんて真面目なことを書いてみました。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さや
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:8月30日
  • アイコン画像 現住所:北海道
  • アイコン画像 職業:短大生・専門学校生
読者になる
ジブリ/テニプリ/ムーミン/ネコ/プリキュア/アオエク/ヘタリア/君と僕。/ワンピース/カコカワ宣言/テガミバチ/CCさくら/etc

めっちゃにわかな感じに
ボカロも好き
あと、レン君が好き

とりあえずムーミンが好き



それと、レン君が好き
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nyooooooo/index1_0.rdf