ず新品のうちにきちんと保護しておくことが大切です

January 22 [Sat], 2011, 14:42
UGG 革製品に共通していえる事ですが、内側・外側共にマメなブラッシングが効果的です。また、乾燥させない為に市販のミンクオイルも効果的ですが、シープスキンブーツの場合、 UGG ブーツ 固形のミンクオイルは慣れていないと均等に塗る事が難しく、シミになりやすいので、スプレー式をお勧め致します。 水分についてUGGは通気性がいいのでムレることはあまりありませんが、やはり脱いだ後は風通しのいい場所で、少なくとも数時間陰干しをするようにしてください。それだけで雑菌の繁殖を抑えることができます。


天然のシープスキンは水に強い素材ですので、UGGは基本的に雨天でも使用できます。 UGG クラシック トールただ雨の日ははねた泥が付着しやすく、汚い水はシミの原因にもなりますので、汚れを避ける意味で雨の日はなるべく履かない方が賢明でしょう。 本物の羊毛は焼くと灰になります新しいUGGは縫い目部分のボアを触ると羊毛が少し抜けてきます(これは欠陥ではなく、履き始めに必ず起こる現象です)。UGGブーツ 通販これを火で焼いてみてください。本物は一瞬で塊になったあと、それを押して崩すと粉々の灰になります。しかしフェイク品のものは溶けるように燃えて灰にはなりません。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nyo9e2nioo8
読者になる
2011年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nyo9e2nioo8/index1_0.rdf