猫草のある生活

February 17 [Sun], 2008, 2:25
私が飼っている猫のエサ置場に、猫草が置いてあるのを発見した。ここ数日猫草が猫エサ置場に置かれることはなかったのだが、見事期待に応えて猫草復活だ。猫草とはその名のとおり、猫が食べる草のことである。なぜ猫が草なんか食べるのかというと、猫は体を舐めるときに毛玉を飲み込んでしまうことがあるのだが、猫草はそんなイヤな毛玉を吐かせやすくしてくれるのだ。人間が毛玉を食べたときにも吐かせやすくしてくれるのか気になるところだが、とにかく最近の猫愛用家の間で人気が高いグッズ、それが猫草なのである。
しかし猫草は植物であり、家庭で簡単に育てるようなものでもないので、枯れたらまた買い直さなければならない。猫が「猫草買ってニャ〜」というような目で私を見るが、猫草を買う係はひーばーちゃんがやっているので、いつもひーばーちゃんに任せている。しかしひーばーちゃんは最近、医者巡りを楽しんでいる割には猫草を買ってくる頻度が少なく(財政難か物忘れかのどちらかだろう)、猫はそのストレスを発散するために私を遊び道具にしている。試験前なのに困る。
しかし猫草に限らず、部屋に緑があるというのはいいことである。何か寂しかった部屋の中が明るく見えたり、光合成なんかをしちゃってリフレッシュ効果にもいい。家に木が一本生えてなくても、サンセベリアとかその辺のものでも十分大丈夫だ。もし家に植物がない場合は、家のパソコンで私のブログをつけっぱなしにしておけばいいだけの話である。だが、地球のことを考えた場合は、やっぱり家の中にジャングルを作るか、街をジャングル化するしかない。
で、話を戻そう、私は猫がそんなに猫草を好いているならきっと猫草はとんでもない美味なんだろうなと思い、猫草を食べてみる決心をした。いつかに亀のエサを食べてひどい目に遭ったが、今回は草だ。大丈夫だろう。
私は猫のエサ置場から猫草を一本摘み取り、匂いを嗅いでみた。少し草っぽい匂いがするが、そんなに変な匂いではない。私は猫が見ている前で、猫草を口の中に入れてみた。その瞬間、草の汁だろうか、青臭さが口の中に広がり、食べない後悔より遥かに大きいと思われる「食べた後悔」が体を駆け巡った。激しく咳込んだ私を見て、猫は私を見下すようにあくびをしていた。

猫の味覚は一体どうなっているのか。興味深いところではある。勇気がある人は試してごらん。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nymefr1662
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像タイラノ清盛
» 入学式に便乗して。。。 (2008年10月18日)
アイコン画像真那斗
» 入学式に便乗して。。。 (2008年10月18日)
アイコン画像猫男爵
» 入学式に便乗して。。。 (2008年10月13日)
アイコン画像めーたん
» 入学式に便乗して。。。 (2008年10月11日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 入学式に便乗して。。。 (2008年10月07日)
アイコン画像きりひと
» 入学式に便乗して。。。 (2008年10月02日)
アイコン画像りぃこ
» 入学式に便乗して。。。 (2008年10月01日)
アイコン画像ゆりり
» 入学式に便乗して。。。 (2008年09月26日)
アイコン画像ikumi
» 入学式に便乗して。。。 (2008年09月21日)
Yapme!一覧
読者になる